タイトルのないミステリー

これは小説のタイトルではありません。
ブログのタイトルです。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


それぞれの小説のタイトルをクリックしていただくと 

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる



*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。


<一作目>

リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
申し訳ありません、原作変更のため只今公開を中止しています。

2作目よりお楽しみ下さい。

<二作目>

ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

ささっと流し読みしていただければ幸いですアップ


<三作目>

羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
こちらも超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


<四作目>
魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い (2015年6月~
 
(短編連載)

 第一話 「獲物」
 第二話 「呪縛」
 
第三話 「幻想」
 第四話 「冤罪」
 第五話 「女優」

 第六話 「因果」  

 第七話 「誕生」

 第八話 「暗鬼」  

 第九話 「悪夢」

 第十話 「淫雨」

 第十一話 「故意」  

 第十二話 「起点」

 第十三話 「疑惑」  

第十四話 「奸計」  

第十五話」 「隠微」  連載中)

こちらは短編構成です。1話が20~35回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、繋がっていく構成にする予定です。


短編でありながら長編?みたいな。ただ今第12話執筆中です。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。



ネット小説ランキング 長編小説Wandering $タイトルのないミステリー-小説のハコ

人気ブログランキングへ ←良ければポチッとして頂ければ嬉しいですニコニコ
blogram投票ボタン

アクセスが上 がるアメクリップ


アメクリップ

テーマ:

 店に入って席に案内されて匡史と向かい合わせに座る。きっと周りの者はカップルだと思っているだろうなどと思ってしまう。

「葬儀に来ていたよね」

「あ、ええ。そりゃ、最近会っていたのですもの」

「だよね、でももし、同窓会に来ていなかったら来なかった?」

「あ、それは…」

どうしただろうと考える。でも同窓会に行っていなかったらKEIが佳苗だときっと気付かなかったように思う。否、知っていたとしてもおそらく行かなかったであろう。

「多分、行かなかったかも。卒業してから全然会ってなかったし」

「同窓会ずっと来ていなかったものね」

「ええ…」

「ずっと来なかった同窓会に来た理由(わけ)は?何か特別な理由でもあったの?」

「特にそう言うわけじゃないけれど、最近、和喜ちゃんの夢をよく見たから」

「和喜の?」

「ええ」

「ふーん、そうなんだ」

匡史はちょっと不思議そうな顔で瞳子を見て頷く。少し、佳苗が瞳子を見ていた時の表情と似ていると思った。

「でも、嫌な思い出多いでしょう?」

匡史の言葉に瞳子は高校時代を振り返る。確かに和喜が死んだ後の学校生活は楽しいと思えるものではなかった。それでもそれまではそんなに悪い物でもなかった。特に仲の悪かった者もいなかったし、何より、和喜と過ごした高校生活は本当に楽しかった。

「悪い思い出ばかりでもないわ」

「そうか、君がそう思っているなら良かったよ」

「中野君も私が和喜ちゃんを突き落としたと思っていたの?」

「警察が現場の状況を調べてそうじゃないと決断したのなら君は何もしていないという事だよ」

「でも、疑っていた?」

「正直、分からなかったよ。そんな事ないと思う気持ちと、でも、もしかしてという気持ちが入り混じっていた」

「そう…まあ、あの状況ならきっと誰でもそう思うわよね」

「君を庇ってあげられなかった。僕も和喜が死んで、何でこんな事になったのかっていう思いでいっぱいいっぱいだったんだと思う」

「仕方ないわよね、私達まだ高校生だったのだもの。まだそんなにキャパ広くないものね」

「でも、君は学校を休まなかった。意外と強いんだなと思ったよ」

「登校途中で何度も引き返したい思いに駆られたことはあるわ。でも、ここで負けたら本当に和喜ちゃんを殺したのは私だとみんなに思われると思った。何もしていないなら逃げちゃいけないって」

「やっぱり強いね。もし僕が君の立場だったらそう思えたかどうか、自暴自棄になってぐれていたかも」

「期間が短かったというのもあるかも。卒業まで半年ほどだったから。それ以上あったら持たなかったかも」

「そうかな、それでも君はやっぱり負けなかったんじゃないかと思う」

これは褒められているのだろうか、匡史に言われるとなんだか素直に受け取れる。

「そんなに強くないわよ、買い被らないで」

「いや、本当にそう思うよ。高校時代は気付かなかったけれど下村ってちょっと不思議な雰囲気持っているよね」

「不思議って?」

「心が読めない」

真面目な顔をしてそんな事を言う匡史に瞳子はちょっと吹き出しそうになった。

「何エスパーみたいな事言っているの、変なの。人の心なんて誰にも分からないわよ」

そう、だから今もって和喜が何故飛び降りたのかも分からないのだ。その前までは普通に喋っていた筈なのに。普通?そう思ったところで何かが引っ掛かった。そうだ、その直前まで瞳子は和喜と一緒にいたのだ。あの時は一体、どんな会話をしていたのだろ。和喜が何かを喋っていた事は覚えている。だが何を言っていたのかずっと思い出せないままなのだ。あの後、高熱を出して寝込んだせいで記憶が曖昧になっているのだろうと当時、医者に言われたが今もってそれは思い出せないままだ。もし、それが思い出せたら何かが分かるかもしれないのに。

「どうしたの?」

急に黙り込んだ瞳子に匡史が声を掛ける。

「私、和喜ちゃんが飛び降りた時、一緒にいた」

「それは、みんな知っているよ」

「でも何を喋っていたかずっと思い出せないままなの。きっと大事な事の筈なのに」

「全然、思い出せないの?」

「和喜ちゃんがこっちを見て笑っていた事は覚えているのに」

「和喜は笑っていたの?」

「ええ、笑いながら落ちて行ったの」

「君と何かあった?」

「分からない…」

瞳子は頭を抱えるようにして考える。何かあったのだろうか、瞳子の放った言葉で和喜は飛び降りたのだろうか。もしそうだったのならやはり瞳子が和喜を殺したのも同然なのではないか。あの日、屋上で何があったのか。そうだ、あの時、警察でも散々そんな事を聞かれた。でも瞳子は何も答えられなかった。恍けているのではないかと思っている人物も少なからずいた。あの時の事が鮮明に蘇る。家に帰ると母までもがどこか怯えたような表情で瞳子を見ていた。誰も信じてくれない――そんな孤独感をどうやってやり過ごしたのだっただろう。ただ、時が流れるのを待っていたのか。

 
 
   <隠微-20へ続く>
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「挨拶」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。