マルティン・ルター

AD

 

この本を昨日、読み終えました。

 

「青い鳥」に似たところのあるお話ですが、

「青い鳥」よりは、ずっと深みがあります。

 

「青い鳥」の場合は、

どうせ家に戻ってきて幸せを見つけるんだったら、

家にじっとしてたらよかったじゃないの?

と思ってしまいました。

 

「アルケミスト」の主人公の少年は、

旅をすることで成長する。

 

結局のところ、元に戻って

宝物を見つけるのだけれど、

この旅は、少年の成長のために必要だったもの。

 

何度も死にそうな目にあって、

ようやく達成することができた自分の夢。

 

夢を実現する途上で

たとえ死んでも、かまわない。

それでも

夢を追求するという者にこそ、

宇宙は働きかけるのだと

知りました。

 

 


学問・科学(全般) ブログランキングへ

 

 

 

AD

直感とは

テーマ:

ユングが

集合的無意識と

呼んだ世界。

 

ゴルファーが

ゾーンと

呼ぶ世界。

 

そこには、すべてが書かれています。

 

小説家などの物書きが

すらすらと書き進むことができる状態。

 

自動筆記のように、

何の抵抗もなく書き進める状態。

 

それも

似た世界にはいっているのでしょう。

 

 


学問・科学(全般) ブログランキングへ

 

 

 

AD

アルケミスト

テーマ:





羊飼いが、宝探しの旅をするお話です。

想像力を働かせて、
情景をビジュアル化する楽しみが、
ここにあります。

そして、
プラス思考が、
運を切り開いていく世界が。

ブラジルの小説家。


世界中で、
ベストセラーになったそうです。

うなづけます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 


学問・科学(全般) ブログランキングへ

 

 

 

塩狩峠の列車事故から108年

テーマ:





http://ranpo.co/article/6032524507019743233
 
 
今日、2月28日は、塩狩峠の列車事故から108年。
 
三浦綾子の小説を読んでいませんでした。
 
この機会に読んでみます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩狩峠 塩狩峠
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

塩狩峠 塩狩峠
 
Amazon