みおやの畑とごはん

のんびりはらりとやっております。


テーマ:

やり残しがあるような気がして

ふりかえるけど、

気の迷いじゃ。

 

なんてたってコレからだもんな。

明日はあでれいどからの客人が

先陣を切っていらっしゃる。

 

さあて10日間のダッシュをこなすのは

嫌いじゃあ無いけど、待てよ・・・?

 

10日間もほっぽいといたら

猫デコはどれだけ草に埋もれちゃうのか、

想像するだにオソロシや〜〜〜。

 

あっちやこっちを隙間時間でつついて整え、

草をよけたら

見い〜つけちゃった。

 

コンニチハ

つるんと丸く小玉西瓜のちび助さん。

まだ薄く産毛が残るが、

いちょうまえに縞など纏って立派だねえ。

百日草とツユクサの横でコロンと出来てる。

可愛いなあ〜と暫し見とれる。

 

先端を止める事もなく伸ばし放題の小玉西瓜は

思うがままに蔓を伸ばして、

ラベンダーにもぐり込んだり、

百日草の根元をくぐってお隣さんに辿り着いたり、

自由に広がる。

 

いいぞ。

そうでなくっちゃ。

思うがままにどんどこ伸びろ。

そして、コロンコロンとまあるくなったら

なお嬉し・・・・。

 

こっちにだって、きままなコロン。

産毛は脱いだ、お兄さんはさすがじゃ。

コンクリぎりぎりのエッジに座るだけでなく、

枯れたルバーブ大王の大きな葉っぱを敷いて準備万端。

 

すくすくと大きくなっておくれと

念じるかーちゃんに、

アタチダッテ〜と小さい声が・・・・

そんな猫デコ通路の上では

焼けたコンクリで煮えちゃうぞ。

そろりと蔓ごと地面に移して

小玉西瓜は只今3個と確認しつつ

たっちゃん苗とさきちゃん苗の、

どちらからから伸びた蔓なんだろうと

そろりと根元を辿ってみるけど、

自由気ままな君たちだもの

すでに絡まり

わっからなあ〜い。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

青息吐息となるのは疲れているのかな〜と

おもっていたけど猛暑日だそうな。

 

熱い空気を掻き分けるようにして

猫デコ通路を歩くとき、

暑さと湿気でクラクラしちゃう。

 

熱をたっぷりため込んだかーちゃんは

もうなあ〜んにも欲しくない。

お台所にたったとて、

なあ〜んにも思い浮かばず

蛇口をひねってはお水ばかりを

こぷこぷと飲む。

 

よろしくない。

 

こんな時こそパキッと食べなくちゃあと

頭ではわかっているけど困ったなあだ。

 

ひとまず平鍋に干し椎茸と昆布の出汁を入れ、

みりんとお醤油加えて煮立たったのなら

猫デコの糧を放り込む。

どさどさどさ・・・・

シシトウガラシじゃあござんせん。

熱波にも負けぬと宣う万願寺を丸ごとじゃ〜。

切ることすら面倒なかーちゃんを笑っておくれ。

これをクツクツ煮込んだのなら

くったり萎れてなんとかなるのではなかろうかと

目論むわけさ。

 

クツクツ煮えている間に

それでも何か食べなくっちゃと

そうめん茹でて、冷蔵庫のあれとこれを

乗っけて散らして・・・

ぬるぬるねばねばと手に手を取り合い

「食べたくない」ココロモチを

たぶらかしつつなんとか食べる。

 

イソフラボンにカルシウム。

ナットウキナーゼに白ネギビタミン。

なんとか威力を発揮してくれと願いつつ、

しんなり万願寺にさらに加える。

どさどさどさ・・・

たいしたもんだ猫デコ2号。

熱気と雨とで猫デコ2号の茄子は只今真っ盛り。

焼き茄子だって揚げ茄子だって好きだけど、

今日は濃いめの味を含ませて

ひんやり冷やしたこっちしなよと

カラダが言うのさ。

 

さあもうちょっとクツクツクツ・・・。

煮え上がりに打ち水をして

火からおろしてそのままそのまま。

 

ちょっとだけ大きくなって、

夕ご飯の時間が遅くなったちびっこ達に

じんわりと煮汁が染みた煮物を差し出す。

 

・・・・・・

・・・・・

ふふふ・・

茄子は美味しいってさ。

まずはこれが第一歩。

万願寺はなあ・・・

次の一歩さ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
▼わたしのねこのタイプは…
 
いかんなあ・・・・
思わずしちゃったぞ。
 
 
 
 
占いは信じないけど、
藁をも・・・・
 
そうか、もっとやさしくなろうっと。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

おからが好き。

 

牛蒡に人参、干し椎茸を混ぜ込んで

ホロホロと崩れる寸前まで炒り付けた

手応えの無さがたまらなく好き。

 

だがしかし、

玄米ごはんに乗っけて

美味しいなあと食べるのは

かーちゃん一人じゃ。

 

たま〜にゴジンさまが

ちらりと食べる。

 

それならば、これでどうだと

少年少女に差し出してみる。

すりおろした人参と

豆乳、お塩とオリーブオイル。

お酢もちらりと垂らせば

大好きなポテトサラダと大差ないじゃろ?

 

件の糧に乗っけた上に

梅酢漬け玉ねぎまで乗っければ

熱波と湿度で萎れるカラダだって

芯からシャキンとするってなもんさ。

 

少年の好きなタラコもチラリと混ぜ込んだなら

「タラモサラダ〜」の雄叫び1つ。

 

雪花菜の炒り煮だって

「美味しい」と言ってくれる日が来る事を願いつつ、

おからのディップを並べるかーちゃん。

 

至福の一口。

なんともジミな景色ではあるが、

へへへ〜んだ。

こんなに小洒落たシーンもあるぞ。

今月です。

いよいよです。

あともうちょっと。

 

本家のごはん本に掲載されます。

おからのディップは、

ひいふう・・・4種。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

かーちゃんは手が小さい。

叱られながら練習させられた

ピアノだって、

ど〜からど〜が届かなかった。

 

そのかーちゃんの小さな手に

ジャストサイズさ。

 

無花果初採れ〜。

 

今年伸びた枝に実る無花果は

夏も終盤に採れる。

この無花果は昨年残した枝に実ったのだが、

でかいじょ。

 

ほほほ〜と眺めて

さあ誰と食べようか。

 

そして、小さいかーちゃんの手に

こちらははみでちゃう〜

ビッグじゃ。

基次郎さんのはきっともっと小さいだろうが、

この福々しさはたまらなく愛おしい。

 

嬉しいなあ〜。

 

東からやって来たレモンは

果汁だけでなく皮もピールにしちゃろうかと

只今思案中〜。

 

そして、またまたかーちゃんの手にジャストサイズで

日々の糧。

意気消沈気味の数日を

救ってくれる心の糧。

 

ありがたや。

 

よくたらかーちゃんに

アクセクせずにゆるりと行けと教えてくれる。

 

己の掌に見合うものが

幸いなるものかもしれないなあ〜。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。