ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

ちょっと前のニュースなんですが、興味深いので転記します。
 
私の好きなお菓子・スナックでポテトチップスがあります。
このポテトチップスやフライドポテトのような油で揚げたジャガイモを食べ過ぎると、早死にするらしいですぞ。 ヤバイぜ。
 
     *****
CNN
フライドポテトやポテトチップスなど、油で揚げたジャガイモを週に2回以上食べている人は早死にするリスクが高くなるとの研究が、米国臨床栄養学ジャーナルでこのほど発表された。
 
元となったのは、45-79歳の関節炎患者4440人を対象にした8年間にわたる追跡調査だ。 もともとは変形性関節症に関する研究だったが、研究チームはジャガイモの消費について目を向けた。
その結果、週に2-3回、揚げたジャガイモを食べていた人が早死にする確率は、全く食べない人と比べて2倍になったという。 年齢や性別による差は生じなかったが、女性よりも男性が、年長者よりも若者が、揚げ物をよく食べる傾向が見られた。
あくまでも参加者の行動を記録して分析した研究であり、揚げたジャガイモと早死にの間に直接の因果関係があるかどうかは現時点では不明だ。
 
イタリア学術会議の研究者で論文の主著者であるニコラ・ベロネーゼ博士は、揚げ油に多く含まれるトランス脂肪が重要な要素となっているのではと考えている。 だが、肥満や不活発な生活習慣など「他の重要な要素」が何らかの役割を果たしている可能性もあると指摘する。
スウェーデンのカロリンスカ研究所環境医学研究所のスザンナ・ラルソン准教授は、「揚げたジャガイモの消費量は、死亡率の増加を招くような健康的でない食習慣のバロメーターになるかも知れない」と指摘する。 ラルソン准教授もジャガイモ消費に関する研究を行ったが、循環器系疾患が増加するとの結果は出なかったという。
     *****

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ちょっと話題になっているLCCと車椅子の方の話に関して。
 
私の個人的な意見ですので、ご批判等は受け付けません。
何でK氏(車椅子の方)はわざわざ関空まで行ってLCCを利用したのでしょうか?
彼の自宅近くの伊丹からは他のキャリアが飛んでいるはずです。
身障者の方は一般料金よりも安く利用できるはずでしょ。
LCCは安いキャリアなので、ある程度の不自由さは目をつぶるべきだと思います。
そう考えると、わざわざLCCを使ってトラブルを起こすなんて理解不能です。
 
いすみ鉄道の鳥塚社長のブログが参考になります。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2918
実に的確です。
 
一方のK氏ですが、個人的な意見として、立派な人だと思いますがハンデキャップを持っていることをかさに着たクレーマーだと思います。
彼のサイトを読むと、自分の意見ばかりを一方的に述べているばかり。
『なぜそうなのか』とか『どれだけの人に迷惑をかけるか』などが欠如しています。
 
鳥塚社長のブログを読むと、なぜ事前に車椅子の告知が必要かがわかります。
 
LCCに過度なサービスを求めちゃいけませんよ、これが私の結論ですわ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エアバッグのタカタが倒産ですか。
一般的にはタカタと聞くと、ジャパネットの方を連想するんでしょうが。
しかし、今頃つぶれるとは。 私は2年以上前につぶれると思っていたんですが...
 
自動車の安全性を追求すると、やっぱりエアバッグになるんでしょう。
世界的に見てもタカタのエアバッグは世界シェアの約20%、シートベルトも世界シェアの約20%の大企業です。
滋賀県彦根で創業し、今でも滋賀をドライブしたり、また新幹線の車窓からも大きな工場を目にします。
 
しかし、アメリカでトラブルが起きてからも逃げ回って、非常に印象が悪かったです。
同じようにトラブルが起きたときに、毅然と聴聞会に現れたトヨタの豊田社長とは大違いですわ。
タカタが悪いのはわかっていますが、これだけの大企業なので部品供給などをしている子請け・孫請けの関連会社への影響が心配です。
 
     *****
史上最大の没落――。
欠陥エアバッグの大規模リコール(無料の回収・修理)問題で経営悪化していた自動車部品大手のタカタが26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請し、受理された。 東京商工リサーチによると、負債総額はリコール費用を含めて約1兆7千億円になる見通しで、製造業としては戦後最大。 すべての失敗は創業一族の「潔さ」
の欠如によるものと専門家はみている。
 
タカタの再生法適用によって、取引先のホンダなど自動車メーカー各社はリコールの立て替え費用回収が「困難」と発表。 その費用はトヨタが5700億円、ホンダが5560億円にも上る。 自動車産業という日本の根幹に大打撃を与えた高田重久会長兼社長は会見で「金融機関にも返済を我慢してもらったが、一部報道で最終
的には待ったなしの状況になった」と語った。
 
数日前から各メディアで再生法適用の動きが報じられ、金融機関が支援を渋るようになったのは事実だが、自分の責任をマスコミに転嫁する高田社長はトップとしての器の小ささを露呈したと言われても仕方ない。
 
経済ジャーナリストの片山修氏は高田一族の失敗について「特に安全分野は世界が関心を持っている。 タカタは情報公開を避け、責任を認めずに『原因が分からない』と言い逃れを続けてきた。 逃げれば逃げるほど『何か隠してる』と追及を受ける。 創業一族が家業にしがみついたのが経営破綻の原因です」と指摘。 つまり、タカタの失敗は創業一族の「潔さのなさ」に尽きるということ。 その結果、支援を受ける中国企業傘下の米自動車用部品会社キー・セイフティー・システムズ(KSS)に1750億円で実質的に全事業を“買収”される顛末に。
 
そもそもタカタは2014年、米議会公聴会に呼ばれたが、トップの高田社長が出席しなかったことで大きな批判を浴びた。 逃げ続ける姿勢を象徴する出来事だった。
 
片山氏は「タカタの中にも良識のある人がいて、高田社長は社内外から『辞めなさい』と言われていた。
「死に体となってから、身を引くことを会見で発表する前に、トップを外部から招いて経営再建を任せればよかった。クビが回らなくなる」(片山氏)「自動車メーカーとして株を一番持っているホンダがタカタとつながりが深い。 メーカーの誰かが泥をかぶって音頭を取り、再建の仕切りをしなきゃいけなかった。 それはホンダの役割だったと思う」(片山氏)
 
これで得をしたのはKSSであり、中国だ。
「中国は米国を抜いて世界最大の自動車市場となった。 様々な分野で企業買収して先進国に追いつこうとしている。 自動車は国策で世界最大の自動車会社を育てようとしている。 ときの政権の意向が働いていたとしても不思議はありません。 タカタのエアバッグはホンダと一緒に世界に先駆けて開発したもの。 ノウハウは喉から手が出るほど欲しい。 中国としては棚ボタです」(片山氏)
 
KSSは日本の工場など製造施設の閉鎖・リストラ予定はないと説明しているが、「それはわからない」と片山氏。 楽観できるわけがない。
     *****

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。