ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

ストーンヘンジって聞くと、なぜか、ワクワクしてしまいます。
もう、かなり前になりますが、私も初めてイギリスに行った際にレンタカーを飛ばしてストーンヘンジを見に行きましたよ。
な~んにもない平原の向うに、ポツンとあの石の遺跡を見たときの感動は、今も忘れられませんねえ。

 

     *****
CNN/AP
ワシントン
ユネスコの世界遺産に指定されている英国南部の巨大環状列石「ストーンヘンジ」の周辺で、英国の考古学研究チームが住居跡を発見した。 年代測定の結果から、「ストーンヘンジ」を造った人々が住んでいた可能性があるという。 米ナショナル・ジオグラフィック協会が30日、明らかにした。

 

住居跡が見つかったのは、「ストーンヘンジ」から約3キロ離れた、エイボン川近くのダーリントン・ウォール遺跡。 計8カ所から、広さ約5メートル四方の住宅跡と見られる遺跡が発掘され、住居の床からは箱形ベッドや、棚の跡と見られるものが見つかった。

 

研究チームを率いる英シェフィールド大学のマイク・パーカー・ピアーソン考古学教授は、住居跡の年代を測定した結果、「ストーンヘンジ」とほぼ同じ、紀元前2600年だったとして、住居跡が見つかったダーリントン・ウォール遺跡は、「ストーンヘンジ」を建造した人々が居住していた場所だとしている。

 

また、建造目的などが未解明の「ストーンヘンジ」については、当時の埋葬地だったとの見方を強めている。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あ~あ、と言うのでしょうか、とうとうバルバロが...

 

     *****
現地時間29日、昨年のケンタッキーダービー(米G1)を無敗で制し、次のプリークネスS(米G1)の発走直後に右後脚骨折したバルバロ Barbaro(牡4)が、蹄の病気を併発し、療養先のペンシルベニア大学で安楽死処分されたことが分かった。

 

バルバロは、父Dynaformer、母La Ville Rouge(その父Carson City)という血統の米国産馬。 05年10月のデビューから芝で3連勝を飾り、その後ダートに転向。 ホーリーブルS(米G3)、フロリダダービー(米G1)を連勝し、ケンタッキーダービーでも6.1/2馬身差という大差で圧勝する。
しかし、続くプリークネスSの発走後まもなく右後脚に故障を発症し競走を中止、右後脚粉砕骨折と診断される。 レース翌日に骨折箇所の手術が行われ、その後も合併症手術や、蹄葉炎のための蹄壁切除手術など、懸命の治療が施されていた。
通算成績7戦6勝(重賞4勝)。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、またまた別の競馬雑誌を買いました。
「ターフヒーロー」です。

 

2006年のG1全レースと日本馬が活躍した海外レースがDVDになっています。
まあ、最近の雑誌って、たいがいDVD付きが多いんですよね。
で、海外のレースを見直したんですが、やっぱり背筋がゾクゾクするくらい素晴らしいレースは、メルボルンカップとドバイゴドルフィンマイルです。

 

ん~、このDVDは永久保存版だなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。