大内ゆうだい(大内雄太) 福島市議会議員(放射線解決クラブ)のBlog

放射線問題の解決無くして福島の安心はない!!

政治活動報告&福島市の放射線量測定報告

福島の子ども達に制約のない屋外活動を!
全国各地で御支援戴いている様々な屋外活動(保養)の情報も掲載しています♪

子ども福島のHPの「保養情報」をチェック♪
http://kodomofukushima.net/


ボランティアで住宅除染及び土壌・食品放射能測定実施中です。


natsu-kano@i.softbank.jp

福島市の道路には、土砂が溜まり、雑草が生い茂り、コケも生えています。


子ども達をはじめ、住民の放射線リスクを低減するには、
行政側の除染を待つだけではなくて、自分達で清掃するのが一番早くて、確実です!


みんなで除染やりましょう!




NEW !
テーマ:

8.福島健康調について 

(1)福島市の(行調)のが6000人を過している現状について 

① 平成24年にされた行調では、

が 53,560 人(0~5 15,253 人、6~10 14,062 人、11~15 14,882 人、16~18 人 9,363 人)の

が 47,336 人(0~5 13,372 人、6~10 13,565 人、11~15 13,697 人、16~18 歳 6,702 人)と受が 88.4%で が 6,214 存在する。

には、行きたくても行けない方、の事が用できずに他の 関で受されている方など様な要があるといういている。

平成 26 年 8 24 日された第 16 回の健康調検討会では、意味は、学的なデ収集が的ではなく、子ども一人一人の健康るために要なであるという認識であることが、検討会の理解でめてすることが合われていたことからも、福島市の子どもた健康るために積極的な受診勧奨とヒアリングに加え、きめ かい受診機会の創出を福島同で行うべきだが、見解を伺う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

7.福島市自の化対策について 

(1)子ども子育て度でする支援について

①国も化対策として、3 目以降の子どものや育える的に支援する 政すとしておりますが、具体的な確になっておりませ。 

 福島市子ども子育て支援事業計画子案のには、ここ2年間でした子どもは連して 加しておりますが、が今後5年間で300~400減少するという推定がされて いることから、子どもをかって頂ける様な環境を整える要があります。 

 しかし、りには3上子どもをが非常に多い気がしております。子ども子育て新度の一として、幼稚奨励費補助が見直され、育園と同様に、第 1 子が学校 3になるまでは、第 2 子、第 3 無料という様にされましたが、子ども3人の、第1 子が大学という様に年がれているという意外と多く、3人子どもを育てているのに、無料とならないという見を頂しております。

    化対策されている援するに、福島市組みとして、幼稚・保育園の区別なく3目以降無料化にすべきだが、見解を伺う。   

(2)3上子どもをけての新たな支援について 

①既3上の子どもを育てている状況から更に子どもを産み育てて頂くためのを行うのか?というのも、考える要があると思います。

3える現として、同の子どもを保護者からのを伺う限りでは、4人子どもをえるとズや住まいの規模がアップしてがえたり、い事や大学以降の進学に影響を及ぼすこと不安などがげられます。

財政的な支援も検討なされるべきだと思れます。所得限を考慮しつつ、市での費にも寄与される様に、プレクーポンの様な使いが限定的なで、子育ての経的支援も検討されるべきと考えますが、見解を伺う。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

6.幼稚・保育園における障害つ子供へのきめかい対応について

 (1)がなければは支援が受けられない。急な現状について 

① 育現において障害つ子ども慮には、きめやかな応対要とするため、 として学などに影響を及ぼされてしまうためにマンパーを要しております。 

しかし、現状のにおいては、障害であるというがなければ、加などに関る補助を受けることはできませ。 

障害つことが疑れる子どもは、自分で病院に行くことはできませから、保護者が 認をし、病院に連れて行くことではじめて断」を受けることができます。 

保護者が認するためには、誰かが「可能性」保護者え、受要がありますが、あくまでも「可能性」であるがに、が保護者える背景には、様ラブ容易に想することができますし、受をするにしても予の関で時間を要します。 

 現状では、は、地域相談し、36ヶ月健診健診(5)での 対応議しているとのことですが、うまくせなかった場合は、すべき人 を確することができず、子どもも受けられるべき育を受けられないまま時間だけが経過するという状況にっているが多いというき及でおります。

    ういった現状の認識について、
見解を伺う。

ば障害可能性がある
子どもに関して、現とが
議を行い、障害可能性があり、
等のが要であると認めら
れる場合には、がなく
ても定的に認めるうに件を
するべきだが、見解を伺う。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

4.学校給食における食材調達について
(1)福島市産米の調達の改善について

 ①現在、学校給食で使用される米の調達は、福島県学校給食会を通して、福島市から郡山市の JA パールラインに移送され、精米されてから福島市に戻ってきて炊飯をされております。 地産地消をするのに、往復80km以上の移動は必要でしょうか?

その費用は一体どこに転嫁 されているのでしょうか? 

現在、学校給食で使用されている「コシヒカリ」は、本来使用されるべき「ひとめぼれ」から一般財源を投じて、ワンランク上の米が提供されていますが、その財源の一部が不要な配送費用に使用されていたとするならば速やかに是正されるべきだが、見解を伺う。

②今回行政視察で行った他自治体における学校給食の食料調達についての調査では、学校給食会 を通しての食料調達は絶対ではなく、JA や八百屋組合などとの競争をしているという実態も把握 しております。

学校給食の炊飯を行う東部給食センター及び卸町の民間業者との位置関係を鑑みれば、JA新ふくしまと直接契約し、配送した方がよろしいのではないか?見解を伺う。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

4.学校給食における食調について
(1)福島市
の調について

 ①、学校給食で使用されるの調は、福島学校給食会をして、福島市から市の JA パインにされ、精米されてから福島市にってきて炊飯をされております。 をするのに、復80km以上の要でしうか?

の費用は一体どこに転嫁 されているのでしうか? 

、学校給食で使用されている「コは、使用されるべきとめぼから一般財源をじて、ンク上のが提供されていますが、の財源の一が要な費用に使用されていたとするならばやかに正されるべきだが、見解を伺う。

②今回行政視察で行った他自治体における学校給食の食調についての調では、学校給食会 をしての食調ではなく、JA 八百屋組合などとの競争をしているという把握 しております。

学校給食の炊飯を行う東給食ー及び卸町の民間業とのばJAくしまと直接契し、した方がろしいのではないか?見解を伺う。 

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード