明日からツアーだ!

わーい。

ツイッターで最近よくつぶやくのだけど。

批判を気にしていると丸くなった殺傷能力の低いツイートばかりになる。

最近は嫌われてもいいから人間、「デストロイはるきち」を知ってもらおうと自由につぶやいてます。

つまるところ、バンドを広げるという作業は音楽を通して我々の人間性を知ってもらうということに他ならない。(のか?)

合う奴は合うし、合わない奴は合わない。

本音を隠すのは下手くそだし気持ちが悪い。
本音でぶつかっていこーー!!!

ということでTick Tackの解説。

良い曲だよね。

ちょっと昔の我々感ある。

汚いギターの音に軽ーい尺八のようなキーボード。どこまでも舐め腐ったその音色が退廃的なこの曲の世界観を綺麗に描き出している。。。気がする笑

歌詞もお得意のファンタジー。

ちゃんと綺麗なオチをつけて、個人的には大満足の出来です。

元々ブリノブのサビだったのだけど、マイケルのイントロと俺のAメロBメロを混ぜたらブリノブ臭が消えました。

ブリノブの天才的なところは一昔前のJ-POPっぽい歌詞をかけるところ。
すげえ耳に残るのだけど今時の有象無象のバンドのようにダサくない言葉選び。

純粋にすげえなぁって思います。

ブリノブ。

いつもみたく長く書こうと思ったら筆が動かなかったので短め。

さらばだ。
AD
本日のゲネプロ終わり。

みんな上手くなったなー。

でも上手いからといってグッとくるわけではないのが音楽の面白いところ。

でも上手い方がグッときやすいのは間違いないけどね。。

個人的にはヘタウマというジャンルが一番無敵なのではないかと思ってたりします。
なんか下手くそなのにクセになる…てきな。

そこ目指したいなーと。

と、いうことで第6回です。

「オテントサマ」

オテントサマって再録なの知ってる?
2nd miniに入ってたんです。

リードにしたかったのだけど、その時のMV監督と折り合いつかずにMVは違う曲に。

ドラマーは前ドラマー、ドランキー伊藤。
彼のドラムはヘタウマでした。

そんな彼も今は別のバンドをやっていて、この前拝聴。

うまい。笑

ヘタウマじゃなくなってるーー!!!

ヘタウマとは儚いものなのです。。

だから尊い。

今作に昔の曲をどれか一曲入れよう!という話になったときに、ジャンボリーがこの曲を自分のドラムで叩きなおしたいと。

うんうん。わかるよ。その気持ち。

君ならやれる!

ということで再録。

再録って賛否両論出るのでなかなか難しいのですが、その時の空気感を出しつついいオケと歌を入れられたのではないかと思います。

ツアーではバンバンやりたいなー。

昔から人気はあったのだけどなかなかやれなくて。

今回はアルバムに入れることが出来たのでツアーでもできるかと思います。

CD聴きこんでツアー、遊びに来てね。

またまたー!
AD
発売してキャンペーンもひと段落。

明日からいわゆるゲネプロというやつをやります。

ゲネプロ…プロっぽい。笑

簡単に説明すると、僕らみたいな楽器やら音数が多いバンドは出音のバランスが命なんです。
まずはバランス調整。主にマイケルですが笑

あとは音の取捨選択。CDに入ってる音を全部鳴らすと割と崩壊します笑

でもCDで聞こえる音がライブで聞こえないとちょっと物足りなく感じるでしょ?

だから「ここは鳴らす!」「ここは鳴らさない!」と、物足りなく感じないようにアルバムをガッツリ聞き込んでくれている(はず)PAの方にいろいろ指示してもらいます。

今回もPAは藤井さん。お世話になってます。
あとKYARAのPAどーむくんも。

…なんか解説する雰囲気じゃなくなってきたので一旦切ります。笑

第5回!

今回は「青春の涙と流星群」について。

これはマイケル作。
最初はセリフがはいってました。
一番最初に「いざ、出陣ぢゃ」と。

マイケル的にはアイドルに提供したかったみたいなのですがそっちの案件はノブリルの曲が採用され、自分たちでやることに笑

最初の仮歌詞せっかくなんで載せます。

「ヒロシ」
作詞:マイケルTHEドリーム

いざ出陣じゃ。

恋の戦よ
大将は博くん
あなたの恋心、射止めてみせる

敵は無敵だ
モテるよ博くん
照れ屋のわたしにはハードル高め


どどどどっち付かずな博くん
近づくことさえできない
あなたの回りの女が睨んでる
どっち付かずな博くん
女の子が好きなのね
私は別に特別じゃない
博くんこっちを向いて
あなたの人間性を
疑う


ヒドイ…笑
これ、たぶんそのまま歌えると思うので歌ってみてください。

ここから比べるとだいぶまともな歌詞になったのではと思います。

ヒロシの歌詞も割と好きだけど俺が歌うと気持ち悪いでしょ?笑

いつかこの曲をアイドルに提供できたあかつきにはこの歌詞で歌ってもらおうと思います。笑

アイドル発進だったので、歌詞はアイドルを目指し、上京する女の子目線で書きました。
アイドルやってる間はずーーっと涙を流さない主人公ですが、歳をとってアイドルやめて、思い出話をするときに初めて涙を見せるのです。

きっとそれはそれは綺麗な涙だったんだろうなあ。

無駄に良い話ーー!笑

アレンジはほとんどマイケル仕切りでやっていって、割とメリケンにつぐメリケンで押し切り。

※メリケンとは、ミソッカスのメンバーにだけ通じる用語で、「無理やり」「大味」「力技」的な意味です。笑

例:メリケン転調

最初のバージョンからはだいぶまともになったのですが、最初のヒドイやつでそのまま出してたらどんな反応が来たのかなぁ…と、ふと考えたりもします。

まともにする作業って要は丸くする作業ですからね。
でもなあ…さすがにあのバージョンは…とか考えてもキリがないし。。

ちょっと残ったモヤモヤは次回に活かそうと思います!!!

ゆっくりだけど今回は書ききる予定なのでゆっくり待っててください!
AD