心を澄ませば・・・

トイプードルのモコさんと
マルチーズのハチさんと、
ときどき娘のブログです。


テーマ:
この間、娘が人間性を疑いたくなるようなひどい発言をしまして、

それを正すというより、
そういう思考回路になぜなるのかわからず、
(後ほど、どうしても気になりまして、娘にしつこく聞いて詳しく知ったら、相手にひどい事をされたから自分もやり返してもいいじゃないか!という子供的発想だったので少しホッとしました)
私は少し落ち込んでしまい、
夫に、

「私の育て方が悪かったのかな。」

と、しんみりと愚痴りました。

夫が

「そんなことはない。親が子に与える影響よりも、その子が持って生まれた性格というのはとても強い。だからママのせいじゃない」

と、言いました。

たしかに、

思ったように育たないのだから、
親の影響なんてたかだかしれてる。

環境から変化していくものも、もちろんあるだろうけど、

その子本来が持って生まれたものだって、
十分、強いわけだ。

心がスッと軽くなり、

そうか、たしかに、まぁまぁ酷めのママだったけど、いい子に育った。
性格歪んでるのは、もともとの娘の性格だ!

と思い直すことにした!笑


親が子供に与える影響なんか、
たかだか知れてる。

その後に続く言葉は

だから気にしないでいい。なのか、

自惚れるな。なのかもしれない。

子を思いのままにすることなどできないのよね。


そして、知らず知らずかけた親の呪いの言葉を、

必ず子供は解くことができる気がする。


そんな気がした。


夫が精神科医だからこそ、のアドバイスだと思いました照れ


テーマ:
さて、今日は息子の誕生日。

さきほど、目が覚めた息子が

「4歳になった?」

と一番に聞いてきた。

4歳になったよ!お誕生日おめでとう!

と伝えて抱きしめたら、とても喜んでいた。


さぁ!今日は息子の誕生日!

忙しいゾー!!!

なんてことはなく、笑

息子と1日、プラレールやシンカリオンで遊んで部屋中に線路を作って、

ダラダラと、過ごします。

夕方、夫が仕事を終えたら帰ってきますが…

焼肉食べに行きます。

最初は家で手料理で!とか色々思ったけど、
それを作って用意する間、
ムスコを待たせたりバタバタしたりするのやだなぁと昨夜思いまして、
ならば外食にして、
朝から晩まで息子と遊んであげようと思いました。ニヤリ

私の周りには
手作りケーキとか、
プロ顔負けのパーティ料理を作る、
出木杉、ママ達もいるのですが、

わたし、家事全般が、好きでないので、
致し方ありません。

そして、料理を作ったら









あなた、後片付けがあるんですよ。。。
ガーンガーンガーン


当たり前ですけど。



外食バンザーイ。

というこで、行ってきます。



昨夜も疲れ切って幼稚園帰りに夕飯しましたけど。笑い泣き
{E311096C-F52C-41A8-B5FE-384E5F5B1BB0}


でも、これでイイのです。

母、イライラしない。
これをモットーに頑張ります。


テーマ:
さて、反省してます。

先週今週と体調面でトラブルがありました。
先週は腹部激痛が起き救急車を呼ぶ騒ぎに。
今週は流行りのインフルエンザになり40度近く発熱しました。今週というか、昨夜の話しですが。

そんなこんなで体を休める必要がありまして、ゆっくりした時間を過ごしてます。

そしてやっぱり、色々と回想したり、他人のブログを読んだりして気づいたことが。

私、傲慢だったなぁ〜って。

わたしここ最近ね、、、勘がいい!運がいい!わたしスゴイ!
っていう傲慢さがすごいあった気がするの。
過去に失った自信を取り戻すために多少はそう思わないと、昔みたいに、卑屈になってしまうのが怖かったのかもしれない。

根拠の無い自信で不安を取り除きたかったのかもしれない。

優しくて素敵な夫に出会えて、息子も生まれ、病気も治し、娘も素直に育ち、息子もすくすくと良い子に育ち、、、
幸せなのは、私が掴み取ったものよ!
わたし、すごい!って思っていたのよね。
思っていた。

けどそれってやっぱり、また言うけど不安だからなんだよね。

不幸自慢も、幸せ自慢も、どうでもいいけど、

不安なのも仕方ないけど

自分が生かされている事に感謝する気持ちを失って、自分がすごいからという傲慢さで不安を消すのは違うのかもしれない。
このゆっくりとした時間に考えていました。

40度近い発熱中、夫がいたからから、なぜか余裕があり、身体の変化にあえて注意を向けてみました。

目に見えない、細胞や体の全てがウィルスと戦って頑張っていてくれているんだろうかと、考えてみたり。


朝起きたら髪まで汗でグッショリでね、熱は下がっていて、自分の身体の力に驚き、感謝した。


先週は深夜、救急車で運ばれ、あんな丑三つ時に、救急隊員の方々、搬送受け入れてくれた病院、ドクター…ちゃんとお礼も言えないまま。。。
たいしたことはなく、原因も不明だったのですが、白血球がハイだったので何らかは起きていたとは思うのですが(尿路結石かも)
朝5時に病院の前にはちゃんとタクシーが止まっており、無事に自宅まで帰れました。
ありがたいことだなと、思いました。

傲慢だったなぁと思いました。
うまく説明できないのだけど。

誰かの優しさや、誰かの努力や、見えない細胞や体の仕組み、そういうものの上で生かされて成り立っているのに、
自分だけスゴイみたいな気になっていた。
卑屈な気持ちで言うわけではなく、
私はただの人間なのに。
みんな同じ人間なのに。

三年前に手術した時、あれほど感謝したのに、私はまた忘れてしまった。

もう一度、考えを改めて、
もう一度、ちゃんと考えてみようと思います。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。