ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
ゴッホは生前貧しくて、節約のため描いた作品を塗りつぶして別の作品を描いたそうです。
で、その新作を出すためには、今ある作品を消さないといけないのかもしれませんね。
 
     *****
アムステルダム(AP)
オランダとベルギーの科学者が新技術を駆使して、19世紀の巨匠ファン・ゴッホの絵画に隠されていた別の作品を再現することに成功、30日に学術誌に発表した。
 
新技術を開発したのはオランダのデルフト工科大学とベルギーのアントワープ大学の研究者。 当時の顔料に関する知識とX線技術を組み合わせた手法で、ゴッホが1887年にパリで描いた作品「Patch of Grass」(オランダのクレラー・ミュラー美術館所蔵)を調べた。
 
その結果、草原を描いた作品の下に、女性の肖像画が隠されていたことが判明。 この肖像画の精細なイメージをカラーで再現することに成功した。  これまでにもX線を使って隠された絵画を調べる技術はあったが、ぼんやりした白黒画像しか再現できていなかった。
 
専門家によると、肖像画の女性は,1885年の名画「ジャガイモを食べる人々」に連なる作品で描かれている人物と同じモデルと見られる。 ゴッホは1884年11月から85年3月の間にオランダでこの肖像画を描き、そのカンバスをパリに住む弟のもとに送って、後に自分もパリに移って「Patch of Grass」の作品を上書きしたという説が有力だ。
 
ゴッホは1890年に死去するまで貧しい生活を強いられ、節約のため一度描いた作品を塗りつぶして別の作品を書き直すことも多かった。 現存する作品の約3分の1は別の作品が下に隠されているとされる。
 
研究チームはドイツにある粒子加速器を使って隠された画像の金属原子の二次元分布図を作成。 赤い顔料には水銀原子が、黄色の顔料にはアンチモン原子が含まれることが分かっているため、この分布図をもとに隠された画像をカラーで再現できたという。
 
研究チームはレンブラントやピカソなどの作品もこの手法で調べたい意向だが、粒子加速器が世界に数台しか存在せず、オランダにはないことから当面は難しい見通しだ。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
映画の出演料が映画俳優のランクと言われています。
確かに、出演料の高さがその俳優の価値と比例するからですよね。
 
でもですよ、出演料に対して映画の売上げ金額の割合こそが、本当の価値なのかもしれません。
そんなランキングの話です。
 
     *****
ニューヨーク
出演料に対して映画の売上高が多い、制作側にとって「お得な」俳優は、「ドッジボール」や「BeCool/ビー・クールなどに出演したヴィンス・ヴォーンだと、米経済誌フォーブスが算出し、最新号に掲載した。
 
フォーブスは、各俳優が2007年までに出演し、少なくとも1000劇場以上で公開された最新3作について、全世界の売上高やDVDの売上高などと出演料を調査。
 
その結果、ヴィンス・ヴォーンは出演料1ドルあたり、「払戻額」が14.73ドルでトップで、一番「お得」だった。 出演作「Wedding Crashersや「The Break-up」が、それぞれ全世界で2億8500万ドルと2億500万ドルを売り上げるなど好調だったという。
 
続いて払戻額が高かったのは、「スパイダーマン」シリーズで主演したトビー・マグワイアで、出演料1ドルあたり13.44ドルだった。 3位はジュリア・ロバーツの13.19ドル。
「オーシャンズ13」と「バベル」、「Mr.&Mrs. スミス」のブラッド・ピットが12.73ドルの4位。 以下、5位ナオミ・ワッツ(12.16ドル)、6位マット・デイモン(12.16ドル)、7位ジョージー・クルーニー(11.56ドル)だった。
 
一方、8000万ドルと最も多い出演料を稼いだウィル・スミスは、出演料1ドルあたり5.64ドルで21位と、予算をかけた割には回収額が少ない俳優となった。
女優として出演料の高いニコール・キッドマンは、1.01ドルと35位の最下位。 キッドマンの元夫トム・クルーズは3.99ドルで33位だった。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝鮮日報のサイトで、なかなか興味深いコラムがありました。
つい先日、狂牛病騒動でもめた韓国ですが、その影響が子供たちに出てきているそうですよ。
やっぱり、騒ぎすぎの影響なんでしょうか?
 
     *****
延世大附属セブランス病院小児精神科のシン・ウィジン教授が診察している子どもたちに最近、新たな症状が現れている。
 
神経が弱く、不安障害を抱えていた子どもたちが、狂牛病(牛海綿状脳症〈BSE〉)に関するビデオ画像を見たり、米国産牛肉に関するうわさを聞いたことで、牛肉に対する嫌悪感を抱くようになっているというのだ。 ある子どもは、牛肉を見ただけでも怖気付き、牛肉を扱う飲食店には近寄ろうとすらしないという。 またある子どもは、不安障害がひどくなり、夜も眠れなくなったという。 シン教授は「診察に訪れる子どもたちの多くが、狂牛病に対する不安感がもとで、強迫性障害を引き起こしている。 無修正のまま流される狂牛病のビデオ画像のむごたらしい場面は、正常な子どもたちにもショックを与えたのだろう」と話している。
 
キャンドル集会が下火になり、時間が経つにつれて、大人たちは狂牛病に対する不安がある程度解消されつつある。 だが、子どもたちにとって狂牛病の恐怖は依然として現在進行形だ。 MBCテレビの報道番組『PD手帳』で流されたへたり牛(自力で歩けずへたり込んだ牛)の映像は純粋な子どもたちの脳裏に刻まれ、3カ月近くもの間、脳裏から消えることなく子どもたちを苦しめ続けている。
 
ソウル市江南区のY中学校1年のAさんは、精神科で治療を受けたことがなかったにもかかわらず、強迫性障害を引き起こし、牛肉に対する強い拒否感を覚えている。 学校では「給食にはオーストラリア産、ニュージーランド産の牛肉だけを使っている」という内容の学校通信を保護者あてに送ったが、Aさんはそれを信じようとはしない。 「給食に米国産牛肉が混じっているかもしれない」と不安になり、給食を食べるのを拒否し、弁当を持参し登校している。 牛肉の入ったメニューを食べているクラスメートには「頭がおかしくなったの? 狂牛病になって死のうとしてるの?」と話しかけ、家に帰れば両親に「外国へ移住しよう」と懇願しているという。
 
小学生や中学校低学年の子どもたちに「米国産牛肉を食べようと思うか」と尋ねたところ、多くの子どもたちは怖気付いた表情で「脳に穴が開いて死ぬんでしょう」と答えた。 米国産牛肉を「狂牛病のかたまり」だと信じ、拒否する子どもたちはまだ少ない方だ。 米国産であれ韓国産であれ、すべての牛肉を使った食べ物を恐れるという、ノイローゼ状態になった子どもたちの方が多いのだ。
 
子どもたちは純粋であり感性的だ。 科学であれ統計であれ、国際基準であれ、子どもたちに説明したところで、難しくて訳の分からない話にしか聞こえない。
 
 
キャンドル集会を主導する人たちが叫ぶ「MB OUT(李明博〈イ・ミョンバク〉大統領は退陣せよ)」「再交渉」「国民主権」といった言葉も、子どもたちにはどういう意味なのかよく分からない。 学校から帰ってきてテレビの前に座れば、狂牛病関連のビデオ画像という「視覚的なテロ」に遭遇し、学校に行けば先生から見せられた狂牛病関連のビデオ画像に衝撃を受け、さらにインターネットや友だちとの話の中で狂牛病に関する不気味なうわさを耳にし、それらの積み重なりによって心を病むことになるのだ。
 
そして子どもたちは、英語も分からないまま、「狂牛病のとりこ」になっていく。
 
「テロ」に遭遇した子どもたちの中には、今も狂牛病関連のビデオ画像の内容が嘘だったことを知らない子どもたちも多い。 「牛肉」と聞いただけでも、子どもたちの脳裏には自力で歩けず座り込んだ牛を処分するビデオ画像が鮮明に蘇るのだ。
 
左派や一部のテレビ局が2カ月以上にわたってキャンドル集会を扇動し、韓国中を騒動の渦に巻き込んだ。 だが、狂牛病騒動が過ぎ去った後、韓国の将来を担う子どもたちが心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しめられる結果を生んだ。 『PD手帳』やキャンドル集会を扇動した勢力、そして一部の教師たちは今からでも、どうしたら子どもたちの心の傷を癒やすことができるのかを考えていかねばならない。 それだけでも、子どもたちに対して罪を償う最低限の道理を実践することになるのではないか。
 
経済部=尹泳信(ユン・ヨンシン)次長待遇
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。