宗教法人「小牧者訓練会」代表による女性信者乱暴事件で、準強姦(ごうかん)罪に問われた同会代表で「国際福音キリスト教会」主任牧師卞在昌被告(61)の初公判が16日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であり、卞被告は「そんなことはあり得ない。全面的に否認します」と起訴事実を否認、無罪を主張した。 

【関連ニュース】
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー(医療介護CBニュース)
郵政改革法案、20日ごろ概要公表=亀井担当相(時事通信)
割引財源で高速道建設=財政特措法改正案審議入り-衆院(時事通信)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー-金融庁(時事通信)
AD