20160606の日記

テーマ:


今日は、面接へ行ってきました。


帰り、新宿でお買い物をした。

なにを買ったかは、すでに忘れた。



ただ、バカみたいにお金を使ってしまったことは反省している。



購入品紹介動画を撮りたいな。



{D9EBB461-D296-45C8-ACA9-892D4C83E37D:01}


脚が棒だ。



じゃあな。
AD

はの帝国、第二夜

テーマ:



ミスiD2016セミファイナリストの
はのはなよちゃんと仲良しなのですが、

そんなはなよちゃんの生誕イベントへスタッフとして、アシスタントMCとして、参加させて頂きました。


前回のはの帝国同様、かなりおしゃべりさせてもらって嬉しかったです。


ハノフィリアのみなさんもありがとうございました。


{DF7C4F35-6685-4241-9916-745F0425BBB4:01}



火野文子ちゃんの撮影お写真お借りしました。


拙い喋りでしたが、未終のチェキや写真もありがとうございました。



適当感が溢れてしまった編集動画もありがとうございました。





トークイベントを自分でも企画して見たいのでその際はこちらにも遊びに来てくださいね。

AD

リップヴァンウィンクルの花嫁

テーマ:


寝起き、何故か機嫌もよくそしてあ、ユーロスペース行かなきゃ、と思い即検索した。


ユーロスペースというのは、渋谷にある映画館だ。


岩井俊二監督の最新作、

リップヴァンウィンクルの花嫁

という映画の最終上映日だったので私はテレパシーが使えたのかそうだったのか。




この映画は、正直3本くらいに分けて、
黒木華、cocco、綾野剛の3人の群像劇で観たいと思った。


幸せとはなんなのかを見詰める映画だった様に思う。




上映後、ユーロスペースにはリップヴァンウィンクルの看板があるのですが、其処に書き込みを、という企画が有りました。


{80F82C5B-1793-49FA-ACFC-7B57DEFB0755:01}



私も書き込んできました。



{766FB7A2-C843-4335-A853-6633F60FB09D:01}



夕月未終ってサインもしてきたの。


なんだか、岩井監督ワールドに少しだけ参加できた様な気持ちになってとても嬉しいです。



この映画は小説版もあるのですが、この物語をどう小説で表現されているのか気になります。



小説も脚本も岩井俊二監督の執筆なので尚更です。




重いものを重く感じさせないまま進んでいく展開に少し驚きました。


これは、
ピクニック、リリィシュシュ

みたいなダークサイドより、


花とアリスの方に近いですかね。









ここから少しネタバレなのですが



















レズでした。レズあります。キスだけだけど。

私はこの上なくレズ作品が苦手でして、


あの、本当に漫画も小説もアニメもダメなんですよ、観るのが。


レズの人がだめとかではありませんよ?
なんか苦手なんです、観るのは


キスシーンであわあわしちゃうのです。


なので、しまったーーー(;_;)と思いました。



が、少なかったので全然大丈夫です。



どうしてこんなにも苦手なのかは分かりませんが、自分もいつか芝居をして見たいと思う身分でこれはだめじゃん?と考えてみたら、キスくらいは全然平気っぽいな、と思いました。
妄想ではね?



AD