★試写会中毒★

michi です。 試写会がキッカケで映画にハマり、8年目を迎えました。 そんな私が書いた映画感想です。 
ストーリーはさわりだけ書いてます。 感想は時に、いや、思いっきり、ネタバレあり!! 


テーマ:
06.10.23虹の女神

満 足 度:★★★★★★★★ 
      (★×10=満点)
 
監  督:熊澤尚人
キャスト:市原隼人
      上野樹里
      蒼井優
      酒井若菜
      相田翔子、他




■ストーリー■

 小さな映像製作会社で働く岸田智也(市原隼人)は、
毎日先輩達から怒鳴られている新米社会人。
ある日、TVで飛行機事故のニュースが流れ、
大学時代の友人・佐藤あおい(上野樹里)が乗っていたことがわかった。
このことに、会社の中は騒然となった
あおいは以前、同じ会社で働いていて、
智也は、あおいの紹介で今の会社に入ったのだ。

 告別式の日、上司と共にあおいの自宅を訪ねると、
そこには学生時代の映画研究会のメンバーが来ていた。
そして、あおいの部屋から、
脚本・佐藤あおい、主演・岸田智也の
「THE END OF THE WORLD」の8ミリが見つかる。
これは、昔みんなで撮影した自主制作映画で、
あおいとの思い出が沢山詰まっているものだ。。。。


■感想■

 鈍感で、優柔不断で、天然智也。。。を演じてる市原くん、
こんな弟がいたら、毎日連れまわす!!ってくらいかわいい。
かわいすぎるっ!!
あおいが惚れるのも納得。。。と言いたいトコだけど、
同級生でこんな男がいたら、 ヤ!
はるか年下だから、かわいいって思えるんだよね。
あおい、若いのに母性本能ドキドキ有りすぎだゾ。。。

 しょっぱなに、あおいが死んじゃうオバケから、
智也の回想で物語りが進みます。

 2人は、微妙な出会い方で知り合ったのね。
それがまず「友達」という枠を作ってしまったと思うの。
で、身近にいてあたりまえの存在になった頃、
「THE END OF THE WORLD」の撮影
この頃から、あおいの気持に変化恋の矢があるんだけど、
智也、全く反応ナシパンチ!
相手がここまで鈍感だと、もう今更、告れないよねショック!
あおいの切ない気持を強がりと、照れ隠しで、
上野樹里が上手に表現してたと思うべーっだ!

 そして、私がとっても気になった人。
それは智也の彼女役の相田翔子帽子ワンピースくつ
                        ↑↑↑
                   すっごいブリブリなの


「スピードカップル誕生」への潜入取材で知り合うんだけど、
私の市原くんを、あっという間に

     捕って、、、、

     喰ったの!!
雷雷

早業でしたガーン
参考にしよ。。。。メモ

 あともう1人、やっぱ蒼井優ちゃんは、存在感がありました。
盲目の役なんだけど、
鈍感な智也と、意地っ張りのあおいの気持を
誰よりも一番わかってたと思う。
最後のセリフで、私はかなり、泣かされちゃいました

   ↓↓↓

「馬鹿だよ。。。お姉ちゃんも、岸田さんも。。。。」

脳天気な智也が、あおいの気持を知った時、
自分にとってどれだけ大きな存在だったか改めて知って、
初めて涙あせるを流したラストシーンが印象的でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

michiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。