08.02.09ライラの冒険

満 足 度:★★★★
   (★×10=満点)
 
監  督:クリス・ワイツ
キャスト:ダコタ・ブルー・リチャーズ
      ニコール・キッドマン
      ダニエル・クレイグ
      エヴァ・グリーン
      サム・エリオット
      サイモン・マクバーニー、他



■ストーリー■

 英国・オックスフォードでは、
人間と、守護精霊であるダイモンが行動を共にしている。
12歳のライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は
好奇心旺盛で正義感のあるお転婆な少女。
幼い頃に両親を亡くし、
ダイモンのパンタライモンとジョーダン学寮で暮らしていた。

 ある時、
学寮を訪れたライラの叔父・アスリエル卿(ダニエル・クレイグ)は
教権らに命を狙われる。
ダストと呼ばれる謎の粒子が関係しているようだ。
アスリエル卿はその謎を解明しようと、北の地へ向かい、
ライラは、何かの危機を感じた学長から
「黄金の真理計」を手渡された。

 叔父と入れ替わるように、
ロンドンの研究者・コールター夫人(ニコール・キッドマン)が
ライラを訪ねて学寮へやってくる。
そして「北の地へ一緒に行こう」と
ライラを学寮から連れ出すのであった・・・。


■感想■

 原作を読んだか否かで感想が大きくわかれそうな作品でした。
私は、原作を読んでいないのに加え
ファンタジー系が少し苦手なので、
やや偏った感想かもしれません。。。

 ニコール・キッドマンとダニエル・クレイグが出演するので
大人も楽しめそうなファンタジーというイメージがありましたが、
ストーリーが、思っていたより子供向けだったかなぁ。
 
 けどね、ライラ自身は、
ちっとも子供っぽくありませんでした!!
熊は騙すわ、コールター婦人はやり込めるわ、
泣かない、愚痴らない、やたら強い、
なかなかしっかりはてなマークした子供でしたよビックリマーク

  もし近所にこんな子供がいたら、
  どちらかというと、かわいくないーーーー。。。
  と思うタイプかも 汗。


 ニコールは、キリリとした顔にピッタリの役だったし、
ダニエルは、イメージ外だったファンタジーに
思った以上に溶け込んでました。

 ただ、面白そうな展開になりそうな予感がした瞬間、
さっさと次の話に進んでしまったり、
窮地に追い込まれても、
あっけなくライラが機転をきかせてトラブル解消
仲間も初対面なのに簡単に集まってきたし、
何か大きな山場を期待していた私は、ちょっと・・・・・。

 を蒔いて出てきたを、
さっさと刈り取っちゃった!
でも、刈り取り半端。。。みたいな感じでした。

 コールター夫人の騙し?の告白をあっけなく蹴散らしたわりに
アスリエル卿を「お父さん!」というライラ。
都合のいいとこだけ信じるのかよぉ。。。
原作を読んでる人は、背景を知ってるのかもしれないけど、
この3人、本当はどういう関係なのか、
次回作では明らかになるといいなぁと思いながら
エンドクレジットを眺めてました。

 ちなみに、オフィシャルサイトで20の質問に答えた結果、
私のダイモンは「Philon」  
ねずみのようです!



AD

コメント(4)