ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

あ~あ、やっぱり何もしない連休でした。

 

ですが、海外に目を向けるといろいろなことが起こっています。
アメリカじゃ、また乱射騒ぎですか。
一方、ロシアの方...エストニアではロシアとの対決ムードが高まっているような感じ。
このエストニア(首都タリン)って言う国、おもしろいんですよね。
それこそ、20数年前に行ったことがあります。 もちろん、ソビエトの時代です。 その頃から、バルト三国はソビエトから独立したがっていました。
タリンの街は、私が訪問した中で屈指の美しい街でした。 街をうろついて道に迷い、公園で美しい女性に道を尋ねたら(ロシア語で)、エストニア語で返されて、結局、英語で話をした思い出があります。

 

     *****
CNN/REUTERS
エストニア・タリン
バルト海のエストニア政府は27日未明、第二次世界大戦を戦った旧ソ連兵士の銅像を首都タリンの公園から撤去した。 エストニア国民には銅像は50年間続いたソ連占領の象徴としての思いが強いが、ロシア政府は撤去に強く反発、同国議会はプーチン大統領にエストニアとの断交を求める決議を可決した。

 

ロシアのラブロフ外相は撤去に抗議する重大な措置を取ると警告した。 エストニア政府は撤去について、公共秩序を維持するための手段としている。 銅像前は、ロシア支持、批判の住民らによるにらみ合いの場所ともなっていた。
タリンでは撤去前、ロシア系住民らによる警官との衝突、略奪騒ぎなどの暴動が発生、1人が刺されて死亡した。 混乱は26日から始まり、ロシア系住民約1000人が集まり、撤去に抗議。警官13人を含む57人が衝突で負傷、300人が逮捕された。
略奪で窓ガラスが割れ、火災も発生、車両が横転されるなどした。 混乱は27日朝には一応収まっている。

 

銅像は高さ約2メートルで、1947年に完成。 ロシアは、撤去について大戦に従軍した兵士たちへの屈辱的な行為と非難している。 取り除かれた銅像は警察が管理。 エストニア政府は墓地に移す方針。

 

エストニアは1991年、ソ連から独立。 総人口は約130万人で、うちロシア系は約30万人とされる。 エストニアは北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟、欧米寄りの路線に傾斜している。 今回の暴動は独立後、最悪規模となっている。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

サムソンは強かったですね。
やっぱりあの勝負根性は、G1レースを戦ってきた馬と、そうでない馬との差なんでしょうねえ。
確かに、エリモは気になっていた1頭でした。 ある程度の伏兵が入って来ての万馬券を予想して、散々迷ってから切った馬だけに、無念じゃ~。

 

それ以上に残念だったのが、香港のアドマイヤムーン。
武クンとしても、いつも通りのレース展開で、いつも通りのレース運びをしたんですよね。 それなのに捕らえきれられなかったのは、馬場のせいなんでしょうかねえ。

 

どうも今年の武クンは、例年のような強さが見られませんねえ。
ひょっとして、ディープの引退で、一種の『燃え尽き症候群』みたいな状態なんでしょうかねえ?
来週のマイルカップでも見せ場が無かったら、今年は武クンを馬券対象から外そうかと思っています。


 大ニュース
あのユートピアが5月2日のアメリカのレースに出走します。

 

     *****
昨年5月にゴドルフィンへ移籍したユートピア(牡7、英・S.ビン・スルール厩舎)が、現地時間5月2日に米・ベルモントパーク競馬場で行われるウエストチェスターH(米G3・ダート8f)にM.ルジー騎手騎乗で出走することが、29日にわかった。

 

06年3月のゴドルフィンマイル(首G2)では日本調教馬として初めて海外のダート重賞を制し、その後、ゴドルフィンに400万ドル(約4億5000万円)で売却されており、今回が移籍緒戦となる。

 

なお今回の出走馬には02年ジョッキークラブゴールドC(米G1)の勝ち馬イヴニングアタイア Evening Attireや、06年ホイットニーH(米G1)でインヴァソール Invasorの2着に入ったサンキング Sun Kingなど強敵が揃っており、レースは6頭立てで行われる。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明日は天皇賞。
日本競馬の中では最も権威のあるレースだと思っています。
春の天皇賞は3200mで、長距離レースはワクワクしますね。
短距離やマイル戦もスピード感があっておもしろいのですが、やっぱり、長距離戦は紛れも無く実力のある馬が勝ちます。
そうなると、昨年のメルボルンカップを勝ったデルタブルースは格が上と思うんですよ。

 

  出走表
1- 1 マツリダゴッホ (牡4、横山典弘・国枝栄)
1- 2 ファストタテヤマ (牡8、武幸四郎・安田伊佐夫)
2- 3 ユメノシルシ (牡5、吉田豊・大久保洋吉)
2- 4 アドマイヤモナーク (牡6、村田一誠・松田博資)
3- 5 アドマイヤタイトル (牡5、四位洋文・河野通文)
3- 6 メイショウサムソン (牡4、石橋守・高橋成忠)
4- 7 トウカイエリート (牡7、川田将雅・松元省一)
4- 8 アイポッパー (牡7、安藤勝己・清水出美)
5- 9 ウイングランツ (牡7、秋山真一郎・高市圭二)
5-10 トウショウナイト (牡6、武士沢友治・保田一隆)
6-11 マイソールサウンド (牡8、角田晃一・西浦勝一)
6-12 トウカイトリック (牡5、池添謙一・松元省一)
7-13 ダークメッセージ (牡4、佐藤哲三・佐々木晶三)
7-14 ネヴァブション (牡4、北村宏司・伊藤正徳)
8-15 デルタブルース (牡6、岩田康誠・角居勝彦)
8-16 エリモエクスパイア (牡4、福永祐一・大久保龍志)

 

1番人気は8番のアイポッパー、以下15番デルタブルース、6番メイショウサムソン。
ん~、2冠馬が3番人気とは...

 

さて、穴狙いの私は、2番ファストタテヤマを押します。
2番と上位人気馬の組み合わせでも、結構オイシイと思うのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。