ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
日刊スポーツのサイトに今年の競馬ベストレースが取り上げられていました。
やっぱり、予想通りと言うか自分でも納得してしまう、秋の天皇賞がベスト1に選出。
 
まあ、個人的には今年の凱旋門賞ですねえ。
今後現れるかどうかわからないくらいの名牝(ザルカヴァ)が無敗で制覇したレース。
それを目の前で見ることができた、忘れられない名レースでした。
 
第一位 天皇賞(秋)
第二位 有馬記念
第三位 ジャパンカップ・ダート
 
     *****
「2センチ差の激戦」に競馬ファンは酔いしれた。
日刊スポーツ新聞社制定「第7回中央競馬年間ベストレース」に、ウオッカとダイワスカーレットの牝馬2頭が死闘を演じた天皇賞(秋)が選ばれた。 得票ポイント「3297」は過去最高。 2位の有馬記念を3000ポイント近く引き離した。 歴史に残る一戦は、ベストレース史上でもぶっちぎりの独走だった。
 
今、VTRを見直してもなお、1着と2着が判然としない。 ウオッカVSダイワスカーレット。 現役最強牝馬2頭が見せた強く、美しき戦い。 いや、スカーレットが圧倒的強さで有馬記念を制した事実を思えば、もはや「牝馬」のただし書きは不要かもしれない。
 
ウオッカがわずか2センチ差で凱歌を上げた。 2センチ-。 携帯電話の厚さ並みでしかない差。 138回を数える伝統の天皇賞はもちろん、過去、幾多のG1を振り返ってもこれほどの微差はそうそうお目にかかれるものではない。 写真判定は15分を要した。 通常は1枚で判定するところを、3枚の写真を使った。 12万1961人の観衆は、かたずをのんで、電光掲示板を見守っていた。 勝者と敗者が別れた瞬間こそ、ため息と嘆声、歓声が入り混じった。 が、時間がたつに従って、人々は「良きもの」を目の当たりに出来た幸福に酔っていた。 このレースを見たこと、それはその人の競馬観戦歴にとって何よりの宝物になる。 今回集めた「3297」のポイント数が、それを雄弁に物語っている。
 
天皇賞(秋)のもう一方の主役ダイワスカーレットが、牝馬として37年ぶりの優勝を遂げた有馬記念が有力な対抗と目されていた。 歴戦の牡馬を向こうに回し、まさに横綱相撲で一蹴したレース。 スカーレットファンとしてはこちらを選ぶのではないか、との観測もあった。 が、「ベストレース」とは、ひいきの馬の勝ち負けだけが評価の基準ではない。 見る者に感動を与えること。 今回の結果をみると、それがはっきりと分かる。
 
ポイントはぐんと下がるとはいえ、3位に入ったジャパンCダートの「健闘」が光る。 初めてジャパンCと分割開催となり、競馬場も阪神に替わった。 これも事前は、スクリーンヒーローが勝ったジャパンCの方が上、の見方が主だった。 が、ルメールの好騎乗に導かれたカネヒキリが、難病屈腱炎を克服、2年4か月の休養を経て復活したドラマがファンの心をとらえた。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
有馬記念が終わっても、東京ではビッグレースが続いていたんですね。
大井競馬で昨日は東京大賞典、今日は東京シンデレラマイルですか。
来年あたり、年末は東京で過ごしたいなあと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クツを投げつけられるなど、散々な目に遭っているブッシュ大統領ですが、来年の退任をうれしいと受け止めている国民が75%もいるようです。
まあ、当然でしょうが、ここまで人気の両極端を取った大統領も珍しいです。
 
     *****
CNN
来年1月20日に任期が切れるブッシュ大統領の評価で、米国民の75%が退任を「うれしい」と受け止めていることが最新世論調査結果で26日分かった。 惜しいとするのは23%だった。
 
調査はCNNとオピニオン・リサーチ社が共同実施した。 クリントン前大統領が2001年1月に退任した時、「寂しくない」と応じていたのは51%で、逆の回答は45%だった。 イラク軍事作戦や米国発の金融危機などで任期終盤に支持率が凋落したブッシュ氏辞任を喜ぶ比率が際立って高いことを見せ付けている。
 
今回の調査で、ブッシュ氏を「史上最悪の大統領」としたのは28%、40%がひどかったとし、良い大統領だったとしたのは31%だった。 ブッシュ氏は2000年の大統領選で、国家の団結を目指すと広言していたが、82%がこの公約は実現出来なかったと回答。 実現したとするのは17%だった。 CNNの世論調査担当者は「クリントン前大統領時代に米国の世論は分裂していたが、ブッシュ氏になってますます分裂した格好となった」と総括している。
 
ブッシュ氏の辞任後の去就については、33%が公的活動に携わって欲しいと要望。 この比率は、クリントン前大統領より22ポイント低かった。
 
現時点でのブッシュ氏の支持率は27%、不支持率は72%だった。 支持率は歴代大統領の中で最低水準ともなった。
 
今回調査は12月19─21日、成人1013人を対象に電話で実施した。 回答の誤差率は、プラス、マイナスで3ポイントとなっている。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。