タイトルのないミステリー

これは小説のタイトルではありません。
ブログのタイトルです。

ご訪問ありがとうございます。

こちらは私が趣味で書いている小説をUPしています。


それぞれの小説のタイトルをクリックしていただくと 

その物語の最初のページに行きます。


途中、誤字脱字あるかと思います。

(気がついたところは直していますがそうでないところもあります。)

そこは流してください・・・あせる



*注>ここのところ自動と思われるコメントが多く入ってきます。記事内容に全く関係の無いコメントはスルーさせて頂きます。


<一作目>

リンク ~棘~  (2010年7月~2012年10月連載)
申し訳ありません、原作変更のため只今公開を中止しています。

2作目よりお楽しみ下さい。

<二作目>

ゲンと源太 (2012年10月~11月連載)
こちらは短編物です。

狼と人間の切なくも悲しいお話です。

ささっと流し読みしていただければ幸いですアップ


<三作目>

羅刹(らせつ)の囁(ささや)き (2012年11月~2015年5月連載)
こちらも超がつく長編です。

人と人とが何処でどう繋がっているのかを解き明かしていくミステリーです。

複雑怪奇に繋がった人物関係を楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。


<四作目>
魍魎(もうりょう)たちの誘(いざな)い (2015年6月~
 
(短編連載)

 第一話 「獲物」
 第二話 「呪縛」
 
第三話 「幻想」
 第四話 「冤罪」
 第五話 「女優」

 第六話 「因果」  

 第七話 「誕生」

 第八話 「暗鬼」  

 第九話 「悪夢」

 第十話 「淫雨」

第十一話 「故意」  

第十二話 「起点」  連載中)

こちらは短編構成です。1話が20~35回くらいの連載でお話が完結しますが一話から二話、三話、もしくは何話目かと関係ない中にもどこか関連があったり、繋がっていく構成にする予定です。


短編でありながら長編?みたいな。ただ今第12話執筆中です。

構成を楽しみながら読み進めて頂ければと思います。


★尚、ここに掲載されている全ての物語はフィクションです。

登場する人物、団体名は実在するものとは一切関係が有りません。



ネット小説ランキング 長編小説Wandering $タイトルのないミステリー-小説のハコ

人気ブログランキングへ ←良ければポチッとして頂ければ嬉しいですニコニコ
blogram投票ボタン

アクセスが上 がるアメクリップ


アメクリップ

テーマ:

「あら、何の用かしら」

直美の姿をカメラ越しに捉えたのであろう、いきなり不機嫌になった姑の声が返ってくる。

「あ、あの、持って出忘れた荷物があるので取りに着ました」

「何の事?あなたの物などもう何も残ってはいないわよ。それとも何か金目の物でも物色に来たのかしら。だから卑しい生まれの人は、」

姑の言葉に頭に血が上るような気がした。こうなる事は分かっていた。この人とは所詮水と油、何一つ合うところなどない。

「寺川の家の物など欲しくもありません。私の物を返して欲しいだけです」

「ないって言っているでしょう!」

そう言って姑がインターホンを切る音がする。直美は萎えそうになる気持ちを奮い立たせてさらにチャイムを押す。

「お願いします、返してください。この家には必要の無い物でしょう、返して!」

そう繰り返しながら何度も何度もチャイムを押していると扉のロックが外れる音がした。直美はそのまま中に入った。敷地内の玄関まで行って扉を開けるとそこに姑が仁王立ちしていた。

「なんてみっともない事をしてくれるの、外であんなに騒がれたらご近所の方が何て言うか考えられないの」

なんだか段々と腹が立ってきた。今までこの姑に逆らったら角が立つと思い言いたい事の殆どを飲み込んできた。今もつい、その時の癖とでも言うのだろうか、言葉を飲み込んでしまおうとする自分がいる。だがもう離婚したのだ、角が立っても構わない。と言うより、黙っていても何か言ってもどうせこの姑には気に入らないのだ。ならどうして我慢しなければいけないのだという思いが沸々と湧いてきた。

「そんな事どうして私が考えなければいけないんですか。私は自分の物を返して貰いに来ただけです。文句を言われる筋合いはありません。出て行くときにお義母さんが難癖つけて取り上げてしまったからまた来なければいけない羽目になったんです。私だって来たくてこんなところに来たわけじゃなりません。ここは私にとっては牢獄みたいなところなんですから」

「ま、まあ、何て言い草なの、やっぱりそれがあなたの本性なのね」

「どう思われても構いません。入らせて頂きますね、私の物を見つけたらすぐに帰りますから」

そう言って直美は靴を脱いで二階に向かった。今もそのままなら寝室か子供部屋にある筈である。

「あなたの物なんか何も無いわよ」

階段の下から直美を見上げてキンキンした声でそういう姑の声が背中に飛んでくる。直美はまず子供部屋に入った。洸の匂いが鼻を掠める。今は幼稚園に行っている時間である。顔を見たら辛くなると思い敢えてこの時間帯を選んだ。どんなに望んでも連れて帰る事は出来ないのだから。直美は洸のベッドにそっと近寄るとその布団に顔を埋める。

(洸…)

切なさに胸が痛む。頭に浮かぶ洸の笑顔を消すように直美は頭を振って立ち上がりクローゼットを開ける。下に置いてある玩具箱の中にあの文箱を入れておいた筈だ。直美は玩具を出して中を探す、だが見当たらなかった。入っていた者を全部外に出してみたがなかった。今度は寝室の方に向かう。中は直美が出て行ったときと変っていない、鏡台の引き出しを明けるとそこには直美が使っていた母の形見の貝細工を施した手鏡があった。直美はそれをそっと自分のバックに入れた。こちらのクローゼットや箪笥も開けてみたがあの文箱は見つからない。母の着物もあった筈なのにそれもない。あの着物は母の母、つまり直美の祖母から受け継いだ物で結構格式のあるものだと聞いていた。

「ほうらね、何も無いでしょう」

背後から姑の声が聞こえて直美は振り返る。

「どこにやったのですか?」

「そこにあった貧乏臭い着物とか?あれなら燃やしたわよ」

「燃やした?」

「だって、うちには似つかわしくない物ばっかりだったのですもの。裏の焼却炉でも漁ってみたら」

「焼却炉…」

直美が呆然とした顔をすると姑は勝ち誇ったような笑みを浮かべる。

「も、燃やしてしまうくらいなら何も取り上げなくても良かったでしょう」

「人聞きの悪い事を言わないで。あれはあなたに迷惑を掛けられた慰謝料代わりに預かっただけよ。ここにいる間、あなたはただで飲み食いしていたのですから。でも何の価値も無い物だったから燃やしたのよ。まあ、あなたがそんなに良い物を持っている筈も無いでとは思っていたけれど、本当に安っぽい物ばかりでがっかりだったわ。お里が知れるわね」

「お義母さん、あなたって人は…。私にはあなたの方がずっと卑しい人間に見えます。人の物を取り上げて挙句に燃やしただなんて、そんな事をして何が楽しいんですか、あなたは私の知る限り、最低の人間です」

ずっと我慢していた言葉が喉から飛び出す

「な、何ですって、あ、あなた、私に向かってそんな事を言って許されると思っているの」

「別に許して欲しいなんて思っていないです。どうせ他人なんですから、何を言おうと私の自由です。何ならもう一度言いましょうか、お義母さん、あなたは最低の人間です」




  <起点―12へ続く>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「魍魎たちの誘い」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。