タイトルのないミステリー

これは小説のタイトルではありません。
ブログのタイトルです。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


それぞれの小説のタイトルをクリックしていただくと 

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる



*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。


<一作目>

リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
申し訳ありません、原作変更のため只今公開を中止しています。

2作目よりお楽しみ下さい。

<二作目>

ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

ささっと流し読みしていただければ幸いですアップ


<三作目>

羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
こちらも超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


<四作目>
魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い (2015年6月~
 
(短編連載)

 第一話 「獲物」
 第二話 「呪縛」
 
第三話 「幻想」
 第四話 「冤罪」
 第五話 「女優」

 第六話 「因果」  

 第七話 「誕生」

 第八話 「暗鬼」  

 第九話 「悪夢」  連載中)

こちらは短編構成です。1話が10~30回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、繋がっていく構成にする予定です。


短編でありながら長編?みたいな。ただ今第9話執筆中です。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。



ネット小説ランキング 長編小説Wandering $タイトルのないミステリー-小説のハコ

人気ブログランキングへ ←良ければポチッとして頂ければ嬉しいですニコニコ
blogram投票ボタン

アクセスが上 がるアメクリップ


アメクリップ
NEW !
テーマ:

「あ、あの、コーヒー代…」

「コーヒー?え、あ、あれは良いよ。僕が勝手に買ったのだし、ってか、それを請求する為にここにいると思ったの?」

「違うんですか…?」

「まさか!そんなにけち臭い男に見えた?」

「あ、い、いえ、そういうわけじゃ…」

美野里が慌てて首を横に振ると男性は笑った。

「ちょっと気になっていたから。あの時、あのまま放って帰ってしまったけど、大丈夫だったかなって後で気になりだして、そしたら偶然ここで見たから」

「あ…」

知らない人の前であんな風に泣いてしまった事を思い出してまた恥ずかしくなってきた。

「あの時は済みませんでした」

「少しは落ち着いた?実は僕も去年、母が亡くなってね、なんか他人事じゃない感じがして」

「そう、だったんですか」

「うん、あ、もし、まだ時間良かったらお茶でも、ってもう遅いか」

男性は腕時計を見て言い掛けた言葉を止めた。時間はもう十一時半近い。

「じゃ、またここにご飯食べに来るよ。バイト終わるのっていつもこんな時間なの?」

「あ、私バイト入っているの週二回だけなんです。月曜と金曜です。金曜はラストまでなんですけど月曜は十時で終わります」

「そうなんだ。じゃ、月曜日なら少しくらい時間取れるかな?」

「あ、え、ええ…」

「僕、名亜大の四年で宇部幸喜(うべこうき)、怪しいもんじゃないから」

「あ、はい。私、樫原美野里です。明穂野(あけぼの)女子短大に通ってます」

いつもだったら、こんな簡単に自分の事を言ったりしないのに何故かこの男性に対して警戒心という物が湧かなかった。

「帰りは、電車?」

「あ、はい」

「じゃ、駅まで送るよ」

「あ、ありがとうございます」

男性と肩を並べて歩いて美野里はちょっと気恥ずかしい気がした。美野里は今まで男性と付き会った事がない。だからこんな風に男性と二人で歩くという事も実は初めてに近い。何を喋ったら良いのかも分からない。宇部幸喜も何も話しかけてはこなかった。なんとなく気まずい感じのまま駅に着いた。

「じゃ、ここで」

そう言って軽く手を振ると彼は元来た道を戻って行った。その背中を見送りながらあの人は電車には乗らないのだと思った。

 翌日、初音が昨日の男性とはどうなったのだと興味深げに何度も尋ねてきたが何かがあったわけでもない、美野里はただ何も無いとばかり答えた。初音はちょっと怪しそうな顔をしていたが美野里がそれ以上何も答えそうにない事が分かると諦めたかのように聞かなくなった。

 翌月曜日にバイトに入った美野里は客が戸を開ける度に彼ではないかと思って目を走らせてしまっていた。

「どうしたの、美野里、なんか今日は落ち着かない感じ」

「そ、そんな事ないよ」

「そうお?」

初音にそう言われて気をつけなくてはと思ったがまた戸が開くといつもより敏感に反応してしまっていた。だが結局、宇部幸喜はその日は現れなかった。その翌週も、次の週も彼はやって来ず、心の奥で待っていた自分の事を馬鹿みたいだと美野里は思った。特に約束したわけではない、彼にとっては単なる社交辞令に過ぎなかったのかも知れないのに真に受けて待っていたなんてと思った。もうきっと来ないに違いないと半ば諦めかけていた一ヵ月後に宇部幸喜はやってきた。彼の顔を見た瞬間、美野里は心が躍るのを感じた。

(何?)

この自分の心の動きに美野里は自分で驚いていた。この感情は何なのだろうと思った。

「はは~ん」

そんな美野里を見て初音はちょっと意味深な声を出した。店内で彼と話す事はなかったが仕事が終わって外に出ると美野里は無意識に辺りを見回した。するとちょっと離れたところに宇部幸喜は立っていた。

「やっぱりね」

彼の姿を見て初音は頷いて美野里を見た。

「そう言う事だったのね」

「な、何?」

「とぼけるんじゃないの、そんな事になっていたなら言ってくれれば良いのに。協力するって言ったじゃない」

「そ、そんなって、まだ、何も、」

「分かった、分かった。詳しい話はまた明日、ちゃんと聞かせてもらうからね。とっとと行って来なさい」

初音はそう言って美野里の背中を押した。前につんのめるようにして美野里は宇部幸喜の前に出た。

「やあ」

「あ、こ、こんばんは」

「今日は、時間大丈夫?」

「あ、は、はい」

「じゃ、この先にケーキの美味しい店があるんだ。深夜0時までやっているから。そこで良い?」

「は、はい」

心臓の音が普段より大きくなっているような気がする。美野里は胸を押さえて静まれ、静まれと心の中で唱えた。

「どうかした?」

「あ、いえ、何でもないです」

自分でもどうしちゃったのだろうと思う。こんな感覚は初めてである。




<淫雨―12へ続く>

AD
いいね!(62)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「魍魎たちの誘い」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。