ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

やっぱり、ウォッカは凱旋門賞に挑戦しますよ。
正直なところ、勝つのは難しいと思います。 でも、3歳馬の挑戦、それも牝馬の挑戦と言うあたりが、今後の日本の競馬の指針になるような気がしますね。

 

って、やっぱり、今年もロンシャンに日本人観客が終結してしまうのでしょうか?
あんまり感心しないんですが...

 

     *****
牝馬として64年ぶりにダービーを制したウオッカ(牝3、栗東・角居)が凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月7日=ロンシャン)に出走する。 30日、谷水雄三オーナー(67)が角居勝彦師(43)と話し合い、正式に決定した。 日本からの3歳馬、牝馬の挑戦は初。 現地でステップレースを使って本番へ向かう予定。 史上最強といわれるディープインパクトでもかなえられなかった夢を、歴史的な名牝が引き継ぎ実現を目指す。

 

世界最高峰の一戦に出走した日本馬は過去に7頭いるが、牝馬の挑戦が初なら3歳馬も初。 この時期の遠征を決めた理由を、谷水オーナーは「勝ち負けをするためには3歳のうち。 重量が全然違う」と説明する。

 

ディープインパクトを打ち破った昨年のレイルリンクなど、凱旋門賞の過去10年の勝ち馬のうち8頭が3歳馬。 理由は負担重量にある。 古馬牡馬の59・5キロに対し、3歳牡馬は56キロ。 この差が好走の要因となってきた。 3歳牝馬は、さらに1・5キロ軽い54・5キロ。 古馬牡馬より5キロも軽い。 ウオッカにとっては、かなり有利な設定だ。

 

具体的な遠征計画はこれから立てられるが、9月16日にロンシャン競馬場で行われる3歳限定戦のニエユ賞(G2、芝2400メートル)か、牝馬限定のヴェルメイユ賞(G1、芝2400メートル)をステップに本番へ向かう可能性が高い。 現時点では54キロで出走できる後者が有力だが、谷水オーナーは「最終的には相手関係や重量を見極め、どちらかのレースを使う」と慎重に構える。 いずれにせよ、陣営は長期間の滞在を避ける方向。 渡仏の時期は8月下旬から9月上旬となりそうだ。 ジョッキーについても「これから考えたい。 勝つための選択肢は、いくつかある」と、現地騎手の起用も含めて勝利へ向けての最善策を探っていく方針だ。

 

日本の期待を背負って出走した昨年のディープインパクトは3着(後に失格)に敗れた。 重量とぶっつけで挑んだ臨戦過程が、敗因として挙げられた。 その点でウオッカは不安が少ないだけに、V争いも夢ではない。 「日本の競馬を犠牲にする面はあるが、勝つためにはこれしかない」。 牝馬として64年ぶりにダービーを制した名牝が、今度は世界を相手に歴史をつくる。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

フランスの新幹線、TGVとドイツの新幹線、ICEが相互乗り入れするようになりました。
って、今ごろ何言ってんの、と言いたくなりますよね。
今まで、仏独「新幹線」が相互乗り入れしていなかったことの方が不思議ですわ。

 

     *****
フランクフルト
仏独両国の誇る「新幹線」が相互乗り入れ。
フランスの首都パリとドイツのフランクフルト、シュツットガルトを結ぶ高速鉄道、仏TGVと独ICEの一番列車が25日、パリに向けドイツの各都市を出発した。

 

パリ-フランクフルトはICE、パリ-シュツットガルトはTGVがそれぞれ最高時速320キロで突っ走る。 これまで鉄道での所要時間は両路線とも6時間程度だったが、4時間前後に大幅短縮される。 時刻表上での本格運行は6月10日から開始する。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

妙な調査結果が出ています。
報酬や勤務時間などで仕事に不満を抱いている割合は、フランスが最も大きいそうですよ。 まあ、仕事に対して不満があって当たり前のことですよね。

 

この調査そのものに『不満』を持ってしまいますが...

 

     *****
CNN/REUTERS
ロンドン
報酬や勤務時間などで仕事に不満を抱いている労働者の割合は、世界各国のうちフランスで最も大きいことが、このほど実施された国際意識調査で明らかになった。

 

報告をまとめたのは、英市場調査会社FDSインターナショナル。 調査では、世界23カ国で18歳以上の企業従業員ら計1万3832人に、それぞれの仕事の「報酬」「生活費に対する実質所得」「私生活への影響」「週平均勤務時間」などに不満を持っているかどうかを尋ねた。
その結果、総合的に不満を持つ人の割合が大きかったのはフランスで、2位には英国とスウェーデンが並んだ。 4位は米国だった。 反対に不満が小さかった国はオランダ、タイなどで、アイルランドが最小だった。

 

項目別に見ると、「休日が少ない」との不満を抱く人は英国に最も多く、37%に達した。 英国人が年間に認められる有給休暇や祭日は、平均33・5日。 一方、年間の休みが29日にとどまるアイルランドで、これを不満とした人の割合は13%にすぎなかった。 また、報酬に対する不満が大きかったのはロシアで、割合は61%に上った。 中国で報酬を不満とする労働者は43%、米国では38%だった。
日本は、労働者の意欲の低さが目立った。 調査によると、労働意欲が最も高い国はオランダで、2位がタイとアイルランド。 最下位が日本だった。

 

FDSのシャーロット・コーニッシュ氏は、「経済的に恵まれている欧州諸国や、生活費に対する所得水準が目立って高い米国などの方が、労働者の不満が大きいという結果が出た。 興味深い傾向だ」と話している。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。