2009年08月25日

kiss scene21

テーマ:黄昏に偽りのキスを

 白里海岸付近には、いくつもの民宿やペンションが点在していた。今夜は、その中でも浜辺に近く雰囲気の良いペンションに部屋をとることにした。
 シャワーを浴び、ひと心地つく。窓をあけると磯の香りが部屋のなかに流れこんできた。京介はと見ると、物珍しげに部屋を見渡している。ペンションに泊まる機会など、これまでなかったのだろう。今度は宿泊客用においてあるゲストブックをめくりだした。頁をすすめては失笑をくりかえす。目の前にいるのは榛名の知っている京介ではなかった。昼の顔でも夜の顔でもない。おそらく、これが本当の京介なのだろう。京介はペンションが用意した白いコットンパジャマに着替えていた。スーツとのギャップに戸惑ってしまう。榛名の視線に気づいたようだ。京介はいくぶん表情を硬くするとベッドに腰を下ろし後ろ手ついた。
「斉藤さんは、大丈夫なんですか」
「嫌なことを思い出させるな」
「ですが、探しているかも知れませんよ」
 京介がテーブルの上においた携帯電話をちらと見る。榛名も先刻気づいたのだが、京介は携帯の電源を切っていた。斉藤の叱責が聞こえてくるようだ。
「大学のとき以来だ、無断外泊したのは」

 言って、京介が苦笑した。
「大学を卒業してから、ずっと貝原工業に?」
「ああ。兄貴の傍で雑務ばかりやらされていた」
「社長のことですか?」
 京介は軽く唇を尖らせると、すねた様子で仰向けに寝転がった。
「斉藤は、その頃から兄貴の運転手だったんだ」
「ずいぶん、長いんですね」
「……斉藤は、俺の母親の姉の子だ」
「はい?」
「俺とは従兄弟(いとこ)同士になる。もちろん、おやじは知らないが」
 どういうことだ。京介の母親は、京介が三歳の時に家を出て行ったときいた。ひょっとして、社長の良造は、その後も京介の母親と連絡をとりあっていたのだろうか。
「お母さんとは」
「会っていない」
「……そうですか」
 これまで疑問だった。斉藤が京介に対する態度だ。慇懃(いんぎん)な態度で接してはいるが、京介に対し、どことなく威圧的な感じがしていたのだ。従兄弟というのであれば納得できる。同族会社の影に、また同族。いっそう、お家騒動の色が濃くなってきた。十九年前の事件など、榛名の希望的観点からみた妄想であったのかも知れない。
「秘書を辞めるのか?」
 京介が訊いてくる。うかがうような面持ちだ。悪戯心が頭をもたげだす。
「辞めて欲しかったんでしょう?」
「金は必要じゃないのか」
 確かに誠一郎の苦境を考えると金は欲しい。だが、この一週間ほどの心労を考えると戻る気分にはなれなかった。せめて、自分のスタンスくらい確認できないことには、身動き取れなくなりそうだ。自分は何のために何をやっているのか。それすらもわからず振り回されるのは、もう耐えられなかった。
「僕は、お金だけじゃ動けないんです」
「……馬鹿だな、おまえ」
「大きなお世話です」
 京介が、どういうわけか嬉しげに笑った。無防備な微笑だ。日頃、偽りの微笑に慣れてきた榛名にとって、それはどこか扇情的で、我知らず鼓動がはやくなった。榛名は動揺をおし隠すように、いくぶん投げやりに言った。
「とにかく、月曜日は出社します。そこで怒鳴り散らせばいいんですね」
 すぐに肯定してくると思っていた京介が、かすかに眉を寄せた。
「僕、なにか違うことを言いましたか」
「いや。……榛名」
 榛名の携帯電話が鳴りだした。京介が後の言葉をのみこむ。電話にでると、斉藤の低い声が響いてきた。
「榛名さん?」
「はい」
「京介さん、ご一緒ですか」
 榛名が京介に目配せをする。京介が「斉藤か?」と訊いてきた。榛名がうなずくと、京介が溜息つき携帯電話を取った。
「俺だ」
 何を言われているのか、おおよそ見当はつく。京介は最初、気のない返事を繰りかえしていたが、突然、大きく双眸をひらいた。
「それで……」
 京介は、その後、短く相槌(あいづち)をうつと、ペンションのパンフレットを手にとり住所を説明しだした。
 携帯電話を切り、頭を抱え込むようにして息を洩らす。ひどく憔悴(しょうすい)したような仕草だった。
「専務?」
「……手塚が死んだ」


前のページへ | もくじ | 次のページへ





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
榛名のおねだりに投票
ブログ村・小説部門です。ポチいただけると嬉しいです(^▽^)



こちらもついでにポチっと(^▽^;)


ネット小説ランキング「黄昏に偽りのキスを」に→投票

日本ブログ村 小説部門に→投票

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「黄昏シリーズ」メインキャラ身長対比図
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

早瀬ミサキさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD