アメリカには「アメリカ例外主義」という神から与えられた他の国にはない特別な役割を世界に対して担っているという独特な理想主義的な考えがあります。

 

この問題についてダニエル・ドレズナーは『ワシントン・ポスト』でトランプ氏が大統領になったことや、彼の中東からの移民を制限する大統領令などの行動でアメリカは例外主義を捨て去り普通の国になったと書いています。

https://www.washingtonpost.com/posteverything/wp/2017/02/01/america-the-unexceptional/?postshare=3951486011054494&tid=ss_tw-bottom&utm_term=.98c9344f1501

 

一方ピーター・バイナートはトランプ大統領になってもアメリカの例外主義は健在だが、オバマ大統領に比べてその内容が著しく変わったと『アトランティック』に書いています。

 

「オバマ大統領にとってのアメリカが例外である理由は部族やセクトを超越したアイデンティティを育むことであるがトランプ大統領の場合はアメリカが再び例外的になるためにはオバマの考えは危険な夢だから捨て去らなければならないというものである」

 

ドレズナーもバイナートもそんなに違ったことを言っているわけではなく、二人ともこれまで語られてきたアメリカの例外主義はトランプ大統領時代に弱まってくると主張していることでは同じみたいです。

 

そこで今回はトランプ時代のアメリカ例外主義というある種の理想主義がどう変わっていくかを私なりに考えてみたいと思います。

 

バイナートが『アトランティック』に書いた文章で、オバマ大統領が「私はケニヤからやってきた黒人の父とカンザスの白人の母との間から生まれてきた。・・・・・・この地球上の他の国で私の物語が可能であるとは思わない。」という演説を引用しています。

 

確かにこのことは事実かもしれません。

 

ただオバマ大統領時代の末期に無実の黒人が白人警官から無残に殺された事件が立て続けにおき、怒った黒人の若者が始めたBlack Lives Matter (黒人の命は大切だ)という運動が活発になりました。

 

ここで私は途方に暮れるわけです。なぜ最初の黒人大統領の任期中に「黒人の命は大切だ」という運動が起こったのでしょうか?

 

白人と黒人の人種的な融和がある程度成功したからオバマ大統領という黒人初の大統領が生まれたと私は思っていたのですが、現実は違っていたのです。

 

白人を含む有権者がアメリカの例外主義という理想主義でオバマ大統領が生まれたことは確かですが、アメリカの白人と黒人の葛藤は以前と変わらずに続いていたのです。

 

だからオバマ大統領が人種を超えたアイデンティティを訴えても実際は未だに黒人が「黒人の命は大切だ」ということを訴えなければならなかったのです。

 

そこでトランプ大統領です。

 

私はトランプ大統領が現実のアメリカにおいて人種的な葛藤が存在していることを素直に認めているように思えます。そしてその問題がさらに悪化しないように備えることがメキシコの間に壁を作ることであり、一部のアラブ諸国からの移民の制限なのです。

 

ところがアメリカのリベラル派の知識人は現在のアメリカに人種主義など存在しないし、あってはならないと思っているからトランプ大統領のやることに心底怒っています。

 

ただアメリカの例外主義で人種問題を解決できるようには私には思えませんし、トランプ大統領のようにアメリカには「人種問題」があることを現実に認めてそれが悪化しないようにすることも一つの対処法ではないかと残念ながら思っています。

 

このようにみれば人種問題に関することではオバマ大統領は理想主義的であり、トランプ大統領は現実主義的なのです。

AD