★試写会中毒★

michi です。 試写会がキッカケで映画にハマり、8年目を迎えました。 そんな私が書いた映画感想です。 
ストーリーはさわりだけ書いてます。 感想は時に、いや、思いっきり、ネタバレあり!! 


テーマ:
08.08.25アイアンマン

満 足 度:★★★★★★★★
   (★×10=満点)
 
監  督:ジョン・ファヴロー
キャスト:ロバート・ダウニー・Jr
      ジェフ・ブリッジス
      テレンス・ハワード
      グウィネス・パルトロー、他




■内容■

 億万長者で発明家の
軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、
視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。

 やがて自分の会社の兵器が
テロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、
自ら戦闘用のスーツを作り
“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。
                       (シネマトゥデイ より)


■感想■

 このところ、アメコミヒーローものの試写が続いています。
私はアメコミのアイアンマンを知らないのですが
随分前に予告編を観たとき、痛快な印象がありました。
そして、主役のロバート・ダウニーJrには
少しクセのある印象を持っていたので
ヒーロー役だと知り、驚きました。

 日本では、デビューまもない若い男の子がイケメンヒーローとなり、
幼児とその母親達に大人気だけど、
アメリカンヒーローは大人も大人、
30~40代の男性がヒーローになることが多いよね。
アメリカの方が、ヒーローファン層が幅広そう。
人としての深みや苦悩が出てくる年齢にヒーローを設定すると
物語にメリハリがついて、面白くなるのかも。

 ミサイル販売から、打って変わって自分用の戦闘服(鉄)制作へ。
今回は、その天才トニーの奇矯ぶりと熱い突っ走り具合が、
私が持っていたロバートへの印象とピッタリでした。
どことなくオチャメなところもね。
それに、人間の深みや苦悩といっても、
何か大きな悲劇を背負ったヒーローというのではなく、
天才お金持ちの趣味の延長的な臭いが漂っているあたりも
何があっても辛気臭くならないロバートっぽい感じだったよ 笑。

 洞窟で、しかもお手製でアイアンマンスーツ第一号を
完成させたのには驚きだけど、
試作を重ねて完成に近づいていく過程は見所の一つで、
観ていて面白く、快感です。
コンピューターと会話をしながら試行錯誤するあたりは、
超合金世代やプラモデル好きの方は
尚更面白いのでは?と思いますね。
まさに、趣味のお部屋ですね。。。。

 それと、ヒーローもので主役の周囲にいる人の
気苦労が絶えないのはお約束です。
ここでも色々とつじつま合わせをしてくれる人材が登場しますが、
トニーはいかにも「後はよろしくね~!」というタイプなので
励ましや気遣いではなく、100%後処理班なの。
ダークナイトの執事・アルフレッドより大変そうです。
やっぱりお金持ちの趣味だね。。。。笑

 ヘコんだ後の切り替えが早いトニー、
天才ってこういうものかもしれないね。
一味違ったヒーローもの、
キャラがどこともかぶってなくて面白かったです。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。