VS 妊婦

テーマ:
== パパサイド案として ==


一般的に妊娠中の女性は情緒不安定になりやすく
ちょっとしたことが原因でケンカになったり
してしまう傾向がありますが
(もちろんあまり変わらない人もいると思います)


どうしても理不尽で我慢できないときって出てきますよね
ぐっとこらえるのも良いんですが、溜まってきちゃいます。

そこで対処法としてこんなのいかがでしょうか

1.それでも我慢してみる
  奥さんがこんなに情緒不安定なのは自分たちで作った
  子供がスクスク育っているから。
  奥さんが日々イライラのまんまじゃ子供にもよくない。
  奥さんの為に我慢じゃなく子供の為に我慢するのだと
  考えてみるというのはいかがでしょう?

  
2.いっそケンカをする
  といっても相手をつぶすケンカじゃなく
  お互いの意見を言い合うケンカ。
  自分はどう考えていてなぜ、今ケンカしているのか
  ちゃんと話し合って、すっきりしてみる。


・・・と偉そうに書いといてお前はどうだったんだ?
と言われそうですが、今思い返してみて
「こうしてればもうちょっとラクだったかな?」
というのを案として書いてみたものなので
効果の程はわかりません(オィオィ

AD
区役所や病院などで行なわれる妊婦教室。

出産を控えた妊婦さんたちに対する講座みたいなもんですが
地域によっては妊夫に対してもやってるところがあるみたいです。


うちは妊婦メインだったのですが、平日休みがあったりしたのと
興味(正しい知識なら知っておきたい)ってので参加希望を
申し出たらすんなりOkもらえました…が

案の定?山ほどいる妊婦さんの中に一人だけ男という状態^^;
ちょっと皆さんの目線がこわかったり^^;
(後日、パパさん連れてくるママさんもちらほら増えたそうで
ちょっとはキッカケになれたかな???)




散々ここで言ってきましたが、予備知識あるのとないのとでは
何かあったときの動揺の仕方が違います(と今改めて思います)
知ってれば大した事ない事象って結構多いです。


赤ちゃんの出来る仕組み、母体に必要なこと・・・産まれてからの事、etc
色々教えてくれますし、参加したいといえばまず
断られることはないはずなので、新米パパさん達!
時間が合うのなら参加してはいかがでしょうか?

:同日中に一部修正行ないました:
AD

つわりのときって

テーマ:
あくまでパパサイドからです ^^;

嫁さんホントに自己中に見えてしまう。
あれやったら怒られたり、やってっていわれたからやったのに
なんか知らんけど怒り出したり。
機嫌よく手伝っていることまでケチつけたり。

情緒不安定になるのは分かります。
生理のときも結構納得いかないことあったりするけど
つわりの場合期間長すぎだよ!
いつまでこんな状態に付き合わなきゃいけないんだ!


・・・ってのが一人目のとき。
ケンカもよくしましたよ・・・(トオイメ

でもやっぱ二人目できて(2回目にもなれば)やっと
落ち着いて考えれるようになったのですが

子供は二人で作ったもの。
出産まで育ててるのはお母さん。
妊娠中の母親の負担は相当なもの。


っていうようなことを考えると、嫁さんが出来ないことは
僕がやらなきゃ って思うようになりました。
とはいっても、苦手な家事は嫁さんまかせなトコ多いですが(笑)

けど、やっぱり気遣いができるようになると
一人目のときよりケンカも減りましたし
嫁さんが楽そうなのを見るとやった甲斐があったなとか思います。

嫁さんから言わせると「私だって要領分かったから随分抑えてるよ」
と言われますが、やっぱお互いで支えあっていかなければ
いけないものなのだなぁと感じました。

ママサイドのことはいまだはっきり分かりませんが
僕からこれからパパになる人へ。
僕の話を聞けとおこがましいことは言いませんが
つわりに関しては結構いろんなHPで紹介、討論されてます。
これをこうしろではなく、予備知識をもっていれば
けっこう楽でしたよ。



というお話でした・・・。
AD

気象予報士?

テーマ:
ちょっとした環境の変化で体調が左右される妊婦さんですが
雨が降る前っていうのが結構つらいみたいで、スグに分かるみたいです。

こないだも僕は全然気づかないくらい天気良かったのですが、嫁さんが
「あ~調子悪くなってきた。なんか雨きそうじゃない?」
っていうんですよ。まぁ確かに朝よりは曇ってるかな?くらいだったのですが
言ってる間に雨が降り出しました。

他のお母さん方もそういう傾向はあるらしく、気温、湿度、気圧あたりの
変化を敏感に捉えているんでしょうね。
今年は特に台風が多かったりで余計つらかったそうです。

・・・この能力を使って気象予報できないかな?
石原さんよりは当たりそう・・・^^;

つわりについて

テーマ:
前回つわり中のメニューについて書くと申しましたが
その前につわりについて少々パパサイドから触れてみたいと思います。

つわりははたで見てても正直、どれほどの辛さかわかりません。
人によって程度がずいぶん違うみたいですが、ほぼ一日中横になってるは
動けば気持ち悪いって言うはとパパさんは腹が立つかもしれません。

でも体の中で別の生命をすごいスピードで育てているのです。
負担もきっとものすごいものだと思います。
「つわり 対策」などで検索をかければ結構な数のサイトがかかりますが
いかにお母さんが大変かわかるかと思います。

早ければ妊娠後数日からつわりが始まり、長い人では出産直前まで続く人も
いるらしいですが一般的には12~16週くらいで治まってくるそうで
その間に、子供の手足など基本的な部品が作られるそうです。
だからパパさん、16~20週位までのものだと割り切って
サポートに回ってあげましょうねー

つわりのときには空腹、満腹があまりよくないみたいなのでうちでは
いつでも食べれるようにおにぎりを作って置いみたりしたのですが
結構よかったみたいでちょっと楽と言ってました。

ささいな事でもいいみたいです。
奥さんが楽にいられるよう、いつもよりちょっと気遣ってあげるのが
一番のつわり対策になるのではないでしょうか?




・・・きれい事言いましたが 正直イロイロ疲れますw
でも一生続くわけではないので頑張りましょう~
もう一月くらい前でしょうか
妊娠検査薬で二人目の存在を確認したので、そろそろ病院に行っとこうか
なんてことになりまして、11週くらいで初めて産科へ行きました。
一人目は嫁さんの実家で出産だったのですが、二人目は地元で。ということになりまして
地元で病院を探したところ、嫁さんの友達も結構利用しておりTVでも結構取り上げられている
病院があったのでそこにしたのですが
結構待たされたあげく (待つのはどこもいっしょですが^^;)お医者様からのお言葉は・・・

お医者様「うち、ぜんそくは診ないから」

嫁さん「はぁ?」

お医者様「まぁ一応診るだけみますけどね」

ぜんそく診ない・・・確かにうちの嫁さんは喘息もちなんですが(といっても軽い方みたいですが)
そんな事は初診の問診票に書きましたが?えぇ書きましたよ。しっかり。

診ないなら診ないでいいんですよ。よそにいきますから。
つうか分かってるのなら問診票を書いた時点で断れよと。意味無い問診票なら書かせるなよと。
そんで簡単なエコーだけ見て、「はい、赤ちゃんいますね」・・・ってだから来てるんでしょうがと。

結局馬鹿高い初診料だけ取られまして、紹介状も無く別の病院にいくことになったのですが、そちらではしっかりしたもので色んな検査や問診をしてくれました。

で、この場合最初に断ってくれないものかと そのスジに聞いたところ

問診票を受け取った看護婦の判断で診察を断る事はできないそうです。
医師の判断無く断るとそれはそれで問題みたいです。


つまり、こういった目にあいたくなければ うちの場合 「ぜんそく持ちなんですがこの病院は見てもらえますか」 と聞いておけばよかったみたいです。
初診料って結構痛いので、みなさんもご注意を。