今日、知人がシェアしていたウェブ漫画で、「美人が婚活してみたら」っていう漫画を見ていたら、旦那さんとつきあう前の自分の暗黒時代思い出して、胸が苦しくなりまして、思うことがあったのでまとめたいと思います。
 
(漫画が気になる方はこちら。主人公の美人さんはどうやってハッピーエンドになるのだろうと思ったら、達成されないまままだ未完。)
 
 
 
この主人公の美人さんは、いきなり死にたいとか思っていますが、私はそこまでではないものの、このまま人生の伴侶に出会えなくて独りで半生をすごすんだったら死んだほうがマシ、と思っていました。
なぜそこまで思い詰めるのかわからなかったのですが、なんだかそれが人生の大きなテーマの一つの気がして、達成できないなら今世は失敗!くらいに強く思っていたんですよねー。
 
 
 
2012年の後半に引き寄せの法則に出会い、映画ザ・シークレットを繰り返し見始めた私。
 
新月にアファーメーションしたり
瞑想始めたり(禅寺に通ったり、大枚叩いてフルフィルメント瞑想のマントラ伝授してもらったり)
前世療法の本をよんだり
ヒーリングのフェアに行って、スピリチュアルなリーディングしてもらったり
キネシオロジー習ったり
ヒプノセラピー習ったり
タロット始めたり
チャクラのお掃除してもらったり
覚醒体験したという人の講演会に行ったり
心理系の本を読み漁ったり
冷えとり始めたり
 
 
とにかく「救われたい」一心で、思いつく限りの心の拠り所を求めました。
その中にはキネシオロジー(IH)とか今も続いているものもあり、自分について知る上でとても役に立ったものもありました。
(あ、それぞれみんなおもしろかったですよ。もし興味あるものある方いたら、私の知っている限りで情報シェアします)
 
3年一緒に暮らして結婚すると信じて疑わなかった彼氏と別れて、まさかの30代後半での一人暮らし出戻り。
自分が自分の為だけに動いて、自分がどういう好みを持っていて、どうすると心地よいのか、自分について研究する、大事な期間でした。
 
友達にも恵まれて、毎週末何かしらして遊んだりもしていて、それなりには楽しかったです。
 
しかし、
アラフォー、派遣OL、東京で一人暮らし。将来の見えない日々。
 
 
この講演会聞いて秘訣を聞けば、気がラクになるかも、このヒーリングを受ければ、心の平穏が訪れるかも、毎回毎回期待しては、即効性を感じず、戻る毎日。
さらに、言われた通りにこんだけやってるのに!とさらにイライラを募らせたり。
 
 
今思えば、まあそうだよねと。
だって、ここで私が持っていた前提は、
 
 
「今の自分は大丈夫じゃない。だから何かしないと」
 
でした。
 
 
たまことの岡田さんが講演会でいいこと言ってたのですが、googleの検索みたいなもので、
 
「子育て 不安」
 
とか検索窓に入力して探せば、そりゃあ不安なことが書かれたページばかりがでてくる。
 
 
じゃあ「子育て 楽しい」って検索したらどうなる?
 
要はどんな前提で世の中を見るかってことなんですよね。
 
この時の私は
「アラフォー独身 不安」とか「派遣OL 不満」とか検索窓に入れて検索してたわけですから、そういう現実ばかり見えるし現れる。
 
 
ここでまた、自分用の魔法の言葉(by心屋仁之助)が頭に浮かびました。
 
 
「ラクにならなくていい」
 
 
これ、言葉面だけみると、普段仁さんが言っている「頑張らなくていい。力抜いて、ラクに生きていい」っていうのと相反するように見えるのですが、実は意味がちょっと違っていて、私はこの時
 
 
精神世界とか勉強したりして、感情をコントロールしたり現実を好きなように改変する極意を身につければ、この心はラクになるはず
 
って思って、右往左往していたわけです。
あわよくば悟りとか起こして、一生心穏やかにいたいとか。
要するに「ラクにならないといけない」って目指して頑張ってた。
ラクになるために頑張る。逆だー。
 
 
今思うと、それ、人間である限り無理な話。
感情はコントロールするものじゃなく、私たちに自分について知る重大なヒントをくれるもの、なくしたり制御したりするものじゃない。
それに、すでに大成功を収めていると思えるhappyさんや仁さんだって、未だにネガティブな感情も湧いてくるし、それに対面していると言っている。
 
もしかしたら人って感情っていうエネルギーを味わいたいがために人間として生まれてきている、のかもしれないなー。
 
日々生きていれば、いやなことも予想外のことも起こるし、批判もされるでしょう。
そこで起こる感情に一つ一つ向き合って、自分の内側に入って、自分を縛っている観念を手放して、本当の自由に近づいていく。
その繰り返し。
 
決して、一回の講演会に行ったから、一冊の本を読んだから、急に”救われる”わけではないのです。
 
それに「救われたい」と思っている時の前提ってなんでしょうか。
 
 
「このままの自分ではいけない」
 
 
 
です。
この記事でも書いたように、仁さんが「自分は素晴らしいということにした」時から人生が好転したように、実は世の中は、
 
前提が体験を創る
 
のではないかと。
 
すると、「このままの自分ではいけない」という前提の検索窓で世の中見ちゃうと、どんどん自分の持っていないものばかりが見えて、これをやらないと救われない、これに行かないと救われるチャンスを失って損する、などなど、いつまでも何かを取り入れ続けないといけなくなる
 
 
あれ、これが俗に言う「ヒーリング乞食」ってやつ…?
 
 
ということは、「救われたい」と言っている間は実際には救われることはないってこと…?
 
 
これ、暗黒時代の「こんなの私の望んだ現実じゃない!」って言ってた頃の私に言っても受け入れられなかったかもなー。
二年半かけて、ああでもないこうでもないって言いながら、仁さんの本やブログよんで自分にとってありえないこと試したり、岡田さんの「で、どうしたいの?」の質問を繰り返す内観とか続けてきたから、今やっとうーっすらわかりかけてきたわけで。
 
「ラクにならなくていい」
 
という魔法の言葉は、「悲しみやイライラ、苦しみ」があってもいい、ネガティブになってもいい、そういう嫌なものから解脱とか卒業とかしなくても、それでも大丈夫っていう許しを私に運んできました。
ラクになるために頑張らなくていい。
 
 
 
今の現実が私の望んでいるものと違う、と思う人は、一度自分がどんな前提で世の中を見ているのか、どんな検索ワードを使って世の中をサーチしているのか、考えてみるといいかもしれません。
 
「まどか(自分の名前を入れてください) 不安」?
「まどか 素晴らしい」?


(試しにgoogleで本当に「独身 派遣」って入力したら「独身 派遣 不安」って予測検索にでてきました。ウケる)

 
IH(インテグレートヒーリング)セッション IHヒーリング概要、お申し込みページ

 

キネシオロジーを使った総合的なヒーリングです。自分の潜在意識の声が聞きたいという方に。
 IHってなあに?という方はこちら 受けた方の感想はこちらです。

 

 
AD

リブログ(16)

  • 「おまえは何がしたいんだよ、俺は晩酌がしたいんだよ!」

    先日アップした「ラクにならなくていい」の記事ですが、まさかの仁さんご本人にシェアされ、岡田哲也さんにもいいね!いただき、アクセス15000超えるっていう超バズってる状態起こしています。(タロットの無料カンセリングが殺到してしまいまして、現在は停止しています)お二人すごいわ、こんな奇跡を毎日起こしてる…

    mirokumadoka

    2017-03-01 13:33:57

リブログ一覧を見る

コメント(16)