「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。安倍政権の移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。


テーマ:
『アンチ三橋とアベ信者!不毛地帯の呉越同舟?』

重要なのは考え方なのでは?とのご意見の方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにてご支援のほど、何とぞ宜しくお願いします。


人気ブログランキングへ


『多数のコメント頂戴し感謝申し上げます』

先日のエントリー「チャンネル桜・亡国論」に関連し多くのコメントを頂戴致しました。ブログ主として心より感謝申し上げます。議論が収拾しなくなった部分も御座いますので、頂いたコメントをヒントにエントリーをまとめたいと存じます。今後とも色々ご意見アドバイスお寄せ下さい。

『三橋ブログのコメント欄に書き込んだ理由』

私が三橋貴明氏のブログ・コメント欄に積極的に書込みを行っていたのは理由があります。一昨年の消費税8%への増税反対運動の為です。15年に及ぶ日本経済のデフレの大きな要因が、橋本内閣で強行された5%への消費税増税だと考えていましたので、これは何としても阻止したかったのです。

『地道な増税反対運動を遂行』

三橋貴明氏は人気
No.1ブロガーとしてネットで大きな影響力がありますし、消費税増税に強く反対していた数少ない言論人の一人です。読者の声を届ける事によって、より強く消費税反対の声を挙げて欲しかったのです。当然ながら消費税反対の手紙、ファックス、メール、抗議集会への参加なども地道に行いました。

『安倍総理は消費税8%への増税を決断』

私は安倍総理に直接手紙を何通も書くなど、仕事そっちのけで増税反対運動を行いましたが、総理は自らの意思で増税を決断します。私のデフレ脱却の夢は潰えたのです。安倍総理がネオリベ的な要素がある事は承知していましたが、消費税増税さえ中止すれば、日本の未来に希望が持てると当時は考えていたのです。

『自称保守の内ゲバは既に始まっていた』

しかしガッカリする間もなく保守の内ゲバが勃発します。倉山満氏がメール一本でチャンネル桜と決別、国土強靭化グループを何故か攻撃し、更に驚いたのは、アベ政権が国民を騙すような詭弁を駆使し移民受入れ政策を強行します。私は漸く、安倍総理が国民生活を破壊する経済的な悪魔である事に気付きます。

『アベノミクスと保守派の経済政策的な分類』

今にして思えば、一昨年の消費税増税から事実上の保守派の分裂は始まっており今や「保守とは何だろうか?」という感じですらあります。しかしこれを上手く整理出来るツールがあるのです。既に死語になりつつあるアベノミクス三本の矢です。この政策は元々バラバラな思想を無理に束ねたモノでした。

『第一の矢=リフレ、第二の矢=消費税』

アベノミクス第一の矢の大胆な金融緩和は、リフレ政策であり、上念司氏などのリフレ派は、今でもアベ政権支持を貫いています。第二の矢の、機動的な財政出動は、国土強靭化がこれに相当しますが、消費税増税もマイナスの財政政策ですので、三橋氏は消費税増税決断後に安倍総理批判を鮮明にします。

『第三の矢=
TPP

中野剛志氏が代表例ですが、アベ政権発足直後から、総理に批判的な論陣を貼った人々は、
TPP交渉参加が契機となっています。対米関係から交渉参加は止む負えないと考えた人々は、これを大きな問題としませんでした。そして、この三つの政策ともに三橋貴明氏の言論活動と大きな関わりがあります。

『三橋貴明氏の言論活動の軌跡』

つまり私の見立てはこうです。三橋貴明氏は、ヤバ韓で作家デビューしました。これはある意味2チャンネル的なネトウヨ層、あるいは戦後保守です。代表的な人物は、水島総氏です。この人達は今でもアベ支持でしょう。本音の部分では、経済や庶民の暮らしには無関心な人々で、アベノミクス三本の矢の外にいます。

『財政出動の巨匠、廣宮孝信との出会い』

三橋氏が言論人として大きく飛躍したのは、廣宮孝信氏と共著を出すようになってからだと思います。これは財政政策による内需中心の経世済民思想で、アベノミクス第二の矢に相当します。マイナスの財政政策である消費税増税を切っ掛けにアベ批判に移った人々は、財政政策軽視によってアベ政権を見限りました。

TPP亡国論!とは何だったのか?』

中野剛志氏が
TPPに注目するようになったのは、三橋ブログを読んでからだそうです。TPP亡国に誰よりも早く気付いていたのは三橋氏でした。中野氏はアベ政権成立直後から竹中平蔵的な構造改革路線を見抜き、アベ政権を早々と見放しています。中野氏は安倍政権の政策から消費税増税決断を事前に言い当てました。

『経済評論家の情念に溺れる』

三橋氏は高橋洋一氏などとも共著を書いていますし、自分と立ち位置の違う論客とも対談本を出します。そんな中、リフレ派の上念司氏と意気投合し、リフレ政策にも理解を示します。アベ政権で実現している数少ない経済政策がリフレであり、このシンパは未だに安倍総理を応援している方が多いですよね。

『アベノミクス三本の矢と経済無関心層の四種類』

つまり三橋氏の読者は、1)戦後保守+ネトウヨ、2)経世済民の思想派、3)リフレ=隠れネオリベ、4)反
TPP反ネオリベ、の大きく四つのグループに分類可能です。これはアベノミクス3本の矢をヒントにしたグループ分けですので、実際には、皆さんの中に様々な要素が混ざっていると思います。

『三橋氏の読者達による仁義無き闘い』

自称保守の内ゲバは、アベ政権の現実を見たくないアベ信者による醜い争いであり、当然の帰結なのですが、かつて三橋氏の熱心な読者だった皆さん同士が激しい議論をしている現状も
似ている気がします。アベ信者は、憲法改正やシナコリア叩きなどの妄想を抱きながら安倍総理の虚像を勝手に信仰しています。

『アンチ安倍は、アベ信者か?』

三橋氏が言論人として生き残っているのは、読者の諫言のお陰だと思います。私の場合、日本の生き残りの方により関心があるので、首相である安倍総理に苦言を呈するエントリーが多いです。そのように考えると、私は安倍総理の研究を日々重ねる、アベ信者の奇行種と揶揄されても、仕方無いかも知れませんね。


人気ブログランキング参加中。今後とも色々意見させて貰いますヨ!とのお方は以下のリンクをクリックにてご支援、宜しくお願い申し上げます。


人気ブログランキングへ


「ウィルアイアム+ジャスティンビーバー」


言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援目的のサイト。毎週水曜日にコラム寄稿。






人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(69)  |  リブログ(0)

みぬさ よりかずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。