大内ゆうだい(大内雄太) 福島市議会議員(放射線解決クラブ)のBlog

放射線問題の解決無くして福島の安心はない!!

政治活動報告&福島市の放射線量測定報告

福島の子ども達に制約のない屋外活動を!
全国各地で御支援戴いている様々な屋外活動(保養)の情報も掲載しています♪

子ども福島のHPの「保養情報」をチェック♪
http://kodomofukushima.net/


ボランティアで住宅除染及び土壌・食品放射能測定実施中です。


natsu-kano@i.softbank.jp

福島市の道路には、土砂が溜まり、雑草が生い茂り、コケも生えています。


子ども達をはじめ、住民の放射線リスクを低減するには、
行政側の除染を待つだけではなくて、自分達で清掃するのが一番早くて、確実です!


みんなで除染やりましょう!





テーマ:
2014/10/18(土)

信夫ヶ丘緑地で開催された福島市総合防災訓練を視察しました。

FMポコさんでも、実況生中継をされていましたが、倒壊建物救出訓練の途中から様子を見ておりました。

基本的には、自主的な防災力を高めて頂く必要性を行政側は期待しています。
 
福島市の場合は、吾妻山の噴火。河川の増水による浸水。地震によるライフラインの寸断(1週間程度を耐えられる備蓄)。そして、原発事故の再発。を想定する必要があります。

先日、松川町美郷地区で開催された認知症徘徊訓練しかり、日頃からの訓練は必要ですね。

永井川、伏拝、黒岩、太平寺で浸水被害が予想される濁川で草木の刈払いをしながら往来する人々のパターンを見ていますが、若い世代も多く、危険箇所の認識などの啓蒙や高齢者世代の支援のあり方などを具現化してみようと思います(^_^;)

{DD096AC5-46B8-489A-9FC9-41EE8966DFC0:01}

{F1FA76BB-CB9D-4E08-899F-2266787244CE:01}

{BC6364EB-B30E-4C69-8135-2CF280522C81:01}

{8B3C5471-9AE1-474A-B877-86E4BA3815E5:01}

{EB05B777-2B92-4A1E-B1BB-CE487B13D9AB:01}

{9D8ECD4D-2570-445A-8C77-759901C1F0F4:01}


AD

テーマ:
【ボランティア募集】
ふくしまのフルーツを応援する若者の会より、ボランティア募集のご案内を頂きました。

ご興味ある方は、お気軽に下記までお問い合わせくださいませ。

≪リンゴ農家の葉摘みボランティア募集in福島市≫

リンゴの生産量で全国5位(平成22年度データ)の福島県。

今年の1~3月に果樹の除染作業を行い、福島市産のフルーツは、主に20Bq/kg以下を検出限界値とする放射線量測定の結果、概ね放射性物質は検出されていません。(平成24年9月末以降)

しかし、風評被害による価格下落などに伴い、これまでのようにパートさんを雇う余力がなく、リンゴを満遍なく赤く着色させるために必要な葉を摘む作業の人員が足りずに困っています。

そこで、ボランティアで、作業のお手伝いをしてくださる方を募集中です。

作業場所:福島市内全域
募集期間:11月中旬まで
作業時間:朝~日が暮れるまで
※集合場所は、福島駅からの送迎を基本に、参加者の方の交通事情によって、柔軟な対応を致します。

お問い合わせ
ふくしまのフルーツを応援する若者の会
担当:大内
連絡先:050-5899-2183
AD

テーマ:
残念なニュースです。


九州電力の川内原発(鹿児島県)の立地する薩摩川内市議会が、原発再稼働を求める陳情書を賛成多数で可決する見通しとのことです。

福島の状況を少しでもわかっていれば再稼働なんてありえないのに…

万が一、福島と同じような事になっても私は同情しません。

AD

テーマ:
福島第一原発の汚染水はコントロールされていると思いますか?

くまさか義裕さんは、原発をはじめとする情報を開示すると公約しています。

SPEEDIのデータを抹消した与野党相乗りの候補者には、できないことです!

原発がコントロールされていると国は言っていますが、福島県民は誰も信じていないと思います。

これまでの県政の継続では、福島の問題はなかったことにされてしまいます。

20歳から40歳の若者世代の方々。

今回ばかりは、選挙に行ってください!

{54AD99EF-2750-4C6A-94F4-9C74BEEA908E:01}

{14C77DDB-6318-4D41-BBF0-59ACECB19D8C:01}


AD

テーマ:
福島県知事選もあと11日。

鉛筆一つでできる勇気…

くまさか義裕候補の総決起大会に参加しています。

会場は立ち見でさえも一杯になっています。

与野党相乗りの軍艦(内堀氏)VS手漕ぎボート(くまさか氏)の構図は、嘉田元滋賀県知事の最初の選挙にそっくりとのこと。

未来ある子どもたちのために福島の誇りを取り戻さなければなりません。

{05198029-B0B4-4EDD-A28B-C8976320902C:01}

{42212759-E678-4D13-9C5A-5849118D29FC:01}


[PR]気になるキーワード