大内ゆうだい(大内雄太) 福島市議会議員(放射線解決クラブ)のBlog

放射線問題の解決無くして福島の安心はない!!

政治活動報告&福島市の放射線量測定報告

福島の子ども達に制約のない屋外活動を!
全国各地で御支援戴いている様々な屋外活動(保養)の情報も掲載しています♪

子ども福島のHPの「保養情報」をチェック♪
http://kodomofukushima.net/


ボランティアで住宅除染及び土壌・食品放射能測定実施中です。


natsu-kano@i.softbank.jp

福島市の道路には、土砂が溜まり、雑草が生い茂り、コケも生えています。


子ども達をはじめ、住民の放射線リスクを低減するには、
行政側の除染を待つだけではなくて、自分達で清掃するのが一番早くて、確実です!


みんなで除染やりましょう!





テーマ:
2014/10/1(水)

子どもたちの甲状腺検査を受診しました。

長女は2回目、次女は初めての検査を受けにあづま脳神経外科を訪れました。

長女が初回で受診したアオウゼの時とは環境が大きく異なり待ち時間はなかったものの暗い部屋だったために次女が怖がって手こずりましたが、何とか終了…

2人とも所見はなかったので良かったのですが、明らかに初回よりは時間をかけて見てくれました(^_^;)

甲状腺検査の未受診が以前多い状況にあります。

内部被ばくを測定するホールボディカウンターと違って、甲状腺検査は個人差がありますので、子ども全員の受診をお願いしますm(_ _)m

{C3F900BA-7659-4527-B5F8-6A47721DD353:01}

{0909BF76-E03C-4A35-8526-4F4E4B8E00DC:01}

{8CEC69ED-52B6-4DEF-9F89-5442EDB8AEE6:01}

{6D634646-FA44-497E-B14A-7380DC20F8EA:01}


AD

テーマ:
2014/10/26(日)

千葉県鎌ヶ谷市で、福島市産のりんごとお米のPR販売を行いました。

初めて訪れたフリマ会場でしたので、弱気の様子見で…

米70kg、りんご約200個を用意しましたが、2時間で完売しました(^_^;)

桃&りんご売りにすっかり慣れた長女も今年で3年やってますので、お客さんの相手も上手になってしまいましたf^_^;

{2F642AE5-952F-4486-8006-8172AC384844:01}

{CB7B936C-EB63-414F-81BF-7874FA43FA89:01}


AD

テーマ:
2014/10/28(火)

様々なイレギュラーを経て、福島市議会として神奈川県藤沢市へ行政視察に来ています。

藤沢市地産地消の推進に関する条例に基づく推進計画を学びました。

例えば、学校給食に関しては、地産品の品目を数値的な目標を立てており、先の9月定例会議の一般質問でテーマに挙げた学校給食の自給率向上に対しても戦略的に市の農政と教育委員会と生産者とJAとが連携をしていました。

人口や経済面では藤沢市の規模が大きいこともあり、生産物の消費に関する悩みはあまりなさそうでした。

農業の規模は圧倒的に福島市の方が大きく、特に、外に売りに出なければならないモモ・ナシ・リンゴ・キュウリを抱えている点では問題の解消には至らない視察だったかもしれませんが、市がリーダーシップを取り、民間であるJAや各団体と協働で、様々な事業を行う姿勢や具大的な数値目標を立てることは必要だと感じました。

また、藤沢市の様に経済部として商工部門と農水部門が統括されて事業を行うことで、円滑に事業が執行されるのだろうなぁ…とある種の核心を抱きました。

{FD3C7BD7-9009-4705-8A7C-54FE0F0D2072:01}

{9FC460B0-2C6F-49F9-9EB3-3E6BF1265204:01}

{D1E7E3E7-6BDC-4E95-976D-7DCEB47C5B0E:01}

{DAA1D636-453A-43E0-8970-33BF06E2326B:01}


AD

テーマ:
2014/10/18(土)

信夫ヶ丘緑地で開催された福島市総合防災訓練を視察しました。

FMポコさんでも、実況生中継をされていましたが、倒壊建物救出訓練の途中から様子を見ておりました。

基本的には、自主的な防災力を高めて頂く必要性を行政側は期待しています。
 
福島市の場合は、吾妻山の噴火。河川の増水による浸水。地震によるライフラインの寸断(1週間程度を耐えられる備蓄)。そして、原発事故の再発。を想定する必要があります。

先日、松川町美郷地区で開催された認知症徘徊訓練しかり、日頃からの訓練は必要ですね。

永井川、伏拝、黒岩、太平寺で浸水被害が予想される濁川で草木の刈払いをしながら往来する人々のパターンを見ていますが、若い世代も多く、危険箇所の認識などの啓蒙や高齢者世代の支援のあり方などを具現化してみようと思います(^_^;)

{DD096AC5-46B8-489A-9FC9-41EE8966DFC0:01}

{F1FA76BB-CB9D-4E08-899F-2266787244CE:01}

{BC6364EB-B30E-4C69-8135-2CF280522C81:01}

{8B3C5471-9AE1-474A-B877-86E4BA3815E5:01}

{EB05B777-2B92-4A1E-B1BB-CE487B13D9AB:01}

{9D8ECD4D-2570-445A-8C77-759901C1F0F4:01}


AD

テーマ:
【ボランティア募集】
ふくしまのフルーツを応援する若者の会より、ボランティア募集のご案内を頂きました。

ご興味ある方は、お気軽に下記までお問い合わせくださいませ。

≪リンゴ農家の葉摘みボランティア募集in福島市≫

リンゴの生産量で全国5位(平成22年度データ)の福島県。

今年の1~3月に果樹の除染作業を行い、福島市産のフルーツは、主に20Bq/kg以下を検出限界値とする放射線量測定の結果、概ね放射性物質は検出されていません。(平成24年9月末以降)

しかし、風評被害による価格下落などに伴い、これまでのようにパートさんを雇う余力がなく、リンゴを満遍なく赤く着色させるために必要な葉を摘む作業の人員が足りずに困っています。

そこで、ボランティアで、作業のお手伝いをしてくださる方を募集中です。

作業場所:福島市内全域
募集期間:11月中旬まで
作業時間:朝~日が暮れるまで
※集合場所は、福島駅からの送迎を基本に、参加者の方の交通事情によって、柔軟な対応を致します。

お問い合わせ
ふくしまのフルーツを応援する若者の会
担当:大内
連絡先:050-5899-2183

[PR]気になるキーワード