1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-19 10:56:16

20年ぶりのプチ同窓会

テーマ:つれづれ
昨日は高校の同級生の中島千栄ちゃんと、20年ぶりのプチ同窓会をしました!

実は今年の1月4日に地元山口で、20年ぶりの同窓会が開催されていたのですが
残念ながらそちらには仕事の都合で出席出来ず・・・

LINE上に同窓会の楽しそうな様子がアップされていて、
懐かしいみんなの顔を見れた嬉しさとともに
「あああ・・・私も参加したかったなあ・・・」と寂しく思っていた矢先でした

中島千栄ちゃんから私のフェイスブックに友達申請を下さり
「え?千栄ちゃん、今、東京に住んでるの??え、ほんとに??」
と盛り上がり、あっという間に会うことに~

待ち合わせの場所にいる千栄ちゃんは昔と変わらない
優しそうなあたたかい笑顔に、私もほっとしました。

同級生って不思議なもので、
20年も会っていないのに
会った瞬間に全く違和感なく普通に話せるんですよね・・・

千栄ちゃんはな、なんと今東京の国立市でサロンのオーナーさんだとのこと!

千栄ちゃんのサロン↓

ホリスティックヒーリングサロンearth
http://kunitachi-earth.com/index.html


すごい~。
昔からおっとりした雰囲気の千栄ちゃんだったので(今も)
まさかのまさか、女性経営者になっててビックリ!!

千栄ちゃんにも「まゆちゃんもびっくりだよ」と言われ・・・
「私自身もこんなことをやることになるとは自分でもびっくりしている」と話しました。

人生ってわからないもんだねえ。

でも、千栄ちゃんは地元でご両親がお土産屋さんをやっていたので
「いつか自分でも何かをやりたい」という野望をもっていたとのことでした。

千栄ちゃんと会って話しているだけで
サロンに行っていないのに、
サロンの雰囲気を味わっているように
癒され、自分の悩みがどんどんとときほぐれていっていました・・・・

不思議。

千栄ちゃんの雰囲気がとてもあたたかく、
優しい存在だからなのでしょうね~。

プチ同窓会の締めは、同窓会のLINEグループに
「プチ同窓会やっています」とみんなにご報告。

幹事の藤津くん、志賀くんのご尽力があったからこそ
こうやって私も遠く離れた東京で千栄ちゃんと再会し
プチ同窓会が出来ました。

ありがとうございます。

残念ながら今年度で母校は廃校になってしまう・・・とのこと。
とても寂しいです。

でも、みんなとのつながりは続き、
更に発展しそうな予感でした。

今度は千栄ちゃんのサロンにも行きたいなあ。
千栄ちゃん、楽しいひと時をありがとう☆

他のみんなも、東京に来ることが連絡してください。
プチ同窓会しましょう~(*^_^*)


AD
2015-01-16 10:42:02

とある雑貨屋さんの看板わんこ

テーマ:ブログ
お散歩中にとある雑貨屋さんの看板わんこに遭遇。

触らせてくれましたが、いざ写真を撮ろうと思うと
カメラの方を見てくれません・・・

シャイなわんこでした。

うちは兼業農家だったので、
昔は犬やにわとり、ウサギなど飼っていました。
一人暮らしを始めた時は寂しくてハムスターも2匹飼いました。

動物は大好きです。

猫だけは飼ったことがないので飼ってみたいと思うのですが・・・
今住んでいるところもペット不可なので。

気が付けば今年も2週間過ぎました。
あっという間ですね~

インフルエンザが流行っているようなの
みなさま、あたたかくしてお過ごしください。

AD
2015-01-16 10:37:16

2/7開催「みんなどうしてる?セルフヘルプグループ(SHG)の運営」に登壇します

テーマ:イベント
2月7日(土)にこちらのイベントに登壇致します!
みなさま、どうぞ是非ともお越し下さい~

*************
<東京ボランティア・市民活動センターからのお知らせ>

いつもお世話になっております。
早いもので今年も師走となりました。みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。
今回、ご連絡を差し上げましたのは、来年2月に開催されるイベント「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2015」の中のプログラムのひとつ、「みんなどうしてる?セルフヘルプグループ(SHG)の運営」のご案内です。

市民社会にとって重要な存在であるSHGについて一緒に考える会です。
多様な領域のSHGから取り組みや課題をお話しいただき、参加者のみなさんと分かち合いながら交流をします。
参加者とご出演者、それぞれの思いや悩みをシェアしながら、これからの活動のヒントを一緒に考えましょう。

自分と同じ経験を持つ人と出会いたい」
「当事者グループをつくりたい」
「団体の運営で困りごとがある」
「運営の応援がしたい」
「なんだか興味がある」
そんなみなさま、是非ともご参加ください。

■出演者(五十音順)

関谷隼人さん(NPO法人ReBit)
◎NPO法人 ReBit(リビット)
LGBT*を含めた全ての子どもがありのままの自分でオトナになれる社会を目指し活動する当事者団体。
『互いの違いを受け入れあえる社会』を次世代に創るため、若者をはじめとする幅広い世代に向けた活動を展開している。
*セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称。この他にも多様なセクシュアリティが存在する。

田口まゆさん(NPO法人Serenity)
◎NPO法人 Serenity(セレニティ)
自死への差別偏見の問題について取り組む当事者団体。自死を「語れない、触れられない特別な死」から
「語ることのできる死」へ、を目指して大切な方を亡くされた方のための分かち合いの場などの活動をしている。

田義男さん・岩懶俊男さん(NPO法人悠声会)
◎NPO法人 悠声会(ゆうせいかい)
喉頭癌、下咽頭癌等の手術により喉摘者になった当事者団体。人工喉頭を装着後も、よりよい発声ができ、
充実した生活を送れるよう、全国各地で相談活動や交流、提言活動等に取り組んでいる。

■日時  :2015年2月7日(土)17:00~20:00
■会場  :飯田橋セントラルプラザ12階A会議室
■アクセス:JR総武線 飯田橋駅 西口改札右手、地下鉄 有楽町線・東西線・南北線・大江戸線 飯田橋駅B2b出口
■参加費 :2,000円(フォーラムの他のプラグラムへの参加も可)   
■申込  :当センターのホームページ(http://www.tvac.or.jp)もしくはパンフレット裏面の参加申込書にご記入の上
FAX・郵送にてお申込みください。(同時にほかのプログラムへの参加も申込むことができます)
■問合せ :東京ボランティア・市民活動センター  佐藤、高橋、圓藤、清水
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 飯田橋セントラルプラザ10階
TEL 03-3235-1171 / FAX 03-3235-0050 / HP http://www.tvac.or.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO 2015について
「みんなどうしてる?セルフヘルプグループ(SHG)の運営」は<市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2015>のプログラムの一つです。
このフォーラムでは4つのカテゴリーを構成する、多くのプログラムを通して市民社会について考えていきます。
パネルディスカッション、ワークショップ、講演、交流会……さまざまな企画をご用意しています。
みなさまのご参加をお待ちしています。
 
■開催期間:2015年2月6日(金)~8日(日)
■会場  :東京ボランティア・市民活動センターおよびその周辺会場にて
■参加費 :2,000円
*3日間のすべてのプログラムに参加できます
*企画によっては、別途費用がかかる場合があります。
*学生割引あります。詳細はホームページまで。
■企画  :ボランタリーフォーラムTOKYO2015実行委員会
■主催  :東京ボランティア・市民活動センター
■HP   :http://www.tvac.or.jp
■Facebook :https://www.facebook.com/voluntaryforumtokyo

以上。
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>