美容と女性ホルモン

テーマ:
女性ホルモンは、妊娠出産に関わるホルモンであると同時に、女性らしさを形づくるホルモンです。

ということは、美容と密接な関係があると考えるのは当然のことですよね!

そこで、本日は、女性ホルモンと美容 = 皮膚の関係についてお話します。


◇◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◇

女性ホルモンには、脳の下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモン卵巣から分泌される卵胞ホルモン、黄体ホルモンなどがあります。


◇◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◇

美容に関わるホルモンは、主に卵巣から分泌されるホルモンです。


卵胞ホルモンは、女性らしさを作るホルモンといわれます。

皮膚に対しても、以下のような若々しさを保つ働きがあります。

1.皮膚のバリヤーの働きを担っている角層の水分を保持し、皮膚の潤いを保つ

2.真皮のコラーゲンやエラスチンの合成を促進して、お肌のハリを保ち、シワやタルミを防ぐ


◇◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◇

一方で、皮膚にダメージを与える可能性のある女性ホルモンもあります。

黄体ホルモンです。

ダメージを与えた皮膚に、黄体ホルモンを塗ると皮膚の回復が遅くなることが、実験によって証明されています。

図に示したように、卵胞ホルモンは、卵胞期と黄体期の2回分泌が促進されますが、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを混ぜて塗った実験では、皮膚の回復がさらに遅れてしまうそうです。

また、黄体期は皮脂の分泌も盛んになり、ニキビや吹き出物の原因の一つになります。


◇◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◇

このように、女性は生理のある間、皮膚は女性ホルモンの影響を強く受けています。

美容鍼灸でお肌を健やかにかつ美しく保つためには、まずは生理痛や生理不順などのない健康な身体作りが必要ですね。



にほんブログ村

三砂堂漢方
〒599-8122
大阪府堺市東区丈六173-6
電話072-235-8282
http://www.misagodo.com/





AD