ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

太陽系の惑星と言うと、『水・金・地・火・木・土・天・海・冥』と覚えたものです。
で、ちょっと前まで海王星と冥王星の軌道が前後し、何年間かは最後が『冥・海』となっていたはずですね。

 

10番目の惑星が発見されたようですが、本当に惑星かどうかの結論は数年後までお預けのようです。

 

     *****
CNN
カリフォルニア州パサディナ(CNN)
カリフォルニア工科大パロマー天文台などの観測チームが29日、「太陽系10番目の惑星」と呼ぶことのできる天体を発見したと発表した。 太陽系の惑星で最も小さい冥王星の1.5倍程度の大きさがあると見られている。

 

カリフォルニア工科大学のマイケル・ブラウン教授、イェール大学のデビッド・ラビノウィッツ氏、ハワイ・ジェミニ天文台のチャド・トルヒリョ氏らが03年10月に発見し、「2003UB313」の分類番号がついていたが、地球からあまりに遠いため、今年1月になるまで公転運動が確認できなかった。
電話で会見したブラウン教授によると「太陽からの距離は、最も近いところで地球と太陽の距離(天文単位)の36倍(=36天文単位)、遠いところで97倍だ。 約560年の周期で太陽の周りを公転している。」
距離や明るさから判断すると、冥王星(直径2300キロ)の1.5倍あるのは確実だという。 冥王星と太陽の距離は平均39.5天文単位。

惑星と認定するかは国際天文学連合が決定する。 しかし何を惑星と呼ぶかの定義はあいまいで、冥王星が惑星に相当するのかについても諸説があり、エッジワース=カイパーベルト天体(太陽系の中で海王星の軌道より遠い30天文単位~50天文単位に位置する天体の総称)に過ぎないという説もある。

 

ブラウン教授は、 「2003UB313」が冥王星と同様にエッジワース=カイパーベルト天体のひとつだと認めた上で、「冥王星が惑星だというなら、冥王星より大きくて遠くにある天体も、惑星と呼んでしかるべきだ」と話した。
国際天文学連合が、「2003UB313」が惑星かどうか結論を出すまでには、数年かかる見通し。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ちょいと小耳に挟んだ程度の話ですが、フジテレビの男性アナウンサーが過去に、ドイツで買春をしたことを、バラエティ番組内で暴露したとか...

まあ、この手の話をテレビで言うほうも言うほうですが、一言言わせてください。

 

ドイツやオランダでは、売春は合法です。 
国も認めていますし、『売春婦』は女性の職業の一つと認められています。 当然、売春婦の女性も自分の収入に対して、キチンと税金も払っているはずです。
とりあえず、ドイツやオランダでは売春はアングラではありません。 ですから買春をした男性アナウンサーも、別に悪いことをしたわけではありません。

 

あまり関係はありませんが、昔、日本の男性お笑い芸人がトルコで全裸になり、非難轟々になったことがありました。 当然、日本でも、そのお笑い芸人を非難しましたが、その本人だけが悪かったのでしょうか? お笑い芸人が、笑いや注目を集めるためには、「体を張る」と言うのは、暗黙の了解があるものだと思います。 実際、その芸人は日本のテレビでも、最後には裸になるのがいつものパターンでした。 と、なると、異国においても同様のことをすることは、素人の私でも予想できます。 テレビ局の人間もそういうこと(人前で裸になる)をしたら、どうなるのかくらいは事前にわかっているでしょうし、そういうことはしないように忠告しておくべきです。
おもしろければ何でもOKと言う空気があるのでしょうか。 その芸人がバカなのは、どうしようもないでしょうが、同行していたテレビ局の人間にこそトラブルの元凶があるように思えてなりませんでした(しばらく干されてしまった芸人も可哀想なもんだ)。

 

まあ、日本のテレビに知性を求めることは無駄だと思います。 しかし、多少の常識くらいは持ち合わせて欲しいですねえ。

 

とか、エラそうに言っている私が一番の非常識人ですね。 スイマセン。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がよく見に行く競馬関連のサイトで、アメリカのセクレタリアトはどれくらい強かったのかとの質問がありました。

うんうん、確かに、セクレタリアトはアメリカ競馬史上最も強かった馬だと思いますねえ。
ちょいとばかりセクレタリアトの事を調べたら、いくらでも資料が出てきます。

 

     *****
Secretariat
アメリカ競馬の歴史に残る三冠馬。 生涯成績21戦16勝。
競馬ファンでもスポーツファンでもない人達でも知っていたという国民的英雄のような名馬であった。 タイム誌の表紙を飾っただけでなく5ページにわたる特集記事まで組まれていた。 それだけでも国民的人気の高さがうかがわれる。

 

2歳7月のデビューではスタートで出遅れてしまい4着に敗退するが、2戦目ではスタートを決めて2着に6馬身差をつけて快勝。 ただ、出遅れ癖はなかなか直らず、ついに7戦目の「シャンペンS」では、大きく出遅れ追い上げる途中の最終コーナーでストップザミュージックと接触。 1着入線するがインターフェアで2着降着となってしまった。 しかし、この破天荒なレースぶりから熱狂的なファンが更に増える結果となった。

2歳シーズンを9戦7勝で終えたが、3歳になっても相変わらず荒っぽいレースぶりで3冠レースを戦うことになる。

 
圧倒的1番人気に支持された「ケンタッキーダービー」では、バックストレッチから進出して行き、直線でもスピードが衰えることなく2着シャムに2馬身半差で優勝。 優勝タイム1分59秒4は9年前のノーザンダンサーのレコードを更新するタイムで現在も破られていない。
2冠目の「プリークネスS」ではバックストレッチで先頭にたつと後続を寄せ付けず、レコードタイムで2着のシャムに2馬身半差をつけて2冠を達成。
そして3冠最終戦「ベルモントS」は、前2走とは違い一転して逃げの戦法を取り、後続を引き離し、唯一ついて行こうとしていたシャムは早々にバテてしまい直線は独走状態。 結果、2着トワイスアプリンスに31馬身差をつけてレコードで優勝。 歴史的圧勝劇となった。

 

その後、古馬との初対戦となった「マルボロC招待H」で古馬の強豪リヴァリッジを退け、「マンノウォーS」ではトラックレコードで快勝し芝のレースでも強さを発揮した。 引退レースとなった「カナディアン国際」も他馬を寄せ付けず圧勝。
アメリカ競馬の歴史を見てもセクレタリアトほど人気を集めた馬はほとんどいない。

 

数々の功績をたたえられ、ケンタッキーホースパークとベルモントパーク競馬場に銅像が建てられた。

 

伝説の31馬身差のベルモントSの映像です。
http://www.nyracing.com/Belmont/video.asp?track=B&mon=6&yr=1973
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。