医療と介護人材育成コンサルタント川田の「ワクワクする現場育成」

リーダシップ/チームビルディング/コミュニケーション/モチベーション/マネジメント/


テーマ:

アゼリーグループ 未来創造研究所の川田です。



今日は「断らない人の光と影」について



どの業界においても、第一線で活躍する人は若い頃、駆け出しの頃、そして現在においても、「来た仕事は断らない」「頼まれたことは断らない」と言われる人が多くいます。



ただ、これについてはやはり光と影があるように感じます。



何かを得るには何かを失う。しかし、何かを失ったからといって、何かを得るわけではないのですね。



日々の小さな頼まれごとから、社内のプロジェクトチームへの選抜、社外の仕事の依頼。



誰かに必要とされる、自分が必要とされることは非常に嬉しいですし、光栄な事です。



いわゆる「出来る人」や自分の現在位置を成長過程と考えている人は「仕事の報酬は仕事」ということ理解しています。



いわゆる金銭的報酬や社会的地位は後からついてくるとすでに知っているんですね。



そんな「断らない人」の光と影について解説したいと思います。



いわゆる光の部分


・チャンスである。

・相手から感謝される。

・成長出来る。

・知らない事を知ることが出来る。

・成功すれば自分の価値や評価が上がる。



そして影の部分


・自分に負荷(時間、精神的、肉体的)がかかる。

・誰かの助けが必要な場合は、協力が必要になる。

・そして、その協力してくれた人の負荷にもなる。

・業務によっては家族に負荷をかける。

・失敗してしまうかもしれない。



まとめると、光は「成長・価値」であり、影は「負荷・ストレス」であります。



働く上でこの光と影のバランスはやはり50対50で保つ必要があります。



このバランスが崩れてくると、誰かに迷惑をかけながらも自分だけが成長するというチームビルディング的には負の連鎖が起きる可能性があるし、もしくは負荷やストレスに負けて、自分というものが崩れてくる可能性もあります。



やはり、組織やチームで動く場合は、適材適所で仕事を振りながらも、
「みんなで成長する」という認識がチーム力も上げ、お客さんの利益、自社の利益、そしてスタッフの利益、自分の利益にも直結するんではないかと思います。



アゼリーグループ(社)未来創造研究所では、医療や介護、美容師や理容師などの国家資格や技術を持った企業様への研修や講演を随時受け付けております。



ご興味のある方は下記からお申込ください。



研修担当者とヒヤリングをしながら独自のツールを使いながら対応させていただきます。


ホームページはこちら

http://mirai.azalee.or.jp/


お申込はこちら

http://mirai.azalee.or.jp/seminar



それでは



川田


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。