久しぶりのブログです。

 

10月中になんとかブログの更新を!!!
 

10月は、毎週の様に県外出張で、ヘトヘトの10月でした(笑)

岡山や東北も日帰りという強行スケジュールショック

生まれて初めて「はやぶさ」に乗りました。

そして、帰りは、「はやぶさ」に乗る予定が、あろうことか

「やまびこ」に。。。。私はどこへ行くの???の世界。。。笑い泣き(涙)

方向音痴って治らないんですね。

5~6年、通いなれた道だからだ大丈夫と思ってナビを入れずに目的地に行こうと思ったら、

見事に道に迷って、予定時刻に到着できなかったことも。。あせる

自宅面談で、帰ろうと思ったら玄関ではなく、台所のドアを開けてしまったり。。アセアセ

さてさて。。


「統合失調症のひろば」に障害年金の審査のあり方について

思うことを書いています。

ご興味のある方は読んでみて下さいね。

Amazonでポチっと。。。

それから、

8月から使える様になった脳脊髄液減少症の診断書の書き方がわからない~~

という声が多数寄せられました。

 

そうですよね。

年金機構へ相談へ行った方が、その他の診断書を渡されて、

どこをどう書くとかの指示はなく、ただ、その他の障害用の診断書を渡されただけで

医師も患者さんも、どう書くの??と困ってしまった様で、

相談に見えました。

まだ、共済組合によっては、肢体の診断書を指定してくるところもあります。

早々対応してくれている共済組合は、その他の障害用の診断書を

 

 

使う様に指示が出るところもありましたので、

 

初診日が共済組合の方は、どの診断書を使うのか、

 

書類を取り寄せる時に確認した方が良いですね。

脳脊髄液減少症のその他の障害用の診断書で、ポイントになるところは

一般状態区分表のところですね。

ここは、十分に医師と話合って〇を付けてもらって下さいね。

血液検査などを書く欄がありますが、

記載する必要はありません。斜線でOKです。

診断書の裏面の自覚症状の部分は、沢山書いてもらった方が良いと思いますビックリマーク

この診断書で症状をしっかりと訴えることが出来る部分は、この自覚症状の欄だけですから。

 

他覚所見の部分は検査結果などを記入してもらって下さいね。

その他の障害用の診断書でも肢体の診断書でもどちらでも、

その症状に適した診断書を使用すると良いと思います。
 

車いすや杖を使っている方なら、

その他の診断書ではなく、肢体の方が適している場合もあります。

 

必要のない欄は斜線にしています。

 

私が手書きで書いた診断書なので、読みにくいかもしれませんが、

 

イメージとして、こんな感じ!と思っていただければと思います。

病気やケガで辛い思いをされている方、

みんなに障害年金が行き渡れるように。。。

先日、

ちょっと驚いたことがありました。

新幹線に乗る機会も多く、芸能人に出くわすことも多々。

先日は、岡山から小池知事が。。。

びっくりしました。

とても忙しそうでした。そして、テレビで見るよりもきれいな方でした~音譜

芸能人を見かける度に思うのですが、

一般人からは、かけ離れた美形であり、スタイルも抜群で、

とてもスマートドキドキ

テレビで見るよりもオーラがあってきれいです。

白石もオーラが出ます様に??

HPの写真、7年前のものなのでかなり今とは違うのですが、

面談の方々は優しくて、写真と全然違うとは一言も言葉にせず・・・。

(きっと言葉にできない。。。)
 

皆さん、有難うございますラブラブ

きっと面談の人たち

焦っているでしょうに。写真とあまりにも違うと。。。

写真と違うおばさんが面談でやってきても驚きません様に。。

では、

今日はこの辺で。。。

 

http://www.sharoshi-office.com/

 

AD

久びりのブログです音譜

8月ブログが更新できず・・・・

「ブログ、読んでますよ~~」の声を頂き

元気出て、やっとブログの更新です!

週刊朝日の方から連絡が入り、7月下旬に、三河安城の事務所までお越し頂き

障害年金のことについて色々と取材をされて帰られました。

その記事が、週刊朝日に掲載されました。

きっと福山雅治さんに惹かれて買われるんだろうな・・と・・・

そして、障害年金の記事までたどり着かず。。かも。。(涙)汗汗

‌障害年金という制度を知って欲しいという内容のものです。

それから

今週9月13日発売の、「統合失調症のひろば」に障害年金の審査について書いた原稿が

載ります。

もし、ご興味がある方、Amazonでポチっとしてくださいねビックリマーク


さてさて、

昨日もご相談いただいたのですが(今まで、どれだけご相談いただいたことか。。。)

障害年金の診断書が封筒に入れられ封印がされているため、

見てはいけないのか?

というご相談。

全くもって、封筒から診断書を出して見ても良いのです。

白石がこんな風に言ったって、

やっぱり心配だわ~~~という人のためにちょっと法的な解説です。

封をしてある診断書の開封の件について,

結論から言えば、

患者さんがお医者様からもらった封をしてある診断書を開封しても,

違法として責任を問われたり,診断書が無効となったりすることはないのです。

たしかに,刑法133条には,信書開封罪という犯罪が規定されていますね。

しかし,「信書」とは,「特定の受取人に対し差出人の意思を表示し事実を通知する文書」であるため

診断書は,医師が診断結果を記載する文書であって,

患者さんから作成を依頼されている以上,

当該患者さんが「特定の受取人」に当たります。

そして,「特定の受取人」以外の第三者が,「信書」を開封すれば,

信書開封罪が成立しますが,

「特定の受取人」がそれを開封することは何ら問題ありません。

ということで,

「開けても良い」という積極的な規定はありませんが,

「開けては駄目という規定にはあたらない」ということからであれば,

法的な説明は可能です。

でも、あくまでもこれは法的なことであって、

病院の先生の中には、診断書を本人が見て、精神的にショックを受けない様に

という配慮で診断書を封筒に入れ糊付けして封印をする

という方もいます。

診断書を見る時は、心の準備を。。。!


次回のブログは、8月1日スタートした脳脊髄液減少症の

その他の診断書についてアップする予定です。

その他の診断書、どこをどう書くんだ???

のお問い合わせが多いので。

では

今日はこの辺で。

 

http://www.sharoshi-office.com/






 

AD

 

本当に暑い日が続いていますね。

いつも行く知立神社で、カメさんが3匹になっていて、

驚きました音譜音譜音譜

新入り??のカメさんは、五角形のマークです。

大きくなったら、鳥居のマークになるのかな?

前回に続いて、三重県の桑名のツナガルオリヅルの写真です。

1枚の折り紙でできているんです。

すごいですよねビックリマーク

接着剤でつけているわけでもなく・・・本当に驚きの技術です。

さて、さて、
 

どうしても皆さんにお伝えしたいことがあって。。。

 

こんなハイペースでブログの更新です(笑)ビックリマークビックリマーク

脳脊髄液減少症の診断書の変更について、正式に厚生労働省から日本年金機構へ通知が出されました。

使用する診断書は、今まで、肢体の診断書でしたが、その他の障害用の診断書を使用します。

やっとでた~~~!!

という感じです。私たち、何度も東京へ行って、苦労したものね。。。。

8月1日受付分からその他の障害用の診断書がスタートします。

 

8月のお誕生日の人から、障害状態確認届が、その他の診断書になります。

病状によっては肢体の診断書でも使用できます。

その他障害用の診断書の1級~3級の事例集もできましたし、

今まで、専門医が書きにくいと言っていた肢体の診断書も8月1日から変わりますから

今後、多くの脳脊髄液減少症の患者さんが障害年金を受け取ることが出来る様になると思います。

本当に良かったと思います。

月末です!ねじり鉢巻き状態!!頑張ります!!

 

今日はこの辺で!

 

http://www.sharoshi-office.com/

AD