魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-境港市リンク

米子鬼太郎空港 」から妖怪列車 に揺られて

水木しげる記念館 へ行こう!と計画し、妹と行ってきました。


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげる記念館

魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード


0番ホームで待っていたのは猫娘列車。


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード


電車のドアがボタン式になっており、

田舎に来たなぁと、のんびりした気分になるのもつかの間、

中のペイントまでピンク!

ホームも妖怪だらけで、JRすごい!と興奮。


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード


通過待ちの時に鬼太郎列車が横切りました。


ランプの部分が立体的な目玉おやじになっている…!


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード


境港の駅を降りると、水木先生が執筆している銅像。

駅前の交番にも「鬼太郎交番」と書かれており、

タクシーの上には目玉おやじのランプ。


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード

妖怪ポストから手紙を出すと、鬼太郎スタンプを押してくれます


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード

パン屋さんでは「鬼太郎パン 」も売っていれば

ラーメン屋さんでは「鬼太郎まぐろラーメン 」まで…!


水木しげるロードはほとんどのお店で鬼太郎グッズを扱っていて

田舎で特産物がないためか(←境港線から見る景色の印象)

水木さん一本で街をあげて取り組んでいるんだな…と感じる。


この道はスタンプラリーができるようになっているので

社会科見学で来たと思われるジャージを着た

子供たちが駆け巡っていました。

魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード

GW中のためか鬼太郎の着ぐるみがロードを歩いていました。


うぅ…こ、こわい…。

魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード

寅年なので「今年はトラィの年だニャン」とタスキをした猫娘には

「2010年 ねこ娘年キャンペーンガール」という名刺をいただいた。

魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード
鬼太郎マンホール発見!
魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード
子泣きじじぃと目玉のおやじがデザインされたトイレの看板
魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード

水木しげるロードであちこち見渡し、寄り道しながら

水木しげる記念館へ到着。


水木少年が描いた13歳の時の絵にびっくり。

全然現在と画風が違う、印象派のような絵。


こんなに幼いときから絵心があったのか…と脱帽。


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげる記念館

京極夏彦プロデュースの庭を通り、

水木しげる先生がいたずら描きした階段を抜け

記念館の奥に行くと

わが故郷横浜も水木先生にかかるとこんな感じなのか…

という長い長い「妖怪道五十三次」が飾ってあります


魔女ミラーカの鏡 * 雅日記 *Ψ(ФωФ)β-水木しげるロード

まだまだ遊びたりないけど遠くまできた疲れが出て

鳥取のホテルへ移動。


帰り道の水木しげるロードでは「妖怪神社 」で

中国語を話すおじいちゃんとおばあちゃんが嬉しそうに

目玉おやじの石像を触っていた。


ゲゲゲの女房 」効果でしょうか。

私も大連から行きましたけど、ちょっとびっくり。


公園では昔懐かしい紙芝居。(もちろん水木先生の作品)

…大人ばかりが見守っているのがおもしろい。


亡くなった祖父も戦争で左腕をなくしたせいか

なぜか昔から心魅かれる水木しげる。


また機会があったら、もっと遊びつくしたい!


オトクなグルメ情報ならホットペッパー!


東京  横浜 川崎  鎌倉

京都 大阪 神戸 鳥取  名古屋 静岡

小田原 箱根 湯河原 栃木

山梨 岩手 青森


目次へ戻る