テーマ:

頭の中に突然音楽が流れてくることはあるんだけど、

今回は何故か『好きすぎてバカみたい』ばーいDEF.DIVA(あややごまきなっち石川梨華)って

またびみょーな数年前の曲。


なんでだよ!(笑)



あ、まぁでもメンツ的にはかなり好きだったけど。

ていうかおいらは石川大好きだ。

どれくらい好きかというと、何年か前に一時ケータイの壁紙にしてたくらい好きだ。

・・・ああいう「女の子女の子女の子っ!」オーラを身に付けてモテたかったんだよ!悪いかっ(半泣き)!



あと、そういえばつんくの曲って最近あんまり聴かないけど、

たまに聴くとやっぱすごい人なんだなーと思う。


こないだ『R35』っていうコンピをTSUTAYAで借りてきたんだけど

(「もう一度、妻を口説こう」ってコピーは偉い)、

シャ乱Qの「シングルベッド」も入ってて。

やっぱ歌うまいわー・・・としみじみ思った。

すごい特別な声の持ち主だし。


で、つんくが凄いと思うのは、

いかにもつんく!な曲をモー娘。に歌わせているのに、

歌が最終的にその娘たちのものになってるというところ。

頭の中でつんく節を合成してみることも可能なんだけど、

それに引っ張られることなくアイドルの歌として聴ける。

なんでだろ。

ま、とりあえずそれはいいことだと思う。


B'zの稲葉さんプロデュースの宇浦冴香はその壁を乗り越えられるんでしょうか??

おいらの場合今んとこ、頭の中で稲葉さんの声に乗っ取られっぱなしです。

生き霊かよ!

ま、聴く側の慣れもあると思うので、気長に頑張って頂きたい。


大物男性アーティストのプロデュースした女性歌手って大抵長続きしないけど、

あれって何でだろ?

飛鳥涼プロデュース黒田有紀とか(よく名前憶えてたな私)

福山雅治プロデュース・・・誰だっけ、1曲すごい売れた人いたなぁ、とか。


やっぱり女性ファンの反感を買うんでしょうかね?


宇浦ちゃんが売れてるのも、とりあえずまだオコチャマだからということで

女性ファンの反感をまともに食らってないってことか?


・・・つくづく音楽のセールスってわかんないもんだ。


でもま、結局、誰がプロデュースしようがどんなタイアップが付こうが、

最終的には本人の才能と努力の輝き次第なんだと思う。

売れるからいいアーティストとは限らないけれど、

売れる人は売れるのに相応しい輝きを何らかの形で持ってると思う。

そういう意味ではまぁ、公平な世界と言えなくもないかなぁ。



ま、そんな訳で、

ケツメイシのアルバムが発売されたおかげで

街でエビちゃんPVをいっぱい見られてちょっとご機嫌なオイラでした。


んー、やっぱ可愛い子大好き♪

って話が一周しとる!!







AD