レッスン52

 

レッスン6からレッスン10までの復習です。

 

 

レッスン6

 

I am upset because I see what is not there.

 

わたしが動揺しているのは、そこにないものを見ているからです。

 

 

現実とは決して恐ろしいものではありません。

現実がわたしを動揺させることはあり得ません。

現実はわたしに完璧な平和だけをもたらします。

わたしが動揺しているとき、その理由はどんな場合でも、

自分で作り出した幻想を現実と置き換えてしまったからです。

わたしが幻想に現実性を与え

現実を幻想だとみなしたているので

現実だと思っているその幻想が動揺させるのです。

神の創造物は、このようなわたしの混乱によって

なんの影響も受けていません。

わたしはいつでも、存在していないものに対して

動揺しているのです。

 

 

 

レッスン7

 

I see only the past.

 

わたしは、過去だけを見ています。

 

 

周りを見回しては、自分の見ている世界をわたしは非難しています。

これを、わたしは見ることと呼んでいます。

過去を持ち出して、あらゆる人を、あらゆることを非難して、

わたしはその人たちを敵に回しています。

自分自身をゆるし、本当の自分を思い出したとき、

自分が見るあらゆる人を、あらゆるのものをわたしは祝福するでしょう。

過去は存在しなくなるので、敵もいなくなるでしょう。

そしてわたしは、以前は見損ねていたものをすべて

愛と共に眺めるでしょう。

 

 

 

レッスン8

 

My mind is preoccupied with past thought.

 

わたしの心は、過去の思いで埋め尽くされています。

 

 

わたしは自分自身の思いだけを見ているので、

わたしの心は過去にとらわれています。

それなら、一体何をありのままに見ることができるでしょうか?

自分の心に現在が姿を現わすことを妨げるために

わたしは過去を見ているのだということを

憶えていられますように。

時間を使って神に逆らおうとしていることを

理解できますように。

過去を手放すことは無を手放すことだと気がついて

過去を手放すことを学べますように。

 

 

 

レッスン9

 

I see nothing as it is now.

 

わたしは、何一つ今あるままに見ていません。

 

 

わたしは今、何一つありのままに見ていないのだとしたら、

確かにわたしは何も見ていないということになります。

今あるものだけを、わたしは見ることができます。

選択肢は、過去を見るか現在を見るかではありません。

単に、見るか見ないかだけなのです。

自分で見ようと選んできたもののためにわたしはビジョンを失いました。

今こそ、もう一度選び直したいと思います。

そうしたら見ることができるかもしれないから。

 

 

 

レッスン10

 

My thoughts do not mean anything.

 

わたしの思いには何の意味もありません。

 

 

わたしには、わたしだけの思いなどありません。

でも、わたしが自覚しているのはわたしだけの思いです。

こうした思いには何の意味があるのでしょうか?

それらは存在していないので、何の意味もありません。

でも、わたしの心は創造物の一部であり、

創造主の一部です。

自分の哀れで意味のない「わたしだけの」思いで

本当の自分のものであるすべての思いを覆い隠すより

宇宙の思いに繋がった方がいいのではないでしょうか?

 

 

✼✫✳︎✶❅⭐︎✳︎✯

 

練習の仕方は、復習1 イントロダクションをご確認ください。

「わたしの」やり方、「わたしの」判断を手放す練習です。

指示通りに行うように努めてください。

 

 

✼✫✳︎✶❅⭐︎✳︎✯

 

 

今回の5つのアイデアにはどんな繋がりがあるのでしょう。。。。

 

 

レッスン6では、「わたしが」現実だと思い込んでいる幻想を手放し

レッスン7では、「わたしが」見ている世界を手放し

レッスン8では、「わたしの」過去を手放し

レッスン9では、「わたしの」見方を手放し

レッスン10では、「わたしだけの」思いを手放す

 

 

 

 

「わたし」「わたしの」を手放す練習は続きます🎈

 

 

実在するものは脅かされません。

実在しないものは存在していません。

 

ここに神の平和があります。

(テキスト・序文より)

 

 

実在するものとは神の愛し子であるわたしたちのことです。

神に創造されたわたしたちが脅かされるはずがありません。

だとしたら

脅かされていると感じているときの「わたし」って

どんな存在なのでしょう?

 

 

 

わたしが動揺しているとき、

不安なとき、

腹を立てているとき、

嘆いているとき

その理由はどんな場合でも、

自分で作り出した幻想のアイデンティティである「わたし」を

現実のアイデンティティである「神の子」と

置き換えてしまったからです。

わたしが幻想のアイデンティティである「わたし」に現実性を与え

現実のアイデンティティである「神の子」を幻想だとみなしたているので

現実だと思っているその幻想の「わたし」が

わたしを動揺させるのです。

 

 

 

そうなんです!

 

幻想の「わたし」がわたしを動揺させているだけなんですね!

 

わたしには選択肢があるんです。

幻想のわたし、個としてのわたしを選び続ける必要はないんです!

現実のわたし、実在する神の愛し子であるわたしを

選び直すことができるんです❤︎

 

 

 

選択肢は、過去を見るか現在を見るかではありません。

単に、見るか見ないかだけなのです。

(復習・レッスン9)

 

 

そうですね!

 

今までは個としてのわたし・幻想のわたしが投影された世界を

見ていたのだから、これでは見ていることにはなりませんよね。

 

 

時間の中で生きていると思っているときは

幻想のわたしを生きています。

でも幻想のわたしが生きているのは幻想のわたしの人生です。

過去・現在・未来という時間の流れの中で

過去を持ち出して未来を計画しようとしているとき

過去を持ち出して目の前の人を、出来事を判断しているときは

 

 

 

自分の心に現在が姿を現わすことを妨げるために

わたしは過去を見ているのだということを

憶えていられますように。

時間を使って神に逆らおうとしていることを

理解できますように。

過去を手放すことは無を手放すことだと気がついて

過去を手放すことを学べますように。

(復習・レッスン8)

 

 

でしたよね!

 

 

念のため。。。

 

 

見るということは

あらゆる人を、あらゆるのものを

祝福する

愛とともに眺める

ということ。

 

キリストの眼差して見る

ホーリスピリットとともに見るということです。

 

 

✼✫✳︎✶❅⭐︎✳︎✯

 

5つのレッスンアイデアとコメントを

ゆっくり、自分に言い聞かせるように声に出して読みました。

かかった時間はたったの5分でした。

 

朝イチで読むための5分の早起き、できますよね

 

 

偶数時に唱えることにして

朝のあれこれを開始して、ふとレッスンを思い出そうとしたら

え〜と、なんだったっけ?

 

朝イチで読んだ後はなるべく早めに1回目の練習時間を取ることを

大いにお勧めします。

 

時間がない!って呟いているときは

時間を使って神に逆らおうとしている

と習ったばかりだったということ思い出しましょうね❤︎