ミソガール365日味噌活宣言

ミソガールは味噌が大好き、365日味噌活宣言中!


テーマ:
 


トキ米応援大使ミソガールです。



佐渡にお住まいの親子を対象としたイベント
「佐渡ごはん交流会」(佐渡市主催)。



今年の集大成、活動の報告も兼ねて。



 



まずは、佐渡市農林水産課の西牧主任から、イベントの趣旨を説明。




 



佐渡みそまる、秋バージョンで登場。
えっ、これがほんとにみそ??と皆さん、目をまんまるに。



デコレーションしてるのは、
左から、アーモンド、金箔、紅イモフレーク、あられです。
 


 



ミソガールからは、活動報告&GIAHSの紹介ほか、
私が感じた佐渡の魅力をお伝えしました。



普段地元だから意識されないかもしれませんが、
美しい自然や文化、おいしい食、あたたかい人々…。
佐渡にしかない魅力をたくさん感じることができました。



また、来週、ミラノ万博日本館のイベントで
佐渡の魅力や取組みを発表することを、地元の皆さまにご報告。



  


そして、佐渡のみそまるづくり。
良質のお米でできた麹をたっぷりつかった佐渡産のみそ、
荒波のり(佐渡産)、ねぎ、あげを使用。
そして、佐渡金銀山をイメージした金箔をトッピング。



あと普段食べなれていないだろう、
「八丁みそ」をブレンドしたみそまるも用意。



 



気持ちいい~!と言いながら、コロコロ転がす子どもたち。




  



小さなお手てで、上手にまるめます。



  


大人はシックなチョコトリュフ風、子どもはかわいくキャンディ風にラッピング。



 



「これは便利!早速やってみるわ」
「プレゼントにもピッタリね!」
とお母さんたちにも好評でよかったです。



  




 


お次は、元マルダイ味噌杜氏の松本健至さんの発表。
改めて、みそってどうやってできるか、
プロの解説に、皆さん興味津々。



トキ味噌づくりの様子
http://ameblo.jp/miso--girl/entry-12033993253.html



  


トキ米の麹、佐渡産の大豆、塩
を使用してつくったみそがついに完成!!



世界にひとつしかない、
とってもおいしいみそに仕上がりました~~~!!!




残念ながら、こちらはサンプル品で販売はしませんが、
いつか商品化できるといいなぁ。


 

  



ちょりママさん&ちょりちゃんからは、
田植えから、収穫までの体験記を発表。
http://ameblo.jp/chorimamebiyori/



 
 


そして、佐渡の郷土料理をアレンジした、
ちょりママさんオリジナル、お鍋でつくる「いかめし」づくり。



一夜干しを使用しているので、びっくりするほど手軽で簡単、
しかもおいしい~~~!!!



娘のちょりちゃんが、イカが苦手だったのを克服した、
お子さんにぜひ包丁を握らせてほしい。
などなど、お母さん目線での進行に、終始和やかなムード。
お母さんたちも共感されていました。




  



また佐渡の皆さんにお会いできる日が楽しみです。





 










 












 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミソガール(JAPAN MISO PRESS)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります