行政書士水崎晃彦 "misakingdom"

行政書士白熱講義主宰、多趣味な行政書士の徒然日記


テーマ:

今回は30代の会社員の方です。ほぼ一発合格と言っていいでしょう。問題演習に自分のビジョンをお持ちで、それを完遂したことが合格につながったと思います。白熱「演習」の方は試行錯誤で色々なアプローチを毎年しておりますが、問題演習というよりも問題を通して「解き方」を伝授するというのがコンセプトになっております。

開業の相談ですが、ご本人にもメール致しましたが、実務の講座を受けるのも手ですが、開業が確実ならば早めに登録して、単位会(支部)や本会(都道府県会)の研修に参加したり、役員の仕事をしたりして交流を深めるのが一番の手段かと思います。依頼を受ける中で成長していくものだと思っています。行政書士は実に色々なことができるので早目に専門分野を見つけてエキスパートになって欲しいと思います。今年こそ合格者の皆様との飲み会を開催しようと思っています♪

 

1.氏名 A K


2.年齢・職業 34才 会社員


3.受験回数 2回ですが、実質一回。(10年前に勉強せず受けて一般知識足切りの98点)


4.得点 法令136点 記述32点 一般知識32点 計200点


5.学習で工夫したことは
1) 十分な問題演習をする。

うろ覚えですいませんが、合格革命肢別問題集を8周ほど
合格革命千問ノックを6周ほど 民法はクイックマスター2冊を4周ほど 行政法もクイックマスター5周 一般知識は一問一答を5周
過去問分析して、点に結びつきそうなところを調べたり、池上彰さんの動画を見たりもしました。過去問より情報通信用語は総務省の子ども向けのサイトくらいしかでてないと気づいたのでそれを重点的に見ました。
2)何が必要か優先順位をたて、いらないものは捨てる。
実は白熱講義はインプットはほぼ聞きましたが、アウトプットはほぼ聞いてません。
水崎先生もよくおっしゃっていましたが問題解かないと点数取れません。
インプットも何度も聞くのは非効率です。
ただし、行政法の白熱講義は素晴らしいので何度か聞きました。
アウトプットは過去問での演習でしたので、貴重な時間を考えるとあまり聞く必要はないなと感じていました。(同じ問題はほぼ出ないので)代わりに他の勉強をしました。
模試も一回も受けませんでした。各問題集を最終的には記憶忘却防止のため一週間に一回転できるくらいやりたかったのでそれを優先しました。
3)法的思考能力を意識する
条文、判例の理屈を考えながら覚え、問題をとくということです。記憶が定着するとともに現場思考力が身に付きます。
4)過去問の分析し、戦略を十分たてる
これをしないとまず時間内に終わらないかと思います。時間配分考えます。あと、考えるのは文章理解の解き方は考えます。線を引くなり工夫し、接続詞などからキーセンテンス拾います。民法はでてない論点から出てる流れなので、直前期に重点的にチェックしました。
それで今回は8問取れました。憲法も国語的な問題が多いので、過去問よりどう解くかの型を決めておきました。あくまでも解き方の型を決めることや何をすべきか理解するためにも過去問分析したという感じです。

 

6.今後は? なるべく早く開業を目指します

 

7.水崎へ一言 今回はご指導いただきありがとうございました。開業においてご迷惑にならない程度の質問してもよろしいでしょうか?(ほぼ質問はしないつもりではいるんですが)
それと、軌道にのりましたら、一緒に飲んでいただくことはできますか?

 

2017行政書士白熱講義は民法の債権法にまもなくに突入! 迷ってる時間がもったいない! まだ十分間に合います。行政書士試験対策講座の決定版! サンプルなどはこちらから

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今回はやはり私と同世代の会社員の方です。色々と覚え方を書いて下さったのですが、このブログでは形式的に掲載できないのが残念です。これからの講義に取り入れていきます。彼のように受け身でなく、積極的に自分で暗記法を作ったりする方は合格率が高いように感じています。

 

1.氏名  A H
2.年齢  56歳 (会社員)
3.受験回数  1回
4.得点 202点(法択一114点,記述48点,一般40点)
5.工夫 別記1のとおり
6.今後 開業(60歳をめどに)
7.講師への一言 別記2のとおり
8.記述式内容  別記3のとおり


別記1
①勉強法のあらまし
行政書士試験はとにかく範囲が広い,どこから出るかわからない。
特に一般知識は過去問をやってもどんどん新問題が生まれその対策も難しい。
しかし,法令は別だと思った。法令の問題を毎年新しく作成することは無理だと思う。仮に1肢を新問題として作成できても,残る4肢は過去問からだと思う。過去問はそのまま同じ形では出ないが,正解を絞り込むための知識として覚えた。
(消去法で答えを絞り込むために,過去問をやるだけでも80%正解が出せるはずと。)

勉強法としてはむやみに先へ進まず,復習重視で同じ範囲を何回も復習してがっちり固めることとした。過去に宅建試験で先へ先へと進み,振り返ったら過去の内容をすべて忘れていて愕然とした経験があったことからです。
カメのような勉強法だから,白熱講義の配信スピードからはかなり遅れながらの勉強だった。

基本的スケジュールとして,月曜を憲法,民法は火曜・水曜,行政法を木曜・金曜とし,一般知識および全科目の過去問を土曜日曜にやることとした。しかし,行政法に入るまではその行政法の時間は憲法や民法の復習の時間とした。

3月から学習をスタートさせた。
まずは憲法から始めた。白熱講義を聞いて講義範囲の過去問を解いて知識を固め,行政書士試験の問題量では不足と思い,ブックオフで公務員試験の問題集も買った。
次に民法に移った。白熱講義を聞いて過去問に取り組んだ。宅建の民法とは比べ物にならないほど問題が難しい。行政法には至るまでは,その曜日は憲法と民法の復習日となった。
また,民法の家族法は出題されても1問だと判断して,および商法会社法も勉強する時間が無くなったのであとまわしにした。

民法の学習に並行して一般知識の対策を検討した。範囲が広すぎて対策が立てられないため,確実に出題される文章理解,IT,個人情報の3項目で得点することとし,とりあえずは文章理解について,土日集中形ではなく,平日を含めた毎日30分程度で始めた。(個人情報,現代社会は白熱講義のスケジュールに合わせ,ITは直前までに資料を集め,終盤に集中して覚えることとした。)
文章理解対策としても,ブックオフで公務員試験問題集(文章理解)および高校や大学の入試問題集を数冊買った。
開始当初は問題の半分以上を間違えたが,2周目になると何となく分かってきた。これまで,いかに独りよがりの解釈をして,日本語文章を扱ってきたかがよく分かった。また,高校や大学の入試問題集は行政書士試験とは問題の作り方が違ったので,勉強範囲から外した。

6月から,いよいよ行政法に入った。
民法も行政法もブックオフで公務員試験問題集を買い,過去問知識の不足分を補った。
地方自治法を含めると問題数が多く,手を抜くことはできない。もっと早くに手掛けたかったと反省した。行政法は地方自治法を含め,8月末までかかった。

9月からは白熱演習にとりかかり,並行して模試をLECで4回受けた。模試では行政法と一般知識が全然だめだった。しかし,文章理解はこれまでの成果が出て,正解を得られた。なお,1回目模試においては改正点の冊子がもらえてお得だった。

10月からはいよいよ記述に取り掛かったが,まったく書くことができない。だから,とりえず回答を音読した。その後,書くステップになるが,書くと時間がかかるため,頭の中で思い浮かべることとした。

11月には予想問題集を2冊購入し,改正点等含む新問題への対策をした。合わせて購入しておいたIT部門を勉強した。また,これまでの弱点カードを使用して,詰め込み記憶を行った。


②工夫したこと
・弱点の明確化
過去問をやって,2度間違えた項目はカード化して,11月からの詰め込み暗記のツールと考えていたが,カードではなくノートに書けばよかったと思った。
勉強を進めていくと,途中で「あれは確か... カード化したはず」と探すことがあったが,カードを探すのに時間がかかり効率が悪かった。




別記2
講義は録音音質もよく,聞きやすくわかりやすい講義でした。
また,IoTをピックアップしていただいたおかげで,1問ゲットできました。ありがとうございました。
それと工夫したことでも記載した「絶対効と相対効のマトリックス表」についてはかなり有効だと思われるので白熱講義にも取り入れていただき,皆で1問ゲットしちゃいましょう。

 

 

2017行政書士白熱講義は民法物権法に突入! 迷ってる時間がもったいない! 行政書士試験対策講座の決定版! サンプルなどはこちらから

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は行政書士・社労士法人に勤める方です。業務をやりながらだとモチベーションも上がるでしょうし、念願の資格取得ですね。社労士の方もきっと吉報を頂けると信じております。行政書士試験は科目が多いので、学習のバランスが大事になってきます。講義でも申し上げている通り、フレキシブルにスケジュールを変えていくことを実践されていて嬉しいですね。成績も反映させて(恐らく点数の低い科目を増やすことでしょう)のスケジューリング、見事です。

講義中の無駄話には賛否両論あり、二度聞きする時邪魔なのであまりしないでという声と、印象付けて覚えられるのでもっとして!という意見があります。個人的にはサブカルマニアなので、講義そっちのけで楽しい話をしたいのですが(笑) いつか飲み会で披露しましょう♪

 

1お名前 .K Y
2.年齢・職業 30歳 行政書士・社会保険労務士法人に勤務
3受験回数 .2回目
4.得点 法令 択一104点 多肢22点 記述54点
     一般知識 24点 合計204点
5.工夫したこと

①ひたすら問題を解く
②間違ったところはノートにまとめておき、たまに見る
③月~日曜日に何の科目をやるかをあらかじめ決めて、それにそって行う
④模試を受けた結果を加味して、勉強するスケジュールをその都度変えていく
⑤勉強した時間をカレンダーと数取り器で管理する(ペースを数字で確認出来るようにした)


6.今後の予定 社会保険労務士の資格取得の勉強中です

 

7.水崎に一言 水崎先生、本当に2年間お世話になりました。合格できたのは水崎先生のおかげだと思っております。低価格で丁寧でボリュームのある講義はもっと多くの方が体験するべきだと思っておりますので、行政書士を受験される方がいましたら、紹介いたしますね。
ただ教えるという事でなく、時には楽しい話を混ぜて下さったことが講義をより楽しく聞くことが出来ましたし、印象にも残りました。僕の感覚ですが、一昨年のほうが、そんなお話が多かった気がします(僕は水崎先生の話が好きでした)
それから合コンソーセージメンは一生忘れないと思います笑
本当にありがとうございました。
これからもたくさん行政書士を輩出する白熱講義を続けてくださいませ。
どうもありがとうございました。

 

2017行政書士白熱講義は民法に突入! 迷ってる時間がもったいない! 行政書士試験対策講座の決定版! サンプルなどはこちらから

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。