ベビーベッド

テーマ:
これは必ずしも必要ではありません
ですが、おうちにスペースがあるのならお勧めです
どんなものか書く必要は無いかも知れませんが念の為。

一般的には木で出来たおりのようなもので大抵のものは
70~80センチくらいの高さにベッド部分が来るように
なっています。ベッドの下部分はデッドスペースになる
ものと、荷物入れになるものとがあり後者がお勧めです。

買ってしまうと子供が育ってから邪魔になるので
レンタルや知り合いなどから貸していただくほうが
良いかと思います


とりあえず利点ですが
・埃を吸わせにくい(地べたよりはって程度ですが)
・寝返りをするようになってからの移動制限
・つかまり立ちしだした時の移動制限
・抱っこするときに腰への負担がちょっと軽い


って感じでしょうか?
これからのパパママさんの中には子供を閉じ込めるなんて!
とおっしゃる人もいるかも知れませんが
いざ育ってくると非常に目が離せないんですよ^^;
ハイハイなんかしだした日にはゆっくり料理もできません
あっちで頭をぶつけ、こっちで何か拾っては口にいれ・・・

とまぁほかにも色々あるのですが、もちろん
かまってくれる人がいるときにはしっかり相手をしてもらって
手を掛けれないとき、離せないときには重宝しますよ^^
AD

沐浴(もくよく)の用意

テーマ:
哺乳瓶と共に毎日の作業となるのがお風呂です。
(赤ちゃんの入浴を沐浴と言います。)

ここで必要となってくるのは

「ベビーバス」
  これはあったほうが楽という程度ですね。
  代用できるものがあればなんでも良いと
  思うのですが、とにかく清潔に。
  (6ヶ月くらいになれば親と一緒のお風呂で
  かまわないと思います)
  ちなみにウチのは栓が行方不明で困ってます(笑)


「ガーゼ」
  体を洗ったりちょっと拭いたりに使用します。
  これはなるべく手触りのソフトなものの方が
  赤ちゃんにも良いでしょう。
  なにかと使えるので多めにあって損はないです。

  (体洗い専用の手袋や布もあります)

  
「バスタオル」
  これも出来れば赤ちゃん用のがあると安心ですが
  肌触りの良いものであれば大人のものでもOKです。



沐浴だけなら基本的にこれで構わないと思いますが
やはりちゃんと洗いたい場合は石鹸、シャンプーも
用意していきましょう。

「ベビーシャンプー」
  ベビーというだけあって匂いと刺激が抑えてあります
  どうしてもいるものではないと思います。


「ベビーソープ」
  これもシャンプーと同じく匂い、刺激が少ないですので
  肌の弱い大人にもお勧めですよ!
  うちは アカチャンホンポの無添加固形石鹸を愛用してます
  僕は吹き出物多いのですがこの石鹸を使うようになって
  マシになりました^^



大体これくらいが沐浴に必要なものでしょうか
以下はあると便利ですよ~って程度のものですが
参考程度に紹介いたします

「沐浴用温度計」
  赤ちゃんに適した温度ってあるわけで
  大人の適温では熱すぎます。
  これあれば適温が分かりやすいです。


「沐浴用入浴剤」
  あせもの出来やすい赤ちゃん用にケア的な
  入浴剤もあります。
  ウチの子は結構なあせもッ子でしたが
  これを使ってるときは結構マシになりました。


AD

哺乳瓶の手入れ

テーマ:
哺乳瓶を買ったら手入れって要りますよね
これがまた面倒なんですよ

哺乳瓶と乳首を洗うのがとにかく面倒!
洗いにくいし消毒しなきゃいけないし・・・。

まず洗うとこですが、これは赤ちゃん用の
食器洗い洗剤
がありますのでそれを利用しましょう。

で、いざ洗うときですが普通のスポンジじゃぁ
洗いにくくて仕方ないです。

そこで専用のブラシの登場な訳ですが
哺乳瓶本体を洗うブラシと乳首用のブラシがあります。

これが無いとホント洗いにくいです。
乳首も裏返して洗わなきゃいけないし・・・。

そんでもって洗った哺乳瓶は殺菌消毒をしないと
いけないわけですが、これもやり方が色々あります。

薬剤つけ置き
 ミルトンとかの薬剤につけ置き殺菌する方法

煮沸消毒
 沸かした熱湯の中で5分ほど置き、殺菌します
 最近は電子レンジを利用したものもあり
 結構便利ですよ^^

煮沸だけでは倒せない菌もいるとのことなんですが
個人的には煮沸だけで十分な気がします
AD

哺乳瓶えらび

テーマ:
うちは母乳の出がいまいちだったこともあり
基本的に哺乳瓶での授乳でした。

「うちは母乳で育てるから哺乳瓶いらないや」

とおもわれる方もひょっとしたら
いらっしゃるかもしれませんが、要りますよ~
お乳だけでなく果汁ジュースやスポーツドリンク
水にお茶など色々ありますよっ

でもこのスポーツドリンク、飲ませてもよいと
書いてあったり、必要以上に飲ませないほうが良い
と意見が分かれているのですが、こちらを読むと
個人的にはよほど汗をかいたとき以外はやめておいたほうが
よいのかな?と思います。

で、哺乳瓶の話に戻りますが
哺乳瓶の先の飲み口のことを「乳首」といいます。
旦那さん、恥ずかしがってないでご一緒に さんはいっ

チクビ
(11/6頂いたコメントより色をピンクに修正(笑))

はい!もう大丈夫!安心してお買い物行けます!
会社帰りに買ってきて~なんてことになって
売り場が分からないときに店員さんに聞くのに
最初ちょっと抵抗ありますからね!大胆に行きましょう!

※言わせといてなんですが、ほかにも「にゅうしゅ」
「ちちくび」とか言い方があって、医療のほうでは
「にゅうしゅ」みたいです。でも僕はちくびで。

・・・話がそれましたが
この乳首、種類が色々ありまして何が違うかというと

:素材:
 生ゴム  そのまんまです。違いがかよくわかりませんが
      めいはこっちの方が好きそうでした。
      結構はやく痛みます。
 シリコン 結構丈夫で洗いやすいですが、後で書くY字やX字のものは
      先端がボロボロになりやすいです。

:カット:
 飲料が出る先端の部分の穴の形状ですがこれも色々あります

 丸型   一番でにくいものです。
      吸う力のしっかりしたお子さんはこれでいいでしょう

 Y,Xカット  丸型よりも弱い力ででてきます
      吸う力の弱いお子さんにいいでしょう

 飲ませてみも大して飲まずにすぐ寝てしまう時、
 吸う力が足らずにうまく飲めず、疲れて寝てしまう
 場合もありますのでよく様子をみてあげましょう。


あとは哺乳瓶自体も種類が色々ありますが
お子さんの飲む量、持ちやすさなどで選んであげれば
良いかと思います。

番外編として、プレイテックスというものがあって
これはうちでも使ってたのですが結構便利でした。
でかいのがちょっと難点ですが、上を向かなくても出てくるので
子供の体制を気にせず加えさせておけますし、外出時もかさばる
本体は一つで済みますんで荷物の面でもよかったと思います。

出産準備号 おしりふき

テーマ:
嫁さんのつわりも終わり、生活ペースも以前の
様に戻ってきて随分楽になりました。

けど嫁さんはこれからどんどんお腹が大きくなって
移動が困難になってきます。
しかしうちには車が無く移動手段は自転車、バス、電車
…ううぅすまないだよワシが不甲斐ないばかりに;;


さて、気を取り直して


つわりが終わったことで色んなところにお出かけ
しやすくなりますんで、出産に向けての準備を
そろそろ意識しだす頃ですが

ベビー用品を選ぶのってめちゃ楽しい♪
よその夫婦見ても幸せそうな顔で選んではりますよ

これ似合うかな~? おぃこっちはどうだ?
うっふふふ~ えっへへへぇ~


見たいな感じで見てるこっちが恥ずかしくなります
(もちろん僕も恥ずかし光線出してますぜ!)

そんなこんなで楽しいお買い物期になるわけですが
これはあったほうがいい、これはいらない
ってものを買い物しながら随時思い出して
アップしていこうかななんて思ってます。


まず最初は「おしりふき」&「おくちふき」

これはホント何にでも使えます!超便利!
名前の通りの用途もありますがそれ以外にも
日常生活でもガンガン使えます!
言ってしまえばウェットティッシュなんですが
色んなものを拭くのに手軽で便利ですよっ!

ちなみにウチでは時々台拭きに使ったりもしてますが
汚れもさっと落ちていい感じですわよん♪