タイトルのないミステリー

これは小説のタイトルではありません。
ブログのタイトルです。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


それぞれの小説のタイトルをクリックしていただくと

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる



*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。


<一作目>

リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
申し訳ありません、原作変更のため只今公開を中止しています。

2作目よりお楽しみ下さい。

<二作目>

ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

ささっと流し読みしていただければ幸いですアップ


<三作目>

羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
こちらも超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


<四作目>
魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い (2015年6月~
 
(短編連載)

 第一話 「獲物」
 第二話 「呪縛」
 
第三話 「幻想」
 第四話 「冤罪」
 第五話 「女優」

 第六話 「因果」  

 第七話 「誕生」

 第八話 「暗鬼」  

 第九話 「悪夢」

 第十話 「淫雨」

 第十一話 「故意」  

 第十二話 「起点」

 第十三話 「疑惑」  

第十四話 「奸計」  連載中)

こちらは短編構成です。1話が20~35回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、繋がっていく構成にする予定です。


短編でありながら長編?みたいな。ただ今第12話執筆中です。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。



ネット小説ランキング 長編小説Wandering $タイトルのないミステリー-小説のハコ

人気ブログランキングへ ←良ければポチッとして頂ければ嬉しいですニコニコ
blogram投票ボタン

アクセスが上 がるアメクリップ


アメクリップ
NEW !
テーマ:

いつもご愛読ありがとうございます。

「奸計」は昨日を持って完結したのですが…

今回のこのお話はミステリー仕立てではありますが

実はミステリーではなかったという何とも落としどころがあるのかないのか

読んで下さった方には「ん?なんだ?」と思われた方もいらっしゃるかも…^^;。

 

基本的に不完全燃焼的な終わり方が好きな私ですが

完全ミステリーならこの後、どうなったのかという想像を巡らせて楽しんで頂く、

というのがいつもの私のスタイルなのですが、

今回は完全なるミステリーではないので

今後の二人がどうなったのか?ちょっと尻切れトンボみたいで想像を巡らすにしても

面白くないと思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで昨日の完結後の後日談として3つのパターンを用意しました。

読者の皆様にはもっと他の筋立てをご想像していらっしゃる方もいるかもしれませんが

こんなパターンもあるという事で目を通して頂ければ幸いです。

 

それでは以降後日談です↓

 

Ⓐ 容体が落ち着いた千代美は明人の釈明と真摯な謝罪により夢の中での父の言葉もあって今までの事を水に流し、明人と改めて夫婦生活をやり直そうと思った。これで漸くこれからは穏やかで幸せな生活が送れるという事に安堵する。千代美自身いつの頃からかそれを望んでいた節があったので明人が千代美に一目ぼれしていたという事実は内心、喜ばしい事であった。勿論、顔には出さなかったが。

 だがこの一件で明人が千代美に頭が上がらなくなったことは言うまでもない。完全なるカカア天下、明人はすっかり千代美の尻に敷かれた生活を送る事になった。そして千代美はこのスリリングだった日々を時々思い出しては明人にささやかな悪戯をしては楽しんだりもした。明人は苦笑しながらもそれを大いに受け入れ楽しんでいた。その後、一男一女をもうけ二人はちょっとスリリングで楽しい幸せな人生を送った。

 

Ⓑ 明人の釈明を聞いても千代美の中に生まれた明人への疑惑を消す事は出来なかった。夢の中で父はあんな風に言っていたがあれはきっと千代美の願望が見せた言葉に過ぎないと思った。否、それより騙されていた事にますます不信感が大きくなった。明人への愛情が生まれていた事は確かであったが、あれが全て嘘で固められた物であるという事に納得出来ない。第一、本当に嘘だったのかどうかも分からない。千代美を家に戻してまた同じ事を繰り返そうとしているのかも知れないという思いが拭い去れない。千代美を突き落とした人間が明人ではなく既にほかの男が逮捕されたと聞いてもその思いを変える事は出来なかった。一度生まれた恐怖は消せない。明人を信じたいという思いはあったが自分にはもっと普通の人生の方が似合っているのだと痛感した。千代美は離婚を決意し、新たな道を歩む。明人が千代美に張り巡らした奸計はつまるところ二人を破局の道へと運ぶ事となった。

 

ⓒ 千代美は明人の企みが全て千代美の気を惹く為の事だったと知ってホッとする反面、どこか胸にぽっかり穴が開いたような気分になった。歩道橋から落ちた時見たと思った明人の姿は朦朧とした意識の中での見間違い、幻覚の様な物であったが、その時のあの顔が千代美の中では鮮明に残っている。だが夢に出てきた父の言葉と、明人の思いを知って嬉しいという思いもあって一旦は明人を許して二人で生きていこうと決意をするが、退院して気持ちも落ち着いてくると騙されていた事に沸々と腹立たしさが湧いてくる。あんなに毎日毎日その事で悩み、ドキドキしていた自分が馬鹿みたいに思えてくる。あれは嘘でした、などと言う言葉では消せないのだ。そして千代美は新たな決意をする。今度こそは最後に躊躇う事無く明人を葬り去る事を。毎日にこやかに笑って明人を油断させて最後には恐怖のどん底に突き落とすのだ。千代美の味わった恐怖を明人にも思い知らせてこの世から消し去る。そうしてその後、千代美は悠々自適の独身生活を満悦するのだ。千代美をこんな風にしたのは明人自身だ。彼は自分の浅はかな奸計により自らの命を落とす事になる。その時の事を考えると千代美の唇から自然に笑みが零れる。

 さあ、新たなるバトルの始まりだ。

 
いかがですしたか?
皆様の好みのエンディングはありましたでしょうか?
私の好みは…内緒にしておきましょう(笑)
 
それではまた次回作も楽しんで頂けますように。
 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「挨拶」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。