ノーズワックス

テーマ:
昨日は蒲郡で
ZIP-FMプレゼンツの番組イベントでした☺︎

小顔セミナーということで、
天白区のフェイシャルエステサロン
Nico faceのエステティシャンの皆様にきて頂いたのですが。

終了後。
鼻に突っ込まれました。

{F8675568-FA32-43B2-B146-740F9CE26317:01}
これを
{927E9E13-1861-4B94-94D4-22AC496D176F:01}
くるくるして

えっちょっと待って ぐさっ
{27DEE2FB-44E2-4096-8CA8-49B52B43A87A:01}
ちょっとーーーーー!!

ノーズワックスですって。

鼻に棒入れても私はMISATOよ。
的な。
{F43DB533-843B-456B-895A-CE47A89B5ED5:01}

てへ。

MISATO
AD
Noel Gallagher’s High Flying Birds
@ZEEP 名古屋
{C6F7BA5B-DA79-4CF1-AF48-42F4DD6EE969:01}

スカッと晴れてるより雨でダークな空が更に似合ってた。
空まで演出ですか兄貴。

10分遅れのスタートまで、ノイジーなヘビーなサウンドが会場に響いていて
「ちょっとやばいところ来ちゃったよ」って言うような好奇心と緊張感、ちょっとピリッとした空気感が張り詰めていました。

ステージにはギター・ベース・ドラム・鍵盤・サックスそしてセンターにノエル。
{82D0118E-D2EA-4E86-B1B8-7481257C1C26:01}

2時間の中で全20曲の演奏。

名古屋の会場ってここまで盛り上がれるんだ!という嬉しい空気を吸い込んで
(来日アーティストの皆さん☺︎もう名古屋飛ばしなんてしないでよ。と思いながら)
重厚感のあるサウンドの中にどっぷり浸かる。

オアシスの曲も。
Champagne Supernova
Don't look back in angerでは
もー会場大合唱。
{F9604726-C372-48F8-BFB4-920DF1CC7D17:01}

曲間では常に会場から
I love you!!Noel!!
って話かけてるんですが
I know I knowって
かるーくあしらって

ノエルの曲では、例えばThe Mexicanはアレンジで大人な感じに。
Ballad of the mighty Iでは始まる前に
おい、ちょっと黙れ!F○○kin!
今の自分の作る音や歌い出しの会場の雰囲気作りへのこだわりも感じる。

一言もHey!japan!!とかNagoya!なんて言わなかった。
(ちなみに先月のPitbullはNagoya!を10回以上言ってくれてたなぁ。お祭り番長だからね)
リップサービスなんてないけど、それがそのままのリアムの姿で尚更しびれた。

ノエルが歌ってる姿、喋ってる姿を見て本当にこの人で実在するんだと。

個人的にはピンスポあたってのギターソロに釘付けになりました。
その光と
会場いっぱいになったオーディエンスの視線を全部ひとりで受けて
白いTシャツでステージの真ん中にいる姿。

ロックスターを見たよ。

オアシス結成から21年目。
このギターとともに今までもこれからも歩いていくんだなと。

ノエルの兄貴はリアムの兄貴なだけじゃなくて私達の兄貴でい続けてくれてる。

最高の夜をありがとう!
AD

SOIL&"PIMP"SESSIONS TOUR 2014/2015

テーマ:
10/3 仙台からスタートしたツアー
SOIL&"PIMP"SESSIONS TOUR 2014/2015
名古屋club クアトロでのLIVE
そして年をまたいで先日
1/30 恵比寿リキッドルームでファイナルを迎えました。
photo:02



名古屋公演もとびっきりかっこよかったけど、ファイナルは全国それぞれのパフォーマンスの集大成ですから。一際素晴らしかったです。


いわゆるJazzって、大人で繊細なしっとりしたイメージがありますけど、DeathJAZZを掲げているソイルは一味違う。

クラブで出会ったメンバーが集まったチームなだけあってアングラに極力近く、ディープな要素のある、でも日本の音楽シーンでも通用するポップさも併せ持った音作りなんですよね。

ビッグバンドって他にも沢山あるけど、ソイルは一人一人の魅力が最大限でている人数編成だと思う。

トランペットタブゾンビさんとサックス元晴さんは鋭いアクセントや派手なラインが中心なので、とにかく曲中の流れの変化を生み出す、音の立ち上がりの瞬間がかっこいい。
一息であの長さのフレーズ吹ける?!っていうプロ技。
常にロングブレスダイエット状態の元晴さん、美木良介さんに負けず劣らずな体つきです。

そんな、トランペットとサックスの派手さを生み出す為のリズムとビートを刻むのがドラムのみどりんとウッドベースの秋田ゴールドマンで、ここがないとグルーヴが生まれない訳で。

ただ激しいだけじゃなくてjazzの魅力である繊細さはピアノの丈青さんの流れる旋律が中和させてるんですよ。

そして何と言ってもアジテーターである社長。
社長がいるからDeathJAZZの醍醐味を思う存分に味わう事ができます。

社長の一つ一つの動きにファンの皆のボルテージが変わっていくのがよく分かります。

こうゆうバンドはやっぱり言葉も年代の壁を越えるから、外国人も多く来てたし、年代も幅広かったです。

ソイルの2015年は3月にオーストラリアでLIVE。
そして5月にはライムスター主催のフェスに出演が決まってます。
ライムスターからお花も届いてました。
その後の夏フェスなどもまだ公開してないけどスケジュール決まってきてます。

生音が体の中で響く重低音を体感してほしい。

社長いつもありがとー!!
photo:01

AD