タイトルのないミステリー

これは小説のタイトルではありません。
ブログのタイトルです。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


それぞれの小説のタイトルをクリックしていただくと

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる



*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。


<一作目>

リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
申し訳ありません、原作変更のため只今公開を中止しています。

2作目よりお楽しみ下さい。

<二作目>

ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

ささっと流し読みしていただければ幸いですアップ


<三作目>

羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
こちらも超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


<四作目>
魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い (2015年6月~
 
(短編連載)

 第一話 「獲物」
 第二話 「呪縛」
 
第三話 「幻想」
 第四話 「冤罪」
 第五話 「女優」

 第六話 「因果」  

 第七話 「誕生」

 第八話 「暗鬼」  

 第九話 「悪夢」

 第十話 「淫雨」

 第十一話 「故意」  

 第十二話 「起点」

 第十三話 「疑惑」  

第十四話 「奸計」  連載中)

こちらは短編構成です。1話が20~35回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、繋がっていく構成にする予定です。


短編でありながら長編?みたいな。ただ今第12話執筆中です。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。



ネット小説ランキング 長編小説Wandering $タイトルのないミステリー-小説のハコ

人気ブログランキングへ ←良ければポチッとして頂ければ嬉しいですニコニコ
blogram投票ボタン

アクセスが上 がるアメクリップ


アメクリップ
NEW !
テーマ:

「何ぼーっとしているの?」

朝食中にそう母に声を掛けられてハッとした。昨日は結局柴崎のプロポーズをはっきりと断らなかった。昨日、今日あった人間と結婚なんて冗談じゃないと確かに思っているのに柴崎と喋っている間にそう可笑しな事でもないのではないかという気分にいつの間にかなっていたのである。それに条件は決して悪くない。次男で親との同居も必要ないし、一応、一流大学出身で一流企業に勤めている、友達に聞かれて困る事は何もない、おまけに親は十分な資産を持っているらしい。離婚になってもそれ相応の慰謝料だって貰えそうだ。

「ねえ、お母さん、やっぱりお金って大事よね」

「何よ、急に。勿論、大事よ、お父さんが死んだあと、お金が無かったら泰弘だって大学に行かせてやれなかったでしょう」

泰弘とは千代美の弟である。父が死んだ時、泰弘はまだ高校へ入ったばかりであった。

「お父さんの保険金のお陰でみんな路頭に迷わずに済んだのよ。でも、もう少し余裕があったらもっと旅行に行ったりとか贅沢も出来たのにって思う事もあるわねえ。まあ、欲を言えばきりがないけどね、普通に暮らせているだけでもありがたいと思わなければね」

「そうだよね、あ、そう言えば、お姉ちゃん、来週帰ってくるんだったけ」

「そうなのよ、また色々物入りね」

そう言って母は溜息を吐いた。姉の琴美は千代美より三歳年上である。二年前に結婚して家を出たが来週には里帰り出産で帰ってくる。母親は初孫に喜んではいるが、用意するものが意外に多くて予想外の出費にちょっと閉口気味である。

「あちらの家にもう少し余裕があればねえ、もっと色々して下さるのでしょうけど…。ああ、駄目ね、こんなこと言っちゃ、」

姉の嫁ぎ先は極々平凡な中流家庭である。結婚するときに自宅を改築して二世帯住宅にして貰い、姉はそこで一緒に暮らしている。その改築費用に随分とお金を使ったからゆとりがないと姉は常々言われているらしい。なので生まれてくる子供の為に何かを買って欲しいとも言えないでいる。その分、母に甘えてくる。里帰りしてきたら色々強請るつもりなのだろうという事は目に見えている。

「お金がないと人間関係もギクシャクしてしまうからねえ」

「夫婦ってお金が無い事で離婚って事もあり得ると思う?」

「そりゃあるでしょう、お金がないと夫婦喧嘩も増えるだろうし、余計な事も言ってしまうでしょう。何?お姉ちゃんのところがそうだって言うの?変なこと言わないでよね」

「そうじゃないわよ、ただ、やっぱりお金があった方が良いのかなって思っただけ。大恋愛の末に貧乏な人と結婚するのと、そんなに好きでなくてもお金があってゆとりのある生活出来る人と結婚した方が幸せなのかなって」

「そりゃ、後者よ。大恋愛なんて結婚した後もずっと続いたりしないわよ。そこそこ好きなくらいの方が丁度良いのよ、それでお金があったら絶対そっちが良いわよ」

そんな風に言われるとますますその気になりそうだ。柴崎の事はまだ好きかどうかさえ全く分からない、否、多分好きではない。あの理路整然とした口調とはどうも波長が合いそうにはない。それでも嫌いかと問われればそうでもないような気がする。いつの間にか彼の言う事に耳を傾けていたのだから。一緒に居る事が苦痛という事もなかった。ただ、もし彼と結婚したらあのいかにも論理的と言わんばかりの口調で毎日話を聞かされるのかと思うとそれはそれで憂鬱な気がする。

「見たわよ!」

会社に行くと一緒に合コンに行った同僚に後ろから肩を掴まれた。

「み、見たって何を?」

「惚けちゃって、昨日柴崎さんと早速デートしていたでしょう」

「デ、デート?」

「全然、気のない振りしちゃって、桜井さんったら」

「べ、別にデートってわけじゃ、」

「何言っているの、合コンの翌日に二入で会うなんてもう待ちきれないって感じ?」

「ほ、本当にそんなんじゃ」

「まあまあ、隠さなくてよいわよ。でも桜井さんがああいうタイプ好きだったなんてね」

そう言ってその同僚は小さく笑った。その笑みの中にあんな冴えない男、そう言っている声が聞こえた。

「あ、そう言えば、例の失踪で保険金を受け取った事例がこの間あったでしょう、あれ、やっぱり詐欺だったらしいわよ」

「詐欺?」

「そうそう、何でそんなばれる事するのかしらねえ。しかも七年も隠れ住んで、」

「ああ、あれ。本当ね」

この手の話は時々ある。死亡保険金というのは本人が死ねば降りる。それは失踪にも当て嵌められる。行方知れずのまま七年が経てば失踪宣告を受ける事が出来、戸籍上は死亡扱いになる。するとそれまで掛けていた保険金が下りるのだ。だがこの失踪宣告による保険金受取というのは多くは詐欺である事が多い、その為、保険会社は専門の調査会社に行方不明になっている本人が潜んでいないか依頼をする。失踪している本人というのは死亡扱いになっているのだから免許証も保険証も何もない、通帳も使えない。当然、生活を面倒見る誰かが身近にいる事になる。大抵の場合はそれが男性ならば妻か愛人である。

「奥さんがね、夜中にタッパに沢山食料作って郊外のボロアパートに行ったんだって。そしたら、そこに」

同僚は声を潜めて耳打ちした。

「会社つぶれてお金に困っていたんでしょうけどねえ…」

(お金…やっぱり、お金だ)

千代美の頭に天秤が浮かぶ。片側には柴崎と沢山のお金。もう片側には理想の男性とひもじい暮らし。その瞬間、柴崎の乗っている天秤皿がガタンと千代美の心に落ちる音が聞こえた。

 

 

  <奸計-9へ続く>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「魍魎たちの誘い」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。