======================
会の要旨については
【こちら】をご覧ください。

入会の申込については
【こちら】をご覧ください。

会のチラシについては
【こちら】をご覧ください。
======================
2011年11月07日(月)

小学2年生からの「おとなへのメッセージ」

テーマ:提言
このメッセージは、会員のお母さんが、小学2年生の男の子に「なにか言いたいことはある?伝えたいことは?」と訊ねたら、「えらい人に言いたい」と、書いてくれたものです。

われわれ大人全体が受け止めなければならない真摯なメッセージです。
この子の想いを噛み締めて、行動していかねばと思います。


「えらい人へ」

子どもは、大人のみがわりなんですか!
子どもがいなくなったらどうするんですか!
今のじょうきょうを、しっかりおしえてください。
うそは、つかないでください!

なぜ、たべものはあんぜんだと言いきれるんですか。
500ベクレルは、子どもにたいしてどのくらいの、ひばくりょうなんですか。
ほうしゃのうのことをこわがってる人も、きゅうしょくをたべなきゃいけないんですか。

べんりのために、どれだけきけんなものをつかってるんですか。
子どもが、ひばくして、くるしんでるすがたを見て、どう思うんですか!
べんりは、くるしむためにあるんですか。
電気が、たりないなら、ディズニーランドをとめればいいじゃないですか。
大人は、色々なものを、かってに作っていいんですか。
子どもにも、ちゃんといけんを聞いたんですか?
なんで、げんぱつを作るんですか。
テレビは、ホントのことを言ってるんですか。

今やってることは正しいんですか。
このままでうまくいくと思うんですか。
そんなに、お金はひつようなんですか。
どうして、大人は、言ってることがバラバラなんですか。

家にも、小さい弟がいるんですよ。
その子がさきにしんじゃったら、どうするんですか。



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

8 ■エライ人に届ける前に身近な大人が考えなければならない。

『大人は何で言ってることがちがうんですか?』『電気が無ければディズニーランドをとめればいい』子どもの素直な意見。
不便よりも便利を選んで来た我々大人たちこそが、考えなければならない問題をまだ小2の子どもに言わせてしまった現状に愕然としているだけではダメだ!
『24時間営業は必要だろうか?』
『年中無休は必要だろうか?』
勿論、業種にもよるだろう。必要無いと言いきれば、論争が起きるだろう。でも昔の様に、夜は暗いのが当たり前…そんな暮らしを目指せないものか
年末年始はどこもお休みで、家族が揃って迎えられるお正月は…
昨今騒がれているイジメ問題、被害者側も加害者側も、皆子どもの幸せを願っていたはずが…どこでどうずれたか、ボタンの掛け違いで起きた悲劇。子どもを持つ親としては、どちらにも為りうる恐怖。自分の足元さえおぼつかない現実を映し出されている気がしてならない。イジメも原発も誰の身にも起こり得る現実として、もっと真摯に向き合っていかなければならない。と自分に言い聞かせています
何日か前に目にしたことば
『子どもに背中を見せられる大人』にならなければ

7 ■Re:無題

>rin-aoさん
 コメントありがとうございます。ブログへの転載の件、承知いたしました。
 何の責任もない子ども達が一番の被害者であることを再確認し、子ども達こそ当事者であるととらえ、その声を拾い上げて広めていきたいと願っています。
 他にも、自分の置かれている状況をつきつめて考える子どもさんもいらっしゃるのではないでしょうか。そんな声を、拡散したいですね。そして、えらい人たちにかんがえてほしいです。

6 ■Re:無題

>みるふぃさん
コメント、ありがとうございます。このお子さんの言葉は私たち大人の胸をつきますが、えらい人の胸も同時にも届いてほしいと願います。相変わらずえらい人たちは利権に走って子ども達を被曝させ続けています。子ども達こそが本当に被害者です。当事者たる子どもの声を届けて行くのも私たちの責務と思います。

5 ■Re:最近思うこと

>奥州ゑ美角さん
ご意見、ありがとうございます。世代間の価値観の違いを乗り越え、脱原発社会をめざしたいものです。これは、もはや価値観というくくりよりも上位にある思想ではないかと思います。

4 ■無題

私は都内に住んでいますが、実家は宮城です。
こちらの文章を読んで本当に心が痛みました。
ストレートな文章に、なんでこんな思いを子供たちがしなければならないのかという怒りでいっぱいです。
今は放射能が出てしまってすぐには止めることが出来ない状況、あとは出来る限り親、大人達が子供たちを守らなければ行けないと改めて思いました。
こちらの文章をブログに転載させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。
宜しくお願いします。
首都圏の汚染も心配ですが、宮城の動向も気になって仕方ないです。

3 ■無題

ぼく、ごめんね・・・これからちゃんとやるから
私にも子供が二人いるから、子供達に胸を張れる生きたかをしていくから、待っててね

私も40代です 
似たことは感じています
40代にもしあきらめが蔓延しているとしたら
見て見ぬ振り、や、どうせ・・・という気持ちが
こういう事態を招いているとしたら
まさに当事者、私達が変わっていくしかないと
思っています

チェルノブイリの子供達の作文集を居間に置いていたら、ぱらっと呼んだ主人が、とても全部は読めない、と言いました
私は、そうやって現実から目を背け続けた結果が現在の社会なんじゃないか、とおもいました
男親が全部そうだとは言いません
でも、今こそ母親は立ち上がらなくてはと思っています

2 ■おわびと訂正

団塊の世代=悪のような書き方になってしまったことにお詫びします。団塊の世代=古い価値観ではないと思いますので、古い価値観の人たちに訂正したいと思います。
大変失礼しました。

1 ■最近思うこと

最近思うことがあります。それは世代間の価値観の違いです。戦後世代から団塊の世代の人たちと私(40代)ではあまりにもかけ離れていると。「便利、経済的豊かさ、成功=正しくしあわせ」これが今の日本を動かしている人たちの価値観のような気がします。だから平気で偽装もやる。
しかし、高度成長期を終えた今の我々の価値観は「心の豊かさ、適度な経済力、安定」に幸せを見出していると思います。
だから原発は前世代の遺物であり汚物です。
女川が福島と同じになる可能性は大いにあります。今回は運が良かっただけ。
原発立地県民として真剣に考えてほしいと思います。そして真剣に考えた20歳以上のかたに是非選挙に行っていただきたい。団塊の世代に日本を任していたら日本は滅びます。

本当のことは何か。これをしっかり個々人が見極める必要があるように思います。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。