[みさと天文台友の会 松本のブログ] 星も音楽もド素人なのに何故か会長になってしまった松本の悪戦苦闘の日々(会長就任4年目に突入)

みさと天文台は和歌山にある紀美野町立の天文台です。友の会は星とみさと天文台を愛する人の集まりで、ボランティアで出張観望会を開催したり、天文台でのイベントを魅力あるものにする為に活動しています。 友の会に入会すると、みさと天文台の機関誌が毎月送られてきます。


テーマ:
今度の土曜日は緑風舎でコンサートがあり、二年前に緑風舎に来られた川本嘉子さんが再来されます。
個人的に私は川本さんのヴィオラが好きなので今回のコンサートがとても楽しみです。
「川本嘉子・上杉春雄 &ピアノ+TALKの夕べ」
2016.10.1 (土) 18:00開演 (17:30開場)
[出演]
    川本嘉子(ヴィオラ)/上杉春雄(ピアノ)
[プログラム]  
  TALK(上杉春雄)
  バッハ:ゴールドベルク変奏曲より 一部
  シューマン:女の愛と生涯
  ブラームス:ヴァイオリンソナタ2番ヴィオラ版(川本嘉子編曲)
  ブラームス:スケルツォ
[料 金]
   前売:4,000円(演奏会のみ)/5,000円(パーティー付/要予約・25名)
   当日:4,500円(演奏会のみ)
   学生:1,000円(under22)

 

お電話によるお問合せ受付 月・水~金(祝日を除く) 10:00~17:00

TEL 073-494-8466(チケット予約)

 

今回のプログラムでバッハのゴールドベルク変奏曲(一部)がとても楽しみです。個人的にはゴールドベルク変奏曲が全曲でも構わないのですが、これだけでコンサート1回分くらいのボリュームがあるので他のお客様から怒られそうです・・・
 
お席には少し余裕があるようですのでお聴きになりたいかたは是非!松本のお勧めです!
松本はスタッフとして最後部で照明を操作しているかドアの開閉の為に裏でスタンバイしながら聴いているかのどちらかになりそうです。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉宗将軍就任300年記念、忍者イベントの番外編として和歌山城でみさと天文台友の会が天文観察会を開催しました。

江戸時代に十二支が年月日時だけではなく方角にまで使われていた事や日本独自の不定時法や時間の表し方について話をさせて頂きました。最後に日本の古来の星座の名前の話をした後、実際に星を観てもらう予定でしたが曇天により殆ど星を観ることができませんでした。

雲間にこと座(うり畑)のベガ(織姫星)だけが顔を見せたのを観てもらったが唯一でした。撤収直後に雨が降り出して間一髪の観望会でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年春分と秋分の日に開催される夕日を見る会にみさと天文台友の会として初めて参加しました。主催のトンガの鼻の自然クラブとは相互協力団体になったばかりです。今回は天気予報では曇りのち雨で参加するかどうか悩みましたが次回の下見を兼ねて行ってきました。

↑左から抦本さん、松本、北さん(松本の手に持った鋏の先で地球儀が回っています!

天気は曇りでしたが時々太陽が雲間から観えてくれたので数年前の皆既日食の時に買った3×25の太陽双眼鏡が大活躍しました。秋分の日の太陽の位置を説明する為に持ち込んだ太陽と地球モデルも子供たちに大うけでした。

日没時間が近づくとさらに雲が厚くなり真西に沈む夕日は見ることができませんでしたが、みさと天文台のパンフレットときみのガイドマップを多量に配ってきました。

↑日没時刻の雑賀崎灯台から見える真西の空・・・厚い雲に覆われています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

主催のトンガの鼻自然クラブは雑賀崎・トンガの鼻の歴史環境と自然環境を保全し、活かすための活動をしている団体です。

毎年、春分と秋分の日に雑賀崎から真西に沈む夕日を眺めるそうです。

でも、どうしてその日は太陽が真西に沈むのでしょうか?

それを子供たちに分かりやすく説明をしたり、太陽望遠鏡で太陽の表面を観察したりという部分をみさと天文台友の会で協力させて頂く予定です。

・日時 2016年9月22日(木・祝) 14:00~17:00
・会場 雑賀崎灯台付近(和歌山市雑賀崎)
詳細はWebで→http://www.jtw.zaq.ne.jp/cfbmg608/newpage1.htm
 

天気だけが心配です・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜はみさと天文台で9月の天文教室「グラマラスな月見の会&月面を撮ろう!」というイベントがありました。

昼間は曇天時々少雨で、イベント開始時にも月は雲の中でしたが

もみのき食堂の又野さんとThe STANDの神谷さんが料理の説明を終わった頃・・・

やっと満月が顔を出してお月見らしくなりました。

マルイチ農園さんの梅ジュースで乾杯をした後、曲げ輪っぱに盛られたごちそうを頂きました。久しぶりに旨い物を食べた!って感じがしました。

これが紀美野の「本物のおもてなし」です!

食後のデザートの団子には栗のソースが掛かっていて

コーヒーととても相性が良かったです。

 

第二部は空の庭に望遠鏡を出して月を観てもらい・・

スマホやデジカメ、ガラ携などで月の写真を撮ってもらいました。

昼間の天気が悪かったので来場者は少し少なかったですが皆さんに楽しんで頂けた良いイベントだったと思いました。

 

お弁当が食べれなかった人達の為に「まどかさん」がおうどんの販売をして下さったのですが写真を撮り忘れました・・・すいません!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は月に一度の星空サークルでした。

昨夜も新人の方も来られ総勢12名で賑わいました。

常連の岸和田の西村さん、和歌山市の湯川さん、海南の角野さん、抦本さん、橋本の鶴谷さんご夫婦、吉村さん、北さん、山田さん、荻野さん、西貴志の上山さんの合計(+松本)12名!天文台スタッフは矢動丸台長と山内さんの2名を入れると14名!テーブルを3列も出していたのに満席になりました。

 

星空サークルの内容は

矢動丸台長・・お月とは

         お月見について色々  

角野さん・・・オーストラリア旅行記、南天の星空について

上山さん・・・西貴志のイベントの告知

山内さん・・・天文台のデジタル広告について

        ケンタウルス座について色々

        太陽光で宇宙空間を移動する宇宙船について

 

サークル終了後は前曇天で観望会はありませんでした。

終了後、二次会をコンビニで開こうとしましたが時間が遅くなったので解散しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日の木曜日は中秋の名月です。
みさと天文台では天文教室としてお月見会をしますが昨年までのパターンを崩してお茶会を行いません。
今年は「グラマラスな月見の会」(第一部 有料)として「もみのき食堂」が作る、中秋の名月にちなんだ一夜限りの特別メニュー「もみの木食堂のお月見弁当」をご用意します。
  日時 2016年9月15日(木) 午後6時から (受付 午後5時30分から)
  場所 紀美野町みさと天文台 月の館および星の塔
  参加 20名様限定の完全予約制
     お一人様 3000円、食事 ・ ドリンク・デザート付
  友の会会員様は当日500円キャッシュバック
  要電話予約 : 073-498-0305
 ※ もみのき食堂のお料理は、植物性100%の菜食料理です。肉、魚、卵、乳製品は使用していません。旬の最高の素材を使用するため、メニューは直前まで確定いたしませんので、食物アレルギーが心配な方は申込時にご相談ください。 
 
第二部はみなさんのお持ちのスマホやガラ携、コンパクトデジカメなどを望遠鏡に付けて「月面を撮って頂きます。こちらは予約不要で無料です。
The STAND(コーヒーやソフトドリンク)、喫茶まどか(月見うどん・よもぎもち)が出店を出して頂ける予定で。 
  日時 2016年9月15日(木) 午後7時30分から
  場所 紀美野町みさと天文台
  参加 事前申込不要、無料
  備考(天候について)
 警報発令の場合、イベントは中止になります。天候判断は午後3時頃に行いHPにアップします。
 
協力店舗 ご案内
  もみのき食堂
 築90年の米蔵を改装した建物を使う紀美野町くらとくり週末食堂として知られています。
 地場野菜を中心に一品一品手間暇かけて丹念に作りあげた菜食料理を堪能してください。
 お店のHPはこちら
  The STAND(The Roasters)
 和歌山市で(紀美野町で)スペシャルティコーヒーを自家焙煎する隠れ家的CAFEです。
 一度飲んだらやみつきになってしまう薫り高いコーヒーをお楽しみください。
 お店のHPはこちら
  喫茶まどか
 紀美野町役場美里支所近くでお店を構えている喫茶店も協力してくださいます。
 みなさんのお腹も心も満足させる料理(月見うどん、よもぎもち)を出してくださいます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎月第2水曜に開催している紀美野町「星空サークル」です☆ アットホームな雰囲気ですので、星好きのお友達を作るのに最高の場所です。小さなお子さんからシルバー世代まで誰でも参加できます。昼間は暑いですが夜風は冷たいこともありますので、1枚羽織る物をご持参下さい。お気軽にお越しください♪

↑過去の星空サークルの様子
日付 2016年9月14日(水)
時間 午後7時30分より午後9時30分頃まで
場所 紀美野町中央公民館2F視聴覚室
備考 申込不要、参加無料
内容
  季節に応じた話題をフレンドリーな天文台職員がご紹介したり、小型望遠鏡や双眼鏡を使って星の観望を行います。夏の主役だった土星や火星から、秋の星々へと夜空も移り変わっていきます。ご要望に応じて望遠鏡を操作していただけるミニ望遠鏡教室も行います。

問合せ 紀美野町中央公民館(電話:073-489-5915)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ABOBA四重奏団の歴史や各演奏家のプロフィールは前回のブログを参照してもらうとして・・・

http://ameblo.jp/misaten-tomokai/entry-12197139063.html

 

きびドームの舞台は左右の黒い布の後ろに空間があり音が抜けてしまうので音響対策用に反響板を立てるのですがこれが洒落にならないくらい重くて・・・

少ないスタッフでこれを地下から上げて来て組み立てるのはかなり辛い(笑)

 

組み立てながら・・・これってどの位置に置くんだっけ?

昨年の写真を参照にして位置を決めました。

「写真撮っておいて良かった!」

↑受付の様子(主催者の蓮教寺の和尚の菅原さんと檀家の奥様達、菅原さんの奥様)

演奏中を二階の調整室からパチリッ!

 

生の弦(ヴァイオリン、ビオラ、チェロ)と管(フルート)・・・やっぱり生音は良い!

コンサートの半分ほど舞台の袖で聴かせてもらいましたがきびドームって意外なほど袖の音が良いです!これは球体ドームの構造的特色だそうです。

 

途中でフルートの上松さんが抜けて弦だけになるので椅子と譜面台を1セット引いて残りの椅子と譜面台の位置を少し変えたり、照明を操作したり、舞台の袖で出演者に舞台に出るタイミングを出したり・・・

地味に働きました(笑)

左から畑野峻さん(ビオラ)、吉田紘子さん(バイオリン)、上松明代さん(フルート)、 若松さよりさん(チェロ) コンサート終了後、ホールのエントランスで記念撮影!

司会の塚本有咲さん、素敵なMCをありがとうございました!

出演者の皆さま、スタッフの皆さま、お疲れさまでした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末、有田川町のきびドームでABOBA四重奏団のコンサートがあります。

日時2016年9月11日(日) 開場13:30 開演14:00

出演 ABOBA四重奏団
会場 きびドーム(有田郡有田川町下津野2021)

主催 :ありだの里の文化を育む会 
連絡先 0737-52-2605 (菅原)
協力 有田川町教育委員会、喜多亭クラブ、みさと天文台友の会、ありだの里で踊りましょう

 

ABOBA四重奏団とは平成4年にビオラの畑野峻の呼びかけにより、当時勤めていた朝日放送の技術職仲間で結成したもので、団名の由来はその時のメンバーの血液型によるそうです。

その後、一部メンバーの交代あり、その中で最後まで活動をともにしたフルートの松岡信藏が平成17年に引退し、しばらく弦楽三重奏団として活動した時期もあるそうですが、デビュー以来、箕島でのコンサートは20年間休まず続けてきたそうです。

その後、平成25年にフルート奏者の上松明代を迎えフルート四重奏団として再出発しました。

演奏スタイルは音楽の原点ともいうべき楽しい演奏と親しみやすい選曲を旨とし、またプログラムにはかならず独自のアレンジによる日本の懐かしい曲を組み込むことを特徴としているそうです。

 

上松明代(フルート・作曲) Akiyo Uematsu

2000年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。大学在学中に「ハンガリー国際ミュージックマスターコース」に参加。ハンガリーという「国」「民族」「音楽」に魅了され、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。2002年帰国。その後ラジオのパーソナリティを務めるなど、演奏活動以外でも活躍。ハンガリーで学び持ち帰った「ハンガリー音楽」を、アルバム『レーギ・マジャール・ターンツォク』に収録しメジャーデビュー。2009年から作曲を学ぶために兵庫教育大学大学院へ入学。作曲と並行してハンガリー音楽を分析、文章に構築すべく、修士論文『ハンガリー音楽の軌跡~ハンガリー的要素を基とした創作曲への試み~』を纏める。『フルートのためのチャールダーシュ』は論文に即し作曲した完全オリジナル曲。2012年大学院修了。上松明代・オフィスTempo.F オフィシャルサイトhttp://akiyouematsu.com

 

吉田紘子(バイオリン) Hiroko Yoshida

京都市立芸術大学を音楽学部賞を受賞して卒業し、卒業演奏会に出演。これまでに中島美子、後藤維都江、木村和代、辻井淳の各氏に師事。現在、フリー奏者として大阪フィルハーモニー交響楽団他の客演や室内楽等、多方面で活躍中。『京都バッハ・ゾリステン』メンバー。弦楽カルテット『ドルチェ・ぷち』の第1ヴァイオリン奏者としても活動している。

 

畑野峻(ビオラ) Takashi Hatano

北京に生まれ、下関で育つ。中学3年からバイオリンを坂田哲夫氏に師事。昭和37年、山口県立下関西高等学校を卒業、京都大学工学部電気工学科に入学。同大学交響楽団でバイオリンを弾く。昭和41年、京大卒業、大阪の放送局に入社。あらためてバイオリンを高瀬乙慈氏に師事。本業のあいまを縫って大阪バロック室内楽団、ビエール・フィルハーモニック、関西フィル等でビオラを弾く。平成4年、ABOBA四重奏団を結成。平成16年放送局を退職しフリーとなる。

 

若松さより(チェロ) Sayori Wakamatsu

東京芸術大学・音楽学部・附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学・音楽学部・器楽科チェロ専攻を卒業。ニース夏期国際音楽アカデミー、ルスツ音楽祭でソロの講習を受講、また室内楽を京都フランス音楽アカデミー、デュオハヤシ室内楽セミナーで受講し研鑽を積む。これまでに故・堀江泰氏、故・津田朝子、黒川正三、河野文昭の各氏に師事。現在は関西の主要オーケストラや室内楽に出演する傍ら、各地のロビーコンサートやサロンコンサート、レストランでのソロ等でも活躍。後進の指導にも力を注いでいる。

 

みさと天文台友の会が協力に入っています!

松本はステージマネージャーとして舞台袖で譜面台を出したり椅子の位置を変えたりする予定です。

みさと天文台友の会の会員枠を設けています。友の会の方はご予約下さい。

  予約電話番号 073-495-2543(友の会事務局)

会員の皆様には会員証提示で前売り料金から更に500円のキャッシュバックをする計画していますので会員証をお忘れなく!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。