カブ50をもらっちゃったよ♪

テーマ:
この地に住んで1年と2か月が経とうとしております。

仕事の関係で、繋がりも増えてきました。

仕事が福祉ということで、おじいちゃんおばあちゃんと接することが多いのですが、

そのご家族から「おじいちゃんが配達に使っていたカブをどうにかしてくれないかねぇ?」と知人に相談があり、その知人が私に「あのカブ、あんた乗らない?」ってな感じで相談してくれたので、前からこの後このカブはどうするんだろう?と思っていたのもあり、1も2も無く譲り受けることにしたのでした。

ご相談は近隣に住むおじいちゃんの妹さん。
バイクのことを聞きに行くとすぐ出て来てくれました。

「知人から廃車したとは聞いたんですが、その時の証明書ってございますか?」

と聞いたが、本人も覚えていませんし、ご家族もご存じありません。

「じゃ市役所に聞いてみるね。」とその場で聞いてみますと、原付なので管轄課は“市民税課”で、持ち主だった方から、形式は問わないので、「譲りましたの一文と署名捺印があればOK」との事でした。

嬉しいことに新しくナンバーをいただいても費用は一切かからないとの事です。

一旦事務所に帰り、パソコンで自作「譲渡証明書」を作成してまたおじいちゃん宅へ。。。

早速お互い署名捺印の後、市役所へ提出し、登録証明とナンバープレートを頂いて参りました。

「いつでも持ってって構わないからね~」

と言われていましたが、いかんせんうちの旦那が帰って来るのが夜なので、その後引き取りに行ったのが7時半過ぎ。

暗闇の中でナンバープレートを取り付け、受け取っていたキーを差し込み、近くのセブンまで押して駐車場でエンジンを掛けようとしたのですがかかりません。

最後にエンジンをかけてから日が経ってしまい、バッテリーがあがってるのかもしれません。

結局近所のバイク屋に頼んで、バッテリー・プラグ・オイルを交換してもらいました。
その他は特に異常なし。(マフラーにちょっと穴があいているぐらい?)

ということで、そのバイク屋にも旦那に夜送ってもらい、夜に初走行となったわけですが、風防が傷だらけで前が見えません!これは危ない。。。

ということで、翌日の朝またバイク屋に出向き、風防を外してもらって快適に乗れるようになりましたとさ。めでたしめでたし!

これからノーマルを守りつつ、劣化したパーツは交換して、ちょっぴり使い易くカスタムしていこうかなと思ってます。


製造年はどうやら1987年のようです。

かぶき号

シリアル
AD