ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
クイーンがツアーを行いますよ。
昨年キムタクのドラマのおかげで日本でクイーン人気が再燃しました。 また、ペプシコーラのCMでも、ブリットニーやビヨンセがクイーンの名曲を歌いましたよ。
やっぱり、これらって影響があったんでしょうかねえ?

まあ、フレディがいないクイーンなんて、ジョン・レノンのいないビートルズみたいなもの。
真剣に曲を聞くというよりも、名曲を楽しむと言うスタンスでステージを見たいですねえ。
秋には日本にも来るんでしょうか?

     *****
CNN/REUTERS
ロンドン
英国のロックバンド、クイーンが28日夜、ロンドンのブリクストン・アカデミーで、フレディ・マーキュリーの死後15年ぶりにツアーを再開した。 ボーカルとしてポール・ロジャースが参加し、夏まで英国と欧州の各地を回った後、秋から米国やカナダ、アイルランドなどでツアーする予定。

英国での公演は、1986年以来19年ぶり。 今回のツアー名は、故フレディ・マーキュリーの衰えない人気に配慮、ポール・ロジャースはゲスト出演という形を強調し、「Queen + Paul Rodgers」となっている。 今回のツアーには、ギターのブライアン・メイとドラムのロジャー・テイラーが参加。 ベースのジョン・ディーコンは同行していない。
会場のブリクストン・アカデミーには、抽選で当たった約4700人が詰め掛け、熱気に包まれた2時間のライブに酔いしれた。 ブライアン・メイは、ボーカルにポール・ロジャースを迎えたことについて、「フレディーの代わりを誰かにやらせるということに、いつも反対していた。 でも、ポールを見ていて突然、この男はフレディに取って代わるようなやつじゃないかって思えたんだ」と語った。
ポール・ロジャースを迎えたツアーのきっかけについては、「ポールと一緒に『We Will Rock You』や『We Are the Champions』など何曲かやってみたら、みんなで顔を見合わせてしまったほど、素晴らしかったかったんだ。 それで、『ツアーに出よう』って話になった」と話している。

伝説のカリスマ・ボーカル、フレディ・マーキュリーが、91年にエイズによる肺炎のため45歳で亡くなってからも、クイーンは活動を継続。 バンドを結成した70年代からのレコード売り上げは、全世界で1億5000万枚を超えている。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

個人的に興味のある話題です。 世界の空港の満足度調査です。
結果は、1位が香港で、以下仁川、チャンギ、KL、ドバイ。
ドバイ以外は行ったことがありますが、いずれも大きな空港ばかりです。

アジアのハブ空港を狙っていた、関西空港も成田も上記空港と比べたら、はるかに小さくて、話になりません。
規模の大きな空港を建設するならば、都会じゃ無理ですね。 そうなると、どうしても郊外の方になってしまいます。 結果、都会から離れた名前だけは大都市の空港。
規模はそれほど大きくなくても、中心地に近い場所にある羽田や伊丹、海外ではバンコクあたりが、個人的には評価したい空港です。

     *****
CNN
世界各国の空港管理組織などで構成する国際空港評議会(ACI)と各国の航空会社が加盟する国際航空運送協会(IATA)は23日、共同で行った世界の空港満足度調査2004年度版の結果を発表、総合トップに香港国際空港が選ばれた。

続いて韓国ソウルの仁川(インチョン)、3位シンガポール・チャンギ、4位マレーシア・クアラルンプール、5位アラブ首長国連邦・ドバイと、アジア勢が上位を占めた。

・地域別の結果は、アメリカ大陸の首位はカナダ・ハリファックス、2位は米国ミネソタ州ミネアポリス、3位米カリフォルニア州サンディエゴと、北米勢が上位だった。
・欧州では、デンマークのコペンハーゲンが首位で、フィンランドのヘルシンキが2位、続いてギリシャのアテネだった。
・アジア地域は、総合順位と同じく、1位香港、2位仁川、3位シンガポールだった。 
・アフリカ・中東地域ではドバイがトップで、2位と3位はそれぞれ、南アフリカのケープタウンとダーバンだった。

調査は、世界の主要40空港を利用した6万5000人を対象に、搭乗前に31項目にわたるアンケートを実施。 空港施設や安全性、出入国手続き、各航空会社のサービスなどの満足度を調査した。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい先日、あのアメリカ映画の秀作、「或る夜の出来事」(’34)を見ました。
もう、10回以上はこの映画を見てますが、何回見ても、やっぱりおもしろい!

フランク・キャプラ監督、クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール主演。
私は、この映画こそ、アメリカ映画の最高峰の作品と思っています。
父親の元を逃げ出したニューヨークでも屈指の銀行家の一人娘と、たまたま同じバスに乗り合わせた新聞記者が、一緒に旅をし次第に惹かれ合う話。 ストーリー展開、全編に散りばめられたユーモア、ゲーブルとコルベールのロマンティックな雰囲気、これぞ、エンターテインメント作品と言えますよ!

で、この映画の最初の方で有名なセリフが出てきます。
『犬が人間に噛み付いてもニュースにならないが、人間が犬に噛み付いたらニュースになる』 たしかに、昔はこのフレーズはよく耳にしましたね。
さてさて、現代においては、この話は通用するでしょうか?
犬べったりの過保護飼い主ならば、自分の犬に向かってくる別の犬に対して、それこそ噛み付いてもおかしくないかもしれませんねえ。 そもそも、犬は原始の昔から人間に服従し、人間を守ったものです。 それが、いつのころからか日本では、室内犬が当たり前のようになってきていませんか?

話がそれてしまいましたが、映画「或る夜の出来事」は是非見るべき作品です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。