ラオスのなまはげ

テーマ:

やっぱりブログ更新、滞り中マリオ


ブログを始めた当初は勢いがあったんだが、


「秋田旅行」に行ってから、


少し、燃え尽き症候群↓↓



でも、そこは気合を出して、

これからサクサク更新していきますよまりおたん


そこで、


今回は 「ラオスのなまはげ」



なまはげブログ (ミサーチ)


私が多摩川河川敷でBBQをしていた時に、


たまたま頂いたビールが

ラオスのビール飲み会♪だった!!


ということで、その写真をTwitterにUPUP!したら、


お友達から、


「ラオスのなまはげ見つけたよ~!!」


て返信いただきまして。


有難うございました!



最近色んな人から、なまはげ情報を頂きますタモリ


私は 「引き寄せの法則」というものを信じています。


信じていれば叶う、そしてその時、


興味を持ったものは必然的にやってくるような気がします。


なので、私が「なまはげ」に興味があることで、


各地からなまはげ情報が、青プクプク紫プクプクどこからともなくやってきますヤラレ


だって、「ラオスのなまはげ」


絶対、自分では探せないと思うしルイージ



皆さんいつも有難うございます、そしてなまはげさん(なまはげみたいなモノも含め?)有難う。


これからも、自分の知らない情報が沢山入ってくるのだと思うと、


ワクワクすると同時に、ブログ更新しないとという使命感に襲われる今日この頃マリオ



ちなみにラオスのなまはげは、


ラオス創始の神と言われる夫婦

プーニュー・ニャーニュー忍者くん風

というものだそうです。


やはり、2匹1組で行動するのね…マリオマリオマリオ



AD

なまはげブログが滞り中・・・

(やることが沢山ありすぎて、泣き垂れる


まだ、秋田なまはげ一人旅も更新できておらず・・・

ぼちぼち、ゆるく書き込むとして、



今回は、お友達から頂いた、なまはげの写真


し、しかし!!


これはその彼女が

10年ほど前に、

相鉄線で偶然乗合わせた

なまはげ写真マリオマリオマリオ


な、なんと!!


なまはげブログ (ミサーチ)



そんなことが、あるのだろうかはてなはてなはてな



「奇遇にも、今日なまはげに会っちゃって、てへっはぁとハート2

て感じでいえないぞ!!


奇遇にも程があるクリボー


目をそらしても、視界に入ってくる、あのワラの服。


しかし写真をよく見ると、居眠りしているのか??


表情だけでは分からない!!


何処へ移動中なんですか、なまはげさんはてな


突っ込みどころ満載のお写真でした。


私もいつか会えるのか?

AD

ブログ滞り中!!

テーマ:



秋田なまはげ旅行について、


まだまだ書かなくてはならないことが


もり沢山!!


しかし、やることが沢山あり、出来ない状態。


なので、ワンブレイクついて、


今、制作中の


「なまはげ豆本」まりおたん


のイラストを。




ミサーチ


2010年6月12日に


東京卸商センターで行われる

(浅草橋駅徒歩3分)


豆本フェスタ2

http://mamefes.info/


で、なまはげ豆本、出展します。


ただ、なまはげに興味がある人が


いるかがどうかが不明はてなマーク



AD

②番バッターは


「能代のナゴメハギ」



秋田県能代(のしろ)市の大晦日に出現する。


番楽 秋田・山形県で正月などに行われる山伏神楽、能のようなもの)に使用する


様々な面を被り


(女、翁、狐、恵比寿様など)



ミサーチ


鉦(しょう)と言われる鐘


ジャンジャン鳴らしながらやって来る。



ミサーチ



結構、場内が暗いのと動きが速いため、


写真がうまく撮れませんでした紫プクプク

(言い訳です汗


感想としては、


ナゴメハギは、鐘を鳴らしながら家に入ってくるので、そういう意味では派手さはあるが、

存在としては結構普通な、無難なナマハゲ仲間でした。


しかし、髪型がポニーテール風で、イメージ的には


結構クール系でした。


ちなみに、現在、ナマハゲの仲間たちの豆本を制作中まりおたん







今回の「ナマハゲの仲間たち」は


秋田、男鹿のナマハゲを含め8つの団体が神事・行事を舞台上でご紹介。


ということで、


一番バッターとして、


でました、男鹿のナマハゲヤラレ


ミサーチ



ナマハゲ様(神様なので)は、


秋田県男鹿市(男鹿半島)で、


大晦日の18時位から0時までに各家々を廻り

(0時までに絶対家々を廻り終わらなくてはならない)

家内安全、無病息災、豊作を祈る行事である。


ナマハゲは

囲炉裏の前に居座り続けできた怠け者にできる

「ナモミ(やけど)を剥ぐ」が転じて→「ナマハゲ」になったとされる。


2体1組で行動し、地域によって違うが、


赤ナマハゲジジ(または兄)、


青ナマハゲババ(または弟)


であるとされている。


家に入る前に玄関で7回シコを踏み、

「ナマケモノはいねーがー」

「悪い子はいねーがー」

と子供や初嫁を戒め、

家で用意された御膳の前で5回シコを踏み、

お膳の前に正座をして、主人や家族(嫁・子供)と

「ナマハゲ問答」を行う。



ミサーチ


ナマハゲ問答と

ナマハゲが主人に家族が怠けていないかを問う。

そして主人が、

「うちの子は怠けてません」

「うちの嫁は怠けてません」

と守ることで、

主人の威厳が保たれ、またその子供が大人に成長し、

また「ナマハゲ」になるということで

伝統が保たれる。


ナマハゲ問答が終わると、

ナマハゲは3回シコを踏み、次の家に廻るマリオダッシュ


しかし、舞台上のナマハゲの話に、

会場内は爆笑うえでしたが、

私は秋田弁はチンプンカンプン


次は秋田弁でも勉強しますか

韓流スターの追っかけが韓国語勉強するみたいにうえ