秋田の精神病患者への扱い

テーマ:

私は統合失調症で生活保護を受けている。


これから書く記事は、どんなに訴えても水際作戦で正当な生活保護を受けさせてもらえない、ある女性の、カウンセラーに発したSOSのメールである。


拡散希望、拡散しなくても秋田市の実態を知ってほしい。





さとう先生、こんばんは。体調もすぐれないのに申し訳ありません。

まずこのケースワーカーは、私の部屋にて私の人生の全てを調書をとりました。

夫とのなれそめ、今肉体関係もない友人になってしまった家庭のある男のことも、特に水商売の話には食い付きました。
これは生活保護を申請するのに必要な話ですか?

とにかく私をクルクルパー扱いです。

手紙を書く時便箋を1枚多く入れてきてびっくりした、とか女としての仕事をあきらめてアパートから遠い掃除婦をやれ、とか。
この時点ですでに私を蔑んでます。

払えない病院代はコンサルタント(注、当研究所のカウンセリング)をやめてそっちに回せ。
そう言いました。

また病院の待合室から電話をしていると、私が最初に言っているのに周りの患者さん←婦人科です。に私が生活保護をもらい、なおかつ精神障害である年金の内訳を話させ、勝手に秋田市の特定検診に行ったことを反省しろと言いました。

ここで錯乱した私を見た婦人科の事務局長が出てきてワーカーではなく保健所や特定検診科に連絡を自らとってくれたのです。

間接的に周りの患者さんに私は精神障害2級で生活保護だと言いふらしているのと同じです。

ワーカーの言葉に錯乱し、あんたと合わないから生活保護なんていらない、と私が叫ぶとどうぞどうぞ、でもこちらはこちらで調べさせてもらいます、と。

社会福祉士さんは私のプライベートな関係やかんきを調べ始めたらその人はもうワーカーとして人として終わりだと話していました。

年金をもらっていること(注、障害者年金)、ブラック企業の最後の給料が7万あったことで私の生活保護は18000円です。
暮らしていけません。
秋田市は母子家庭に甘く精神障害者には容赦なく冷たい、私のような精神2級には怠け者とはっきり言う県です。

医者が就労不可と年金の診断書に書いていても私を働かせようとするのです。
私に歩いて歩いて遠い場所で掃除婦をやれというのです。
秋田の冬は北海道と変わりません。除雪も遅くきれいな道は官庁街のみです。





AD