タイトルのないミステリー

これは小説のタイトルではありません。
ブログのタイトルです。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


それぞれの小説のタイトルをクリックしていただくと 

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる



*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。


<一作目>

リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
申し訳ありません、原作変更のため只今公開を中止しています。

2作目よりお楽しみ下さい。

<二作目>

ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

ささっと流し読みしていただければ幸いですアップ


<三作目>

羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
こちらも超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


<四作目>
魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い (2015年6月~
 
(短編連載)

 第一話 「獲物」
 第二話 「呪縛」
 
第三話 「幻想」
 第四話 「冤罪」
 第五話 「女優」

 第六話 「因果」  

 第七話 「誕生」

 第八話 「暗鬼」  

 第九話 「悪夢」

 第十話 「淫雨」

第十一話 「故意」  

第十二話 「起点」  連載中)

こちらは短編構成です。1話が20~35回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、繋がっていく構成にする予定です。


短編でありながら長編?みたいな。ただ今第12話執筆中です。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。



ネット小説ランキング 長編小説Wandering $タイトルのないミステリー-小説のハコ

人気ブログランキングへ ←良ければポチッとして頂ければ嬉しいですニコニコ
blogram投票ボタン

アクセスが上 がるアメクリップ


アメクリップ
NEW !
テーマ:

     五.

 

静かな山の中の景色が一変した。沢山の車と人、赤い回転灯がそこここに飛び交って慌ただしく行きかう人の足音が直美の横を通り過ぎる。ペンションの玄関口の椅子に毛布を掛けられて直美は座っている。心臓の動機はまだやまない。小刻みに震える身体を止める事も出来ない。恐怖はまだ直美の中に残ったままだ。

「全く……」

直美の前で足を止めた人物がそう呟く声が聞こえて顔を上げる。木全が仁王立ちして凄い形相で睨み下ろしている。その顔に直美はますます委縮してしまう。

「あれほど一人で行動しないようにって言ったでしょう」

「……済みません」

「下手したら今頃殺されていたかもしれないのですよ、危険な男だって再三忠告したでしょう!」

「済みません……」

涙が溢れだす。本当に馬鹿だったと思っている。もし殺されていたらと思うとゾッとする。

 あの地下室で血の付いた刃物を持った男を見た時は心臓が縮み上がった。何故将人ではなく違う男なのかも分からないが血走った眼をした男の顔を見た時には殺されるとしか思えなかった。今は、その男もがっくりと肩を落として直美と少し離れた場所に腰を下ろしている。直美はその男の方にそっと目をやる。放心したような顔で男は虚ろな瞳を前に向けている。

 あの時、男は直美を見ると刃物を持ったまま近づいてきてその手を上げた。意味も分からないまま殺されるのかと思ったら男はその刃物で直美の手を縛っていたロープを切り落とした。

「大丈夫ですか?」

男はそう言った。直美は頷く事も声を出す事も出来ずにいた。猿轡をほどいて貰っても半ば放心状態の直美は喋る事も出来ない。

「今、警察を呼びましたから」

その言葉にこの男が悪い人間ではない事が漸く分かる。だが男の持っている刃物の血痕が何を意味しているのかと思うと恐怖はすぐに立ち去らない。

「あ、あの男は…」

直美は震える声でそう尋ねる。男は直美が刃物に付着している血を見ている事に気が付いて返事をする。

「ああ、これ。あの男を刺したんです、殺しても良かったんですけどね…残念ながら生きていますよ」

憎悪と無念さを含めた声で男はそう答えた。

 後で聞いた話によると男は名を久津見慶介と言い、広島で行方不明になった女の子の父親であるらしい。彼は娘と二人でハイキングに行っている途中で娘とはぐれ見失った。ほんの数分の出来事であった。久津見慶介は娘から目を離した事をそれからずっと悔やみ続けている。妻を早くに亡くした彼は男手一人で娘を育てていた。仕事が忙しくてなかなか娘を連れて遠出する事も出来ずにいたが妹の家族が娘を一緒にこのペンションに誘ってくれたのだ。それがこんな結果になるとは夢にも思わず、慶介も娘の行方不明とこのペンションとは全く結びつけてはいなかった。自分が目を離したせいで何かの事故に巻き込まれたのだと思っていた。しかしいつまで経っても娘は発見されず手掛かりも何も見つからなかった。そんな時、秋田の警察からこのペンションに娘を連れて来なかったかという問い合わせが来た。何かが引っ掛かった、実際には何も関係ないのかもしれないが慶介は単身、ここに乗り込んだ。仕事に疲れたサラリーマンの振りをした。夕食時の将人との会話の中で自分には娘がいると話すと将人はやけに関心を示した。父親の勘だろうか、直感的にこいつだと感じたと。慶介は寝ずに将人の動向を伺っていた、すると夜中になって将人が起き出して階段脇の小さな戸口の中に入って行った。慶介は将人が直美に話している事を全部聞いた。もう疑いようがなかった、しかも誰かが中には監禁されているようである。黙って警察に先に連絡するべきではあったが出てきた将人を見ると感情が抑えられなくなって飛び掛かった。いきなりの事で将人も驚いたようであったが逃げるようにキッチンに飛び込みナイフを持ち出した。武術の心得もあって多少は腕に自信のあった慶介はひるまず将人に向かい、腕を二か所ほど切り付けられたがそのナイフを取り上げ、弾みで将人の脇腹を刺した。それでも将人は尚も向かってきて思わず太腿も刺してしまったとの事であった。脇腹は掠っただけで大したケガではなかったが太腿は結構深い傷であった。幸いにも動脈からは逸れていたので出血量は少なかった。将人は悶絶し動けなくなった。慶介は怒りに任せてそのナイフで止めを刺そうと何度も思ったが結局は思い止まった。生きて償わせるのだと。そうして将人を縛り上げ警察に電話をして下に降りてきて直美を助けた。

「発見されました!」

玄関のサルビアの花の下から緑子と千代子の白骨死体が見つかったという声が届く。直美は思わず顔を覆う。

「うちの…うちの娘は…!」

慶介がよろよろと立って警察官に縋る。

「済みません、どうも山の中のようなので、捜索は夜が明けてからになります…」

警官が申しわけなさそうにそう答えると彼は声を押し殺すようにして泣いた。その姿に直美も涙を堪え切れずむせび泣く。

「あの、救急車が来ましたので、お二人共とりあえず病院の方へ…」

警官の促す声がどこか遠くで聞こえているような気がした。

 

 

  <起点―35へ続く>

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「魍魎たちの誘い」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。