★試写会中毒★

michi です。 試写会がキッカケで映画にハマり、8年目を迎えました。 そんな私が書いた映画感想です。 
ストーリーはさわりだけ書いてます。 感想は時に、いや、思いっきり、ネタバレあり!! 


テーマ:
07.02.07世界最速のインディアン
満 足 度:★★★★★★★★★★ 
      (★×10=満点)
 
監  督:ロジャー・ドナルドソン
キャスト:アンソニー・ホプキンス
      クリス・ローフォード
      アーロン・マーフィ
      クリス・ウィリアムズ
      パトリック・フリューガー 、他





■ストーリー■

 ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。
小さな家に独り暮らしているバート(アンソニー・ホプキンス)は
早朝からバイクの爆音を轟かせる名物の老人だった。
家族もなく、暮らしも貧しかったが、若い頃は優秀なエンジニアだった彼は、
自ら改良したバイクで、数々の国内記録を残していた。
爆音の苦情はあるが、温かい人柄から町の人々に慕われてた。

 バートの夢は、米国ボンヌヴィルの大会で世界記録に挑戦すること。
苦心して改良したマシン“インディアン”号とバイク少年からの餞別を手に、
ライダーの聖地目指して出発した。
                           (CINEMA COMIN'SOON より)

■感想■

とにかく、良かった!

「年よりは、暗い部屋の隅で死ねばいいと思ってるだろ。。。」
っていう予告編一発目のセリフが強烈だったこの映画、
予告編を観るまでは、インディアンのお話だと思ってたよ~冷
あらすじを読んから、絶対にスクリーンで観たいって思ってて、
レディースデーを狙って、行ってきました。

 インディアンは人ではなく、
オートバイ赤バイク1920年型のインディアン・スカウトでした。
1967年に68歳で1000cc以下の部門で
世界最速記録を達成した伝説のライダーを、
ホプキンスが演じてます。
そのサクセス・ストーリーとパワーに、とても感動したよビックリマーク

 バートは、アウトローな男。

                 お茶コーヒーは、金属味の水で
映画観ればわかる →   草刈は、火メラメラで          
                 肥料は、尿キラキラ
                          こんな感じ。

で、ユーモアもあって寝ても覚めてもバイク大好きな
バイク野郎なんです。
ある意味、バイク以外のことでは、赤ん坊赤ちゃん 2のようなオッサンですよ得意げ
それが意外にかわいいのだ。。。。ビックリマーク

 私は、ホプキンスに、クセありの怪しい役の印象が強かったの。
で、どちらかというと
「派手な動」より「存在感のある静」な演技をする人だと思ってた。
レクター博士とかね。。。。ガーン
それが今回、熱い男(スポーツマン?)グーを演じるホプキンスを観て、
これまで想像もしなかった清々しさを感じたよ。

顔にシワはあっても、心は18歳だ

まさに、夢への熱い想いも、生き方も、このセリフ通りなのグッド!
バートは60代なんだけど、青春爆発って感じよクラッカー

 バイク仲間、近所の人、旅の途中で出会う人、などなど、
周りの人も、そんなバートの姿に何かしら感じてて
それがスクリーンからも伝わってきますラブラブニコニコ 

 ボンヌヴィルに出発する朝、
トム(隣人の少年)の気持ちに加え、その両親の気持がわかった時に
大涙第一波がきたね。

 その後、港に向かう途中での、赤バイク野郎達のお見送りに
ニ波がザッパーーーン波
その後も、笑いと感動が次々にきて、
なんでこんなに涙が出るんだろう。。。ってくらい泣いたよ。
ボンヌヴィルのシーンでは、涙ダムが崩壊したらしく、
大涙ドドドドーーーーーッでした。
ナイアガラ状態ね。

映画館、満席だったんだけどね、
鼻水汗すすりっ放しだったから、隣りの人ビックリしてたかもね。。。

 上述したセリフと共に、もうひとつ、心に残ったセリフがありました。

一生より、充実した5分間がある

ダメ、、、もうね、思い出して泣きそう。。。。

 見渡す限りのソルトフラッツにも感激したし、
観て損はない映画だと思います~。
かなりのお薦めグッド!


AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

michiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。