正義の見方

テーマ:

「正義の味方として、

子どもたちのヒーローのドラゴンマンが

香川県に立ってるイメージがあるじゃないですか。」

 

ないない(笑)

ホントにホームページ見た?

 

テレビに出てくるスーパー戦隊や仮面ライダーは

ヒーローだよ。

まじめに生活している人々に悪さをしようとして

迫り来る敵と、戦って倒してくれてる。

テレビの中で活躍している姿は、

まさに地球の平和を守ってくれている正義の味方、

ヒーローだよ。

 

だから、子どもたちが住む町に来てくれても

ヒーローだよ。

普段テレビで見せてくれている活躍があるんだから。

「オレたちが地球を守る!」と言っても

間違いじゃないさ。

だって、テレビの中で戦って守ってるんだもん。

今日は自分たちの町に来てくれたヒーローも

帰ってまたどこかで活躍する。

子どもたちも、それをまたテレビで楽しみに見る。

 

だけど、ドラゴンマンは違うよ。

子どもたちは知らないんだもん。

存在自体も知らないから本当に正義の味方なのか、

そもそも何する人たちなのか(笑)も知らないから

ヒーローかどうかも分かんないさ。

 

だから

「正義の味方として、子どもたちのヒーローの

ドラゴンマンが香川県に立ってるイメージ」なんて

ないの。

それを、どれほど説明しても理解しない。

途中から、理解しようとしてないんだろうなと思った。

 

もし見た目の姿形だけで

「正義の味方」とか「ヒーロー」

などと言ってるのなら、そりゃ偏見か差別だろ。

だってドラゴンマン知らなかったんでしょ。

ということはショーだって観たこともないわけだ。

だったらヒーローかどうかも分からないのが普通。

 

それをなんで「正義の味方」とか「ヒーロー」とか

言えるのだろう。

 

 

普段1杯500円のかけうどんを、開店記念で480円に

なってるうどん屋さんで

「激安ですね!!」と言ってるようなもの。

香川のうどん屋さんで480円食おうと思うと

かけうどんだけじゃ、

大にしても無理なとこあるからね(笑)。

 

 

 

僕の中に忘れられない、忘れてはいけない出来事があって

こういうことがあると、改めて自分への戒めを込めて

書くんですけど・・・

 

ある「ローカルヒーロー」のショーを観に行った時

ショーの終わりで主人公のキャラクターが

「オレはこの町のヒーロー◯◯だ!

みんな、何かあったらいつでもオレを呼んでくれ。

この町の平和はオレが守る!」

 

と見栄をきってポーズを決めた。

その時、会場後ろで立って観ていた僕の前にいた男の子が

「僕のお父さんを守ってくれなかった。」と席を立った。

 

青信号の横断歩道を渡っていたお父さんを、

信号無視の車にはねられて亡くした

幼稚園児の男の子の言葉だ。

 

ドラゴンマンはテレビの世界で活動していない

子どもたちも一緒にいる現実の世界のキャラクターだ。

うかつなことは言えない。

守れもしないことは言ってはいけない。

改めてそう思わされた重い言葉。

 

「僕のお父さんを守ってくれなかった。」

AD

人の不倫見て我フリな、押せ

テーマ:

共通の知り合いの不倫現場を

間近で目撃してしまったグループの一人。

幸いにして不倫中の二人には

こっちの存在は気づかれていない。

 

出て行って糾すべきか、

このまま知らないフリで隠れ続けるべきか。

 

再度、物陰からそっと確かめる時に

「押すなよ、絶対押すなよ。」と振り向いて

他の人に2回言うこと。

 

こういうことを考えることにばかり頭を使うから

肝心な時に頭に行く糖分が足りなくなる。

 

imageimage

あんこハンバーガーのようなどら焼き屋さんが

うどん県にある幸せ。

 

それにしてもさあ・・・

 

電話。

 

「ホームページ見たんですけど、お宅がやってる

ご当地ヒーローの『ドラゴンマン』について

お聞きしたいんですけど。」って

 

ホントにホームページ見たのか?

 

「なんか、環境の賞を受賞されたそうですね。」

 

ホントにホームページ見たのか?

 

「それって新聞とかにも出てないから

知らなかったんですけど

ほかの局のニュースでもやってないですよね。」

 

やってないさ。だからどうした。

 

「ドラゴンマン3人と怪人込で取材させてもらえますか。

テレビに出れば地元への宣伝にもなりますし。」

 

は?

 

「知らなかったんですよ。」

 

地元の局なのに?

それは、お宅の情報収集能力の問題だろう。

こっちが発信していないのが悪いみたいな言い方

しないでほしいわ。

「取材してくださいよ。」って頼みにこないのが悪い

と言いたいのか?

 

地元?

無名の時代に取材に来てくれたのなら恩義も感じるけど

今まで全く無関心、無反応だったじゃん。

なんで今?

それも受賞の話だって1ヶ月以上経ってるし。

ホントに地元のためか?

 

はあ・・・心の声吐露。

実際は言ってないですよ(笑)。

違う言葉を選びながら丁重にお断りいたしましたけど。

AD

未来環境防衛隊

テーマ:

(非売品で〜す。)

胸元のプリント面が四角くてでかいので

下に着てるとちょっとした風よけ効果があるみたい。

使い方の工夫でちょっと重ね着エコですね(笑)。

 

生態系の意味を持つエコロジーと

経済に由来するエコノミーを併せ持つエコ。

多種多様な気候風土に対応する日本人の知恵が

「もったいない」を生んだ。

エコも和製語でしょ、たぶん(笑)。

 

非食料バイオマスを利用した

バイオエタノール生産技術が開発されています。

約2週間で、海藻1kgから200mℓのバイオエタノールが

製造できた、と東北大学から発表されたのは

2010年だからもう7年前の話。

 

火力発電所の冷却水として使用している海水系統には

多量の海藻類が流入するため、

廃棄物として処分している状況にあります。

それをバイオエタノールにして発電所の燃料にできる。

 

海藻は、一般樹木の何倍ものCO2の吸収能力があると

いわれているので、

地球の温暖化防止にいい仕事しそうでしょ。

 

しかも再生可能エネルギー。

 

ただ懸念されているのが、周りの生態系への影響。

火力発電所の冷却水として使用している

海水系統に流入する多量の海藻類というのが

たいてい食糧に適さない厄介者扱いの海藻類が多い。

 

非食料バイオマスなので、人間や家畜などの食糧を

奪って燃料にしないのでバイオマス発電の燃料には

向いているのだけど、

増えすぎると船舶のスクリューに絡まったり

取水口に詰まったりの厄介者。

 

安定供給しようとすると大量に養殖する必要がある

けれど、厄介者をわざわざ養殖するという

風評的リスク。

加えて収穫の利便性を考えて定位置に特定の海藻を

大量に養殖した場合、その周辺の在来生物の

生態系に影響が出ないか懸念されかねない。

 

その懸念を払拭する試みが
「環境ニューディール政策提言」入選の内容。
 

 

AD