「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。安倍政権の移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。


テーマ:

『書評:日本経済のミステリーは心理学で解ける』



『総てに求められるのは調和』

廣宮さんの新著を読込んで、心理学から政治経済の諸問題を解決するゾ!との意見に賛同の方は、以下のリンクにクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

『経済評論家、新御三家』

廣宮孝信氏は、09年に著書「国債を刷れ」で作家デビューしましたが、私の中では、三橋貴明氏、渡邉哲也氏と年代や主張、論壇登場の時期など近かったので、「経済評論家、新御三家」との位置づけです。

『何故か、こちらも緊張した!』

三橋氏や渡邊氏が、次から次へと新著を発表し、各種媒体に進出著しい中で、廣宮氏は両氏と違うスタンスで活動を行います。チャンネル桜の討論にも、一度、出演されましたが廣宮氏が「緊張」して喋るせいか?見ている私も何故か大いに「緊張」してしまったのを覚えています。笑

『人それぞれの役割』

しゃべくりが上手く無くとも、それは本質的な問題ではありません。廣宮氏を見ると人には、「役割」というものがあるのだと痛感します。廣宮氏は、ユニークな視点と深い思考が特徴なのでしょう。本書は、今迄に例のない名著です。

『宇宙と心を統合?!』

この本のスゴいところは、宇宙(=物理学)と心(=心理学)を統合している点です。このように書くとトンデモ本?や自己啓発本?かと拒否反応を示す方もいるかも知れません。しかし、本書は、さらに「政治」と「経済」まで統合しているのだから、スゴ過ぎます!

『財政均衡主義が諸悪の根源』

廣宮氏は、「国債を刷れ」、「国の借金アッと驚く新常識 」などの著作を通じて、『日本に財政問題は無い』というスタンスで、論陣を張って来られました。現在の日本の諸問題は、廣宮氏の指摘通り、総て財政問題がボトルネックになっています。『財政均衡主義』が打ち破れれば、殆どの問題が解決するのです。

『財政破綻論者の頑迷さ』

「国債を刷れ」は、09年に出版されましたが、廣宮氏や三橋氏が口を酸っぱくして、『日本には財政問題が無い!』と主張しても世間には十分広まりません。もちろん、当時に比べれば、日本が明日にも財政破綻するというデマは、少なくなりました。しかし、いまだに財政破綻論者(財政不安論者?)の多いこと!

『廣宮氏自身の悩みから生まれた』

廣宮氏が著作でシツコイ程、日本は財政破綻しない、財政問題は無い、とデータや論理的に説明しても、どうしても「財政破綻論」を手放さない頑迷な人々の存在に、廣宮氏自身が不思議に思ったそうです。

『総ては気持の問題です』

廣宮氏は、客観的な事実を受入れない「財政破綻論者」達の問題は、実は、心の問題なのではないかと次第に考えるようになったそうです。そういえば、チャンネル桜の水島総氏などを筆頭に、安倍政権の現実を見ない、頑迷な人々も同じかも知れませんね。笑

『両方良いトコ取りの政策を』

廣宮氏自身は、本書の中で、リフレ派と国土強靭化派との政策面の対立、新自由主義者と、ケインズ主義者の政策面での対立、などを例に、「どちらの理論も正しい」と仮定する事で、両方の考えの良いとこ取りをする「第三の道」を選択できないか?と提案しています。

『ドイツと宇宙のインフレ』

廣宮氏は、ここで、スゴい例えを出します。ドイツで第一次大戦後に起きた「ハイパーインフレ」と、宇宙の誕生の瞬間を比較し、ドイツでは、通貨にモノの裏付けを付けた瞬間、インフレが収まり、宇宙も「インフレーション」状態だったのを、ビックス粒子が、素粒子にまとわりつき、質量を与えた瞬間、秩序が生まれたと、比較しています。

『総ての構造は似ている』

廣宮氏が、説明したかったのは、宇宙も人間も同じ原子で出来ており、構造が似ている。したがって、分子が集まったDNAも、DNAで作られた細胞が集まった人間も、人間が集まった社会も、人間が暮らす地球のような星々が集まった宇宙も、みな同じようなメカニズムが働いているという指摘なのです。

『みんな同じ人間です』

廣宮氏は、人間に関しても、生物的に人間は皆、殆ど同じであり、むしろ個人の差異は無視して良いほど僅かだ。したがって、人間の考えている事は、実は殆ど同じで、集団的に感情が伝播しやすいとの、ユング心理学から自説を展開しています。

『重要なのは調和』

廣宮氏は、脳神経医学の進歩や、様々な心理学の研究成果を参照する事で、実は、極端な行き過ぎた政策によって社会を大きく変えるのではなく、様々な政策の「調和」によって、社会を豊かに安定させる事を提案しています。それは、驚くことに、人の心の「安定」と構造が似ているとの指摘です。

『ポイントは客観化』

廣宮氏は、人は心の調和がとれていないとき、バランスを崩して、イライラしたり免疫力が低下したりします。それを「客観化」する事で、自分でコントロールしたらどうかと提案しています。また、同じ「客観化」は政治経済の政策にも当てはると仮定しています。

『肯定力を高めよう!』
 
政治やマクロ経済は、出来るだけ多くの人々の利益を求めることが求められます。その点、先鋭化や純化された理念や思想は、大きな利益を社会に与えるものであっても、人々から理解を得にくいという欠点があります。そのように考えると、廣宮氏の提案する、「肯定力」とでも云える考えは、汎用性が高そうです。

『国民を貧しくする政策への処方箋』

現在安倍内閣は、「国民を貧しくする諸政策」(消費税増税、移民流入、構造改革)など秒速で進めていますが、それに警鐘をどんなに鳴らしても、聞く耳を持たない人も多いのです。そう考えると、彼らの閉ざされた心を開く「魔法」が、本書には溢れています。私も「廣宮メソッド」を習得して、一人でも多くの信者を開放したいと考えています。(了)

人気ブログランキング参加中。廣宮さんの視点は凄い!という方は、発進力強化の為、本の注文前に以下のリンクへクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

本エントリーは、『日本経済のミステリーは心理学で解ける 』  (著)廣宮 孝信(出版社)徳間書店のAmazon書評を転載したものです。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

みぬさ よりかずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。