★試写会中毒★

michi です。 試写会がキッカケで映画にハマり、8年目を迎えました。 そんな私が書いた映画感想です。 
ストーリーはさわりだけ書いてます。 感想は時に、いや、思いっきり、ネタバレあり!! 


テーマ:
満 足 度 :★★★★★★★ (★×10=満点) 
監  督 :オリヴァー・ストーン
キャスト :ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・ドーフ 、他


■ストーリー■ 

 2001.9.11同時多発テロ。
標的の一つとなったワールド・トレード・センターへ港湾警察官は駆けつけた。
現場は厳しい状況だったが、閉じ込められた人々を救うべく、
ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)、
ウィル・ヒメノ(マイケル・ベーニャ)ら5人は
ビルの中へと入っていった。
 
 しかし、次の瞬間、ビルは崩落。
5人は地中深く閉じ込められてしまう・・・。


■感想■

 9.11というと、私はあの日の深夜、
自宅でTVをつけながら仕事の書類を作っていたの。
書類が一段落して何気にTVのほうを向いたら、
何かの映画か?と思われる映像ビルメラメラが写ってたのね。
でもそれにしてはこんな時間に映画なんて、んなわけないよね・・?と、
音量を上げてみた。
そしたら何だかわからないけど何か大変な事が起きていて、
どのチャンネルでも同じ映像が流れていたの。
私は、パニックになっている人々の様子やビルの煙を見ても、
現実に起きていることなんだっていう認識をするまでに時間がかかったのね。
この映画のほかに、9.11同時多発テロを題材にした映画は
「ユナイテッド93」もあるけど、
二つの映画の予告編を観た時、
馬鹿みたいに平和ボケしていたあの日の自分を思い出してました。

 あれから5年。
オリバー・ストーン監督が、大惨事から奇跡的に生還した男の実話を基に、
リアリティにこだわって撮った「ワールド・トレード・センター」の
完成披露試写に行ってきました。

 映画が始まってわりと早い時間にタワーが崩壊。
そこから先ずっと、
ジョン役のニコラス・ケイジとヒメノ役のマイケル・ベーニャは瓦礫の下。
本当はもう1人生きていた人がいたんだけど、
絶望的な状況に耐えられなくなって悲しい結末をむかえるのね。
同じ職務に就いている人でも、精神力の違いに驚きました。
人間だから当たり前なんだけどね。。。
だけど、遺族にとっては、この映画は辛いものになったかも。。。って思ったわ。

 私は、この事件を全世界が絶対に忘れてはならない事件だと思ってるの。
アメリカだけの問題ではない気がしてます。
未だに何が原因で何が悪いのか、誰にも答えは出せないことだし、
永遠に解決しえない問題のような気もするのね。
たとえ、原因がわかったところで、亡くなった人たちは戻ってこないわけだし。
だから、この日命を落とした人たちに、今生きている人間ができる事といえば、
この日起こった出来事を絶対に忘れないことだと思うの。
やっぱり、「命」より重いものはないと思う。
自分の気持を誰に投影させるか、
誰の視点で観るかによって随分感じ方が変わると思うけど、
1人でも多くの人々がこの映画を観てくれればいいなと思っています。


AD
いいね!(0)  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。