元普通の OL が好きな仕事で自由に働き、LOVE & MONEY を引き寄せ続ける 1,000 の秘密

好きなことを仕事にしたいなぁ~と漠然と思っている以前の私のような普通の OL さんでも、お金と時間と場所に縛られず、自由に働くことができるようになるための『女性が LOVE & MONEY を引き寄せ続ける成功の方程式』を学びましょう。


テーマ:



私はなんでこんなにハリポタが好きなんだろう、といつも思うのですが、なんていうか、もう無条件に面白くてしかたないわけです。

で、先日から私の中でマイブームとなっている、ハリポタのパロディをつくっていた The Hillywood Show© が、BBC AMERICA とか LADY GAGA からちゃんと承認されているパロディのプロなんだってことを知ったわけです。

で、彼らの他の作品を見ていたら、ヴォルデモートとハリーのダンスバトルっていうのがあって、これがまた、カッコいいのです。

7作めの映画 Harry Potter and the Deathly Hallows の2作目を紹介するパロディの中で、華麗なるステップを披露していたから、ダンスが上手いなぁと思っていたら、ハリー役の彼が本当にうまくて驚いた。

このダンスバトルのヴォルデモートは衣装がだぼっとしているので、身体の動きがわかりにくいけれど、足さばきとかを見てると、全身ものすごい運動量なんだろうってことが想像できます。

いやぁ、かっこいい。

これも、微妙に映画のパロディなので、ストーリーを知っていると細部まで楽しめると思います。


こちらかどうぞ 



でね、一通り終わって、あ、これで終わりか、ってところで、まぁ色々と凝ったところがあって面白いんだけど、しばらくそのまま見ていると、左下に メイキングを見る?みたいな表示が出ます。 

これを見てみたら、まぁ、また驚いた。
ハリー役って・・・!

なんていうか、色んな意味ですごいわ。


気になったら、もう一度、こちらをどうぞ。
HARRY POTTER - SO YOU THINK YOU'RE A WIZARD


3分半くらいのところ、
CLICK HERE TO WATCH THE BEHIND THE SCENES!
をクリック


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ハリポタのパロディを見つけて、その中から面白いなぁと思ったものを3つご紹介。

ハリポタがわかる人にしか面白さが伝わらないかもしれないし、ハリポタを知っている人でも、こういうのを面白いと思うのか判らないけれど。

でも私は面白くて仕方なくて、なんだか、こういうのを見てると、やっぱりこういうのがダイレクトに解るように、こういうのを面白いと思うネイティブと笑って話せるように、英語力をもっとあげよう!というモチベーションになるのであります。

3つ目はパロディの元になった原曲を知らなかったのですが、ひょんなことから見つけました。

Friday  Rebecca Black


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

この動画は、面白いという第一印象から、いったい何のためにここまでやるのか、という驚愕へと変わっていくのです。

 

今日はもうあえて余計なコメントは控えます。

 

 

 

 

 

あ、でも動画の背景だけは伝えておきますね。そもそもハリポタシリーズの映画化には結構な時間がかかっておりまして、最終巻の7作目はパート1、パート2という2部構成でした。

 

で、この動画は、パート1からパート2へと導くためのちょぴっとおさらいを含んだ予告編のようなもの、でもまぁ、やっぱりパロディか、と言えなくもない作品です。なので、ひょっとしたらハリポタのストーリーをご存知ないと面白さがイマイチ伝わらないかもしれません。

 

でもでもでもでも、ぜひ見てほしいのです。

 

あぁ、この動画については言いた事がたくさんある。でも、ぐっとこらえて、あえて一言だけ。

 

鉄拳は実は絵がうまい。そしてストーリーもイケル。

出典元 http://k2hair.exblog.jp/19645867/

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・なんかね、ハリーがちゃらいの。似てなくもないこともないんだけどっていうのがまた、なんとも言えないところなの。

 

これが、その動画です。

→ https://www.youtube.com/watch?v=qvgVMecNp0c

 

見る?見る?見てくれますか?

もし、最後まで読んでくださって、それから動画を見るよっていう方は、どうか、まず動画を見てみてください。なぜなら、この後、動画の内容のネタバレ書きます。

 

 

そして先に動画を見てくれるなら、途中で止めようかなと思っても、せめて、しもべ妖精ドビーが出てくるところまで。ここまで来るとあと少し。

 

もし余力があれば、もう少しだけ。さらにアクティブな動きが終わり、映画館のシーンになって、一瞬、真っ黒になるけど、そのまま少しお待ちください。最後の最後のエンディングロールのところも面白いです。

 

では、改めて、どうぞ~

→ https://www.youtube.com/watch?v=qvgVMecNp0c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかえりなさい。よくぞここまで付き合ってくださいました。

 

ハリーが、ハリーが、なんとも言えず、ちゃらい感じだったでしょう?あと、ハーマイオニーが、まるでアダムスファミリーに出てくる女の子か、シックスセンスでベッドの下から出てくる女の子みたいなうつろ~な表情だったでしょ。

 

途中でハリーがなんかアクドイ目つきっていうか、なんか言葉もね、悪い子のハリーみたいな感じになっているけど、あれはストーリーにのっとってパロディにしているものなのです。っていうか、例のペンダントのせいですね。

 

 

冒頭はイントロから始まりますが、ここで出てくるハリポタの書籍はアメリカ版、本と一緒に置いてあるものは、その巻のストーリーを示唆するアイテム。うまい演出です。

 

ポリジュースの場面で出てくるムーディーはどことなく中川家を思い起こさせ、でも「ハリーはどこだ?」と聞く声が映画のムーディーに似ています。その後で「I'm here. ここだよ」というハリーのノリの良さが何とも言えないちゃらさを醸し出しています。

 

蛇語のところでは、ヴォルデモートとハリーがラッパーみたいになってるし。

 

 

そして、ドビーが!ドビーが!もう、私はここで大うけでした。

 

 

パロディドビー

 

リアルドビー

 

マスターヨーダ

 

 共通項はなんだ?! ∑(・д・ノ)

 

 

 

軽快なダンスの後に映画館で7作目パート2を皆で見るという設定ですが、ここでまた、こんなヴォルデモートはイヤだ!みたいな場面が、ばかばかしくも面白く感じるわけです。

 

 

で、私がこの動画を見た時に、最初はただ面白く思いました。凝っとぉね~、ようこんなん作ったね~、っていうか、よう思いついたよね~って。

 

この撮影場所や場面があちこちに飛んで、映画のシチュエーションに近いんです。なんか、パロディの3位、2位に比べると、明らかに時間と撮影にコストがかかっているだろーと感じたわけです。

 

いったい何のためにこの人たち、こんなに本格的にパロディの動画なんか作っちゃってるわけ?と段々、いぶかしく思えてきました。

 

 

 

この動画を提供している The Hillywood Show®  というのをネットで調べてみました。どうやらプロの方達であるらしいです。http://www.thehillywoodshow.com/about/ 

 

サイトで、The Hillywood Show© is the brainchild of internet celebrities, ・・・・ と書いてあって、brainchild って何じゃろかと英辞郎に聞いたら、独創的な考え、発明物、発案物、独自、っていうような日本語があてられていました。へぇ~。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。