福岡フィルムコミッション主催、熊本地震復興チャリティ上映会が福岡アジア美術館のあじびホールで開催されます





映画「水を得た男(18.5分)監督:中村周一
弟の家で居候している無職の男、「朗人(あきと)」は怠惰な生活を送っている。飲み歩いた帰り道、江津湖のほとりで水を売る不思議な少女に出会う。朗人は水道水が天然水である熊本で水を売ることをバカにするが,興味本位でその「水」を買ってしまう…。




福岡フィルムコミッションに縁のある監督,制作の皆様のご協力により,チャリティ上映会を開催いたします。熊本地震により今は見ることのできない風景も含め,熊本の魅力を記録した作品です。
作品の上映を通じ,熊本へ心を寄せていただく機会になればと願っております。

■日時・場所

平成28年7月25日(月)

あじびホール(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8F)

昼の部 (受付13:00~)14:00~16:00 【昼の部お申込みはこちら】

※協賛企業のご提供により昼の部では熊本オフィシャルウォーター「熊本水物語」を配布させて頂きます。

地震の影響で現在製造が中止されております。(夏以降再開の見込み)パッケージが変形するなど

市場に出ていない在庫を購入させて頂きましたので数量に限りがございます。先着順となります。

夜の部 (受付18:00~)19:00~21:00【夜の部お申込みはこちら】

■入場料 500円

全額「熊本支援 福岡市義援金」を通じて,被災者の皆様への支援に寄付させていただきます。



■イベント内容


①映画「アリエル王子と監視人」(70分)2015年 監督:稲葉雄介 【作品詳細はこちら】

(作品紹介)お忍びで来日した異国の王子が出逢ったのは,まるで正反対に生きる女性だった。

三日間の休日,2人のエスケープ。熊本版ローマの休日という口コミも寄せられています。



②映画「水を得た男」(18.5分)



③監督,作品関係者によるトークセッション(20分)2015年 監督:中村周一





■主催 福岡フィルムコミッション

■協力 稲葉雄介監督,キリンジ

中村周一監督,CHINZEI

■協賛 ティ・ヴィ・グラフィック

パイロン

株式会社ビデオ・ステーション・キュー

株式会社ワンダーランドハウス






AD