「深き森の迷路」全曲解説第6回

テーマ:
第6回ー!

昨日のラジオ、ピエロ流すって言ったけど羊でした。。ごめんなさい。。

羊良い曲やろ!

第6回は6曲目「ピエロ・ミゼラブル」について。

この曲はノブリルの曲。前作はかなりのノブリルアルバムだったので今作はノブリル汁が控えめです笑

なんでもストックを全て放出したとか。。

今作作るにあたってノブリルは3曲くらいデモを投げてくれたんだけど、なんだかどれも微妙で。。。笑

マイケルと俺のアルバムになるなーと思ってたら最後に「原点に立ち返りました。」と一言添えてウルトラCをかましてくれました。

この曲のデモ、ノブリルが歌ってるんだけど本当に下手くそなんですよ。笑

でも初めて聴いて本当にグッときた。

即「採用!」ってLINE送ったもんな笑


歌詞は最初からノブリルの仮歌詞を採用。

この曲に出てくる、「魔法」っていうのは人を笑顔にする魔法のこと。

三流ピエロの主人公は挫折を経験し、本当の魔法使いにはなれませんでした。
そんなピエロに教えを請う幼い道化師見習い。
自分みたいになってしまうのではないかとその子の将来を憂うも、その子はスターになります。

太陽のようなその子を見てピエロはがむしゃらだった昔の自分を思い出し、もう一度魔法使いになるために挑戦することを思い出すのです。

仮歌詞では一人称が「俺」だったのですが、僕は語り部的な歌詞がすごく好きなので全部「彼」に変えました。

サビがメリケン転調(音楽的に無理のある転調をミソッカスの間ではこう呼んでいます笑)なのでサビ頭の音がちょー取り辛く、レコーディングでめちゃくちゃ苦労しました。

ノブリルファック!!!

メリケン転調を歌うコツは一つ。完全に体にその音を覚えさせること。
Bメロまでのコードが頭で鳴っていると絶対にサビが歌えません。

何故こんな難しい曲にしたのか…
ノブリルにまだ聞いてないけど本当になんでなんだろ。。。

サビの頭の音は取り辛いのですが、一度覚えてしまうと「なりたかったー!」の部分が歌っていてすごく気持ち良いです。
パーンと突き抜けるサビ感があってイイね。

カラオケに入ることがあったらみなさん歌ってみてくださいね。

あとはアレンジ。

16ビートでファンクっぽいものは良くやるのですがロックなものは初めてやりました。

ギターはカッティングしてるのにシャレオツ感より泥臭さの方が強くていいですね。

カッコイイ…

各楽器の中でもジャンボリーのドラムが特にカッコイイです。
完全にDizzy Mizz Lizzyの影響受けまくってます。

僕もジャンボリーもこれで味をしめたので
次回もドラムバコバコの16ビートロックやるかもです。笑

お楽しみに。

この前スタジオで合わせたけどバックサウンドは割とまとまってきてて、ライブ映えする感じ。そろそろ披露できると良いなー。

お楽しみに!

ではでは。

AD

「深き森の迷路」全曲解説第5回

テーマ:
5回目!

このままいくと全曲いけそうな気がする!

5回目は5曲目「HITSUJI SAVE ME」について。

今更だけどタイトルの最後にビックリマークつけてもよかったかも。

「HITSUJI SAVE ME!」

羊よ、我を救いたまえ

的な意味です笑

ここんとこずっと寝れなくて。。。

寝れない夜の実体験を元に歌詞を書きました。

まず、枕の位置が決まらない。
横がいいのかあおむけがいいのか、はたまた枕なんかない方がいいのか。
寝る姿勢って重要だよね。

変に力入ってるような気がしてどれも定まらない。

左を向いても右を向いてもダメ。

結局布団をはねのけて叫ぶのです。(叫びません。ちょっとため息つくぐらい。)

風呂に入ったら寝れるかなー、散歩に行ったら寝れるかなー、とか思うけど結局目が冴えて寝れない。

羊を数えても寝れない。羊は我を救わない。

寝れない寝れない寝れない寝れない

と思ってたら朝の4時くらいにちょっと意識失ってたり。
「あれ、俺、今寝れてたよね?わーい!」
とそのまま起きて仕事へ。

昼くらいに眠気が来て休憩中は目覚ましかけて寝てしまうのです。(これは俺の場合)

この曲のイントロのチャルメラみたいなキーボード、ホントは3曲目、「夏のイリュージョン」のイントロだったのです。
が、夏のイリュージョンの雰囲気に合わないと思ったし、このチャルメラをテーマに一曲作りたいなーと思ったので今のイントロになりました。

Sublime的なレゲエパンクにしたかったのでダークなスカ調。我々お得意のジプシービートです。

デモの段階では「夏のイリュージョン」とかなり似ていたので似すぎないか心配したのですが、アレンジしていくうちにまったくの別物に。

サビのメロディはギリギリまで悩みました。

サビの9小節目から高くなるのですが、本当はサビのドアタマもこのメロディでした。
でもBメロからの流れで聞くとサビの入りがあまりパッとしなかったので今の音に。
後半にいくにつれてコードもドラマチックになります。最後のベースが落ちていくとことかベタだけどグッとくるっしょ?

ケツのコードはお得意のメジャー終止。マッドシュリンプスとかでも使ってるやつ。普通はマイナーにして綺麗に終わった感出すんだけど、「寝れない夜が延々と続く」感じを出したくてわざとメジャーにして終わらない感じにしてます。簡単には寝かせないよ?笑

最後の方に作った曲、というのもあり、みんなバタバタでちゃんとデモが作れなかったので完成品を聞いて1番「おお!」となった曲でもあります。

今作はなるべくデモから完成品に近付けるように心掛けたんだけど、完成した時の「え、この曲よくない!?」っていう驚きがなくなったので、この曲だけでもその驚きが味わえて良かったです。
その驚きが初聴きのリスナーの反応に1番近いもんね。

俺も一応リスナーだから自分の曲聴いて驚きたい!笑

騒がしいビートだし、合いの手もあるし、ライブではだいぶ盛り上がる曲になるんじゃないでしょうか。

リリース前からやっていけたらよいなーと思っているのでお楽しみに!

ではでは。





AD
4回続いたー!

昨日は大阪でライブでした。
ちょーお世話になっているイベント、オニオンナイトに出演。
会場は大好きな梅田シャングリラ。

懐かしい顔がいっぱいでエモいMCしちゃいました。。

良い日やったなあ。

4回目は4曲目、「ブルーライトディスコ」について。

この曲、レコーディング一週間前にできたのです。ホントは違う曲が入る予定だったのだ。
事の始まりはマイケルと俺のコンペ。ZIP-FMのレギュラーラジオ、「M.M.HOUR」が祝1周年とのことでテーマ曲を変えることに。

マイケルも作りたい!と言ったので俺とマイケルでコンペ。
テーマはドラクエ3に出てくる砂漠の街、イシスで流れるような曲。

インド音階が得意なマイケルと俺はお互い30分で仕上げる。

結果的にラジオでは俺のやつを採用。

でもマイケルのはボツにならなかった。
なぜなら俺がスゴくスゴく気に入ってしまったからである。

はるきち「これめちゃいいからこのリフをバックにラップ歌いたい!」
マイケル「あー、適当に打ち込んどきますねー。」
はるきち「サビは適当に良い感じのコードでお願いします」
マイケル「あー、適当に打ち込んどきますねー。」

…30分後、出来上がったオケに適当にラップを入れる私。
サビもふにゃふにゃいれる。

更に30分後には出来上がったデモをメンバーに送り、即採用。

名曲ができるときは意外とあっさりしていたりする。

何日も作りこんでこねくり回した曲より感覚でバーっと作ったやつのほうが良かったりする。
音楽の魔法ってやつなんでしょうか。

以前、ツイッターで「音楽の魔法がきかない時代、それを補うのは技術だ」っていうツイートをしたんだけど、
THE BOOMのファンだという方(年配の方なのかな?)から「技術で音楽作ると見透かされますよ。経験が足りないんじゃないですか」と苦言。

ミソッカスのCDも持ってるというその方の愛ある指摘に、脳裏に浮かんだのはこの曲のこと。

今回のアルバム、全曲とっても良いけど、この曲だけ特別な音楽の魔法がかかってる気がするのです。

ブルーライトディスコ、その人に聞いてほしいなあ。

なんだか一歩進めたような気がした曲。

歌詞は男女のすれ違いを書きました。ラップといえばディスだけどこの曲の雰囲気に合わないなと。
別にこういう経験があったとかじゃないんだけど、
バックサウンドから浮かぶイメージや景色に引っ張られて言葉がバンバン出てきました。

良い曲。

フルを楽しみにしててね。

ではでは。

AD