[みさと天文台友の会 松本のブログ] 星も音楽もド素人なのに何故か会長になってしまった松本の悪戦苦闘の日々(会長就任4年目に突入)

みさと天文台は和歌山にある紀美野町立の天文台です。友の会は星とみさと天文台を愛する人の集まりで、ボランティアで出張観望会を開催したり、天文台でのイベントを魅力あるものにする為に活動しています。 友の会に入会すると、みさと天文台の機関誌が毎月送られてきます。


テーマ:

昨夜、メガパーセク12月号の発送作業をしました。

メガパーセク(通称:Mpc メガパー)はみさと天文台友の会が発行している機関誌です。会員になるとこれが毎月送られてきます。

昨日のメンバーは助っ人の紺谷さんと小庄さん(二人とも友の会の会員さん)、世話人の北さん、奥田さん、天文台の山内研究員とわたくし松本でした。

世話人の皆さんは本業を持っておられるので忙しくて来られない事もあります。嫌な予感がしたのでお手伝いをお願いしておいたのですが予感的中でした。

発送作業のあとはお菓子を食べながら12月のイベントの内容を確認したりしました。

12月もイベントが一杯でスタッフはてんてこ舞いです!

個人的に松本も今回はかなりテンパっています。

子供の塾の送迎の為にかなり多くの時間を取られてプライベートの時間が殆どありません。

今回も発送用の封筒の印刷が一部間に合わなくて翌日にずれ込みました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月の出張天文教室として和歌山大学で開催されるおもしろ科学まつりにみさと天文台が出展します。

「青少年のための科学の祭典 - 2016おもしろ科学まつり・和歌山大会 -」で出張天文教室を行います。おもしろ科学祭りの詳細は、こちらをご覧ください。
多数の出展の中、みさと天文台では「ホシゾラGO Ver.3D -3D映像で宇宙旅行を体験しよう-」と題した出展を行います。皆様ぜひお越しください。


 日時 2016年11月12日(土) 午後0時30分から午後4時(最終入場は午後3時30分)
    2016年11月13日(日) 午前10時から午後4時(最終入場は午後3時30分)
 場所 和歌山大学(和歌山市栄谷930) (天文台ではありません) 

 会場へのアクセスは、こちら(おもしろ科学まつりのページ)をご覧ください。
 参加 天文台の出展への参加は無料です。
 備考 開始時間等の詳細は追って掲載いたします。お待ちください。

 

イベントポスターはこちら(ファイルサイズ:約1.3MB)、出展者リストなどの載っているチラシはこちら(ファイルサイズ:約1.9MB)からダウンロードできます。

 

昨年は講演会として参加したみさと天文台ですが今年は本格的にブースを出します。

http://ameblo.jp/misaten-tomokai/entry-12095607360.html

昨年、主催者と色々お話しをさせて頂いた時に「科学系のブースが多いので是非天文系の展示をして欲しい」と言わたのが現実になりました!

友の会もお手伝いに行く予定です。会場に来られた時はみさと天文台のブースにも寄って下さいね。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は月に一度の星空サークルでした。

昨夜も総勢18名で賑わいました。

初参加の神戸の女性3人組、常連の岸和田の西村さん、海南の角野さん、抦本さん、橋本の鶴谷さんご夫婦、吉村さんとお友達の大谷さん、北さん、荻野さん、有田市の小池さん、久しぶりに和歌山市の元山さん、林さん、初参加の津村さんの合計(+松本)18名!天文台スタッフは矢動丸台長と山内さんの2名を入れると20名!テーブルを4列も出しました。

 

星空サークルの内容は

矢動丸台長・・今月のトピックス

         目に見える光以外の観測について

山内研究員・・・紀美野町の観光用のポスターについて

松本・・・旧暦のお話

 

サークル終了後の観望会では月齢9の月が出ていましたが意外と沢山星が見えました。望遠鏡も持ち込みを含めて3台、双眼鏡が1台、スターポインタ1台と賑やかでした。松本は所用があり途中で退出させて頂きました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 毎月第2水曜に開催している紀美野町「星空サークル」です☆ アットホームな雰囲気ですので、星好きのお友達を作るのに最高の場所です。小さなお子さんからシルバー世代まで誰でも参加できます。秋も深まり、夜風が冷たくなりましたので、暖かい服装で楽しく星を見上げましょう。お気軽にお越しください♪

↑先月の星空サークルの様子
 日付 2016年11月9日(水)
 時間 午後7時30分より午後9時30分頃まで
 場所 紀美野町中央公民館2F視聴覚室
 備考 申込不要、参加無料


内容
  季節に応じた話題をフレンドリーな天文台職員がご紹介したり、小型望遠鏡や双眼鏡を使って星の観望を行います。秋の星々だけではなく、冬の星座の先駆け(すばる)も現れるはじめ、夜空で季節の移り変わりを実感できます。ご要望に応じて望遠鏡を操作していただけるミニ望遠鏡教室も行います。

 

問合せ 紀美野町中央公民館(電話:073-489-5915)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は紀美野町のフランス料理店Chezみなみでみさと天文台友の会の総会がありました。

今回の参加者は昨年より4名増えて18名で会場はほぼ満席!

あと少し多いと本当に貸し切りにできるのですが・・・

今回も12時半からランチの客様が後ろの席に来られました。

営業時間前から特別に会場を提供してもらい総会をさせて頂いているのでこれ以上贅沢は言えません!

役員人事は全員留任になり松本の会長職も継続となりました。

また一年会長職をさせて頂く事になりました。

全力で職務を全うさせて頂きますのでご協力をよろしくお願いします。

会則の改定など色々な事案を決めましたが皆さんの活発な意見にとても刺激を受けました。

 

10時から初めて12時ちょうどに終了してお楽しみのランチ!

美味しいランチのフルコースを頂きました。

シェみなみさんの料理って本当にすごいボリューム!

昼間っからこんなに満腹になるほど食べると・・・・・・・・幸せです(笑)

 

一年に一度ですが友の会の会員の皆さんとこんな時間が取れるとこを幸せに感じております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜、メガパーセク10月号の発送作業をしました。

メガパーセク(通称:Mpc メガパー)はみさと天文台友の会が発行している機関誌です。会員になるとこれが毎月送られてきます。

昨日は友の会は世話人の森田さん、北さん、奥田さん、天文台の矢動丸台長夫婦、山内研究員、先日の和歌山城でお世話になった小庄さんとわたくし松本でした。

メガパーセク11月号は印刷会社のミスで全体に青みがかかってしまっていたのですが印刷をやり直すとお届けが遅れるのでそのまま発送してしまいました。

それにしても天の川の色もおかしいし、元気な子供たちの顔色が悪いのはマズイなぁ・・・

スケジュールは一杯一杯でやっていますのでこういうトラブルは本当に辛いです。

発送作業のあとはお菓子を食べながら11月のイベントの内容を確認したりしました。

11月もイベントてんこ盛りでスタッフてんてこ舞いです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜空の神秘「天の川」が肉眼で見える土曜日・祝日を中心に、天文台の夜の観望会が本格的なカフェ付きにアップグレードする日を設けます。天文台の照明をいつもより暗くするなど、天の川の観察環境もレベルアップいたします。
和歌山北部では最高レベルの天の川・星降る夜空のもと、リッチなコーヒーで体を温め、星空の神秘を堪能する──そんな至高の贅沢を味わってみませんか?もちろん、カフェでは子ども向きのメニューも用意いたします。

日付
2016年…10/22(土)、10/29(土)、11/19(土)、11/26(土)
2017年…1/28(土)
今後、上記以外にも開催日が追加される場合があります。このページで最新情報をお伝えします。
カフェ
18:30頃から22時まで営業、有料、
協力店舗のうちの1つが出店します。
観望会
19:30~20:30(1回目)、20:30~21:30(2回目)、参加費200円、
低倍率(8倍以下)の双眼鏡をお持ちいただくと、より一層天の川の美しさに迫れます。
場所 みさと天文台
協力 喫茶MADOKA、The STAND、SANDOYA

 

初回の10月22日(土)は喫茶MADOKAさんの出店の予定ですが天気が悪そうですねぇ・・・

悪天候の場合はカフェは中止します。当日の15時に天候判断し、天文台Webページにてカフェの実施/中止をお知らせします。


今回のイベントのポスターはこちらでご覧いただけます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月の公転周期は27日なんですが地球が太陽の回りを回っている為に地球上から観て同じ位置に来るのに多目にかかり29.5日周期になります。

地球上から見ると月は毎日約50分ずつ東へ移動しているように見えて29.5日後には同じ位置に観えます。

満月の少し前に夕方に太陽が沈む前に月が出るので太陽、地球、月がほぼ一直線に並ぶ時があります。これを「太地月一直(たいちげついっちょく)」と勝手に名付けて流行らせようとしています。

これは数年前のお月見会で松本が体験して感動したのでこの感動を他の方にも味わって欲しいと思ったからです。

先週の土曜日(10月15日)がその日だったので日没前にみさと天文台に行って来ました。

実はこの日、和歌山の月の出が17:01で日の入りが17:25でした。

しかしみさと天文台は東側に山があり月の出は少し遅くなります。

また、太陽は四国の山に沈むので少し早くなります。

実際に何分ずれるのか実測しようと思ったのですが・・・

東の空・・・曇っています・・・

西の空にも厚い雲が・・・

と言う訳で今回は実測できませんでしたが曇ったくらいでいちいち凹んでいたら天文なんて楽しめません!次回に期待しましょう!

 

雲っているから誰も来ないかと思われましたがやがて雲間に月が顔を出すようになったので通常の観望会のお手伝いとして望遠鏡をスタンバイ!

薄雲がかかったお月さまを来館者に観てもらいました。

遠方からお越し頂いたお客様も沢山おられ綺麗な星空をお見せできなかったのは残念でしたがまたのお越しをお待ちしております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日は「太地月一直」の日です!

知らなかった?

当然です!

私が勝手に名付けました(笑)

 

満月の頃(正確には少し前)日没の少し前に月が出ます。

西の空に沈む寸前の太陽と

自分(地球)と

東の空に出たばかりの月(ほぼ満月)がほぼ一直線に並びます。

以前、これをお月見のイベントの時に観て感動したので他の人にも観てもらおうと一人で拡散運動を開始しました。

 

明日10月15日、和歌山では月の出が17:01で日の入りが17:25です。

実際には和歌山の場合、南東側が山なので月の出は17:01より少し遅くなります。

また、太陽は四国の山に沈むので17:25より早くなります。

結果として10~20分間だけ「太地月一直」を楽しめるはずです。

 

みさと天文台で何分間観られるか実測する為に松本は夕方から天文台に行ってますので興味のある方は遊びに来て下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「十三夜」は旧暦の九月十三日の月の事で

中秋の名月(旧暦八月十五日)とともに古来日本では名月とされています。

別名「後の月(のちのつき)」とも呼ばれています。

 

昨夜は十三夜の観望会がみさと天文台でありました。

観望会の準備中には雲の合間から時々月が観えたのでですが・・・

月の館で月の説明が始まった頃には分厚い雲が南東の空に居座って全く観えません!

スマホの撮影用アダプタの準備も全て整ったのですが結局最後まで月を観る事が出来ずに撤収となりました。

 

「十三夜は無月(むげつ)」となりましたが帰りの駐車場までの道は影の出来ない淡い光に包まれていました。雲に遮られて月は直接は観えませんが月光が乱反射してぼんやりと風景が見えるのもまた風情があるものです。

明日は満月(旧暦九月十五日)です。

ゆっくりとお酒でも飲みながら眺めたいものです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。