色の宝石箱 Larimar ラリマー

カラーセラピスト
★A.F.T色彩コーディネーター
★パーソナルカラーアナリスト
★オーラソーマプラクティショナー
★カラーセラピー・ヒーラー
★クリスタルヒーリング
★ガーデンコーディネーター
★ハーブアロマアドバイザー
★ピュタゴラス数秘学
★レイキ

色の宝石箱 Larimar ラリマーへ訪問して頂きましてありがとうございます。


カラーセラピストの美斗(ミント)と申します。



私はオーラソーマやパーソナルカラーを学ぶ内に色ってなんて奥が深いんだろう?


もっともっと、色の事が知りたくてカラーセラピーなども勉強しました。


色は光のエネルギーなんですね。


色は心と体にエネルギーを注ぎ込んでいます。

色を見たり、洋服として身に着けたりする事により、心と体をコントロールすることができます。

選ぶ色しだいで、もっと自分の思い通りに人生を変えていくことができます。

気分を変えたり、体調も変わります。

色の効果を知って生活に取り入れていけたらいいですね。


ブログでは色に関係している事を主に書いています。

読んで参考にしていただけたら嬉しいです。



セッションメニューなどの詳細は以下のページをご覧ください


http://ameblo.jp/mint808/entry-11262655878.html









テーマ:
からの続きです。
2012年7月9日
最終日

 

7時半頃にロビーへ降りて朝食を食べました。

卵焼きや小茄子の煮物が

(素揚げして煮てある)すごく美味しかったです。

初めて東横インに泊まったけど

5980円で安くて快適でなかなか良かったです。

今日は9時半に出発です。

 

今日もとても良い天気です!

 

さあ、千ヶ峰へ向けてレッツゴー!

 

 

{8E3022F9-1FB8-4B1B-B9CB-4F007FABE06C}

 

岩座神(いさりがみ)は
多可町(北播磨)の山村で

岩座る神山(いわすわるかみやま)が
転じたと言われているそうです。

 

千ヶ峰というのはヘブライ語で

ガド族のお墓という意味があるそうです。


どの場所もユダヤとの関連が密接なようですね!

 
最初は
五霊神社へ参拝

(多可郡多可町加美区岩座神51)

かごめの真実とは(参考ブログ)

 
 
{2BA7E33B-E4E1-427B-BA97-701844CCA68C}
 
 
五霊神社の大きな木は
ホソバタブの木だそうです。

 

この間をくぐると

エネルギーがすごく変わります。

 

とても強いエネルギーです!

 

 


{6AEC4AC8-B773-4000-8835-0ED1E3650485}


 

 
{E9198672-557C-4CFC-8FF3-A1F77367BFB3}
 
 
 
 
{88FA48A0-FE15-450A-843E-358B64A252C8}
 
 
 
 
{3205642A-C994-4982-A258-ACA93DD52C88}
 
 
御祭神
 
高皇産霊神(たかむすびのかみ)
神皇産霊神(かみむすびのかみ)
火産霊神(ほむすびのかみ)
稚産霊神(わかむすびのかみ)
津速産霊神(つはやむすびのかみ)

 

 

 

 
{F0ED1B3B-6BC2-442D-9D87-B4A3CEF27A23}
 
 
 
 
{7D9C8294-AE2A-44B5-A1ED-16D2013C1D10}
 
 
 
 
{1B6BAC8F-DB36-4E28-8EF9-7E2BFBEE0FE5}
 
 
 
 
{6DDE14A4-19CB-4E93-BC4B-B5E42A90A163}
 
 
私は今回神社で参拝するたびに
五芒星?が見えて
五芒星から赤い線が最初に十字に入り
それから×が入り
そのうち梅?桜?の花✿のように
変わっていくのです。

ユダヤなら六芒星なのに
五芒星とはなぜ?と、言う感じです?!

まあ、それはさておきまして
次は赤穂まで足をのばして
 
大避神社(おおさけじんじゃ)へ参りました。

 

こちらのブログも面白いです。
 
 
{7AFCF631-31F7-4231-B7BD-F8AD2AC1FEDB}
 
 
 
 
{43BAEAD5-8D84-4C4E-BFB8-ED4006CC8C16}
 
 
大避神社の参道で
龍神雲が出迎えてくれました(*'▽')
 
感激です!

 

 
 
{C90CF4D6-201D-47C3-9F34-EBEF6A25CEBF}
 
 
 
 
{D5D9D8D8-F51E-4E2E-81D3-192CAC8A3589}
 
 
 
 
{CD077524-48F1-40F3-A7FE-05C073F7AA2A}
 
御祭神
 
大避大神(秦河勝)
天照皇大神
春日大神

瀬戸内海三大船祭りの一つ
「坂越の船祭り」で知られているそうです。

 


 

{2A5BDF6C-8ADA-4C33-8019-97CC1FADD35C}

 

大避神社を最後に家路へと向かいました。

今回、3泊4日の旅行は素晴らしい旅でした。

日記には書けないこともいろいろありましたが

素晴らしい体験をさせていただきました。

 

大避神社で

M先生も五芒星を見たとおっしゃって

 

「どうして六芒星ではなく五芒星なのですか?」

と、お聞きしたら

 

「ほとんどのユダヤがね

深く封印されてるからですよ」と

言われました。

 

ああそうなのか!

五芒星と六芒星は裏と表

 

納得です!

 

今回、M先生とMろさんの

ご神事に同行させていただいて

いろいろな素晴らしい体験と

 

いろいろな事が繋がったし

ほんとに感激しました!

 

ありがとうございました(*^-^*)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
宇佐八幡神社・神明神社からの続きです。

 

2012年7月8日
3日目
 
 
{62A79D49-3E85-47CA-9EDE-7B7959265FBA}



朝、起きたらとても良い天気でした。

朝食のお味噌汁と焼き鮭が
とても美味しかったです。

9時半にユダヤの遺跡があるホテルで
湊さんと魚谷さんと待ち合わせをしました。

湊さんにユダヤの遺跡をご案内していただき
参拝をさせていただきました。

 

湊さんとお別れして

 

次に魚谷さんの経営されている
会社「味きっこう」へ伺い

これから案内していただく
天地の元宮「シオン山」の事を
いろいろお話ししていただきました。

霊峰千ヶ峰⇔玉置山⇔剣山を
結んだトライアングル
 
それに重ねた逆三角形・・六芒星ができます。

その六芒星の真ん中が
洲本市由良・・シオン山があります。


去年、淡路島に味噌猫さん達と来た時に
シオン山へは一度、案内していただいているので

もう一度、登ることができるとは
思ってもいなかったので、とても嬉しいです。
 

 

 
{73C24345-51FA-406D-B17F-B80A7435BA90}

 

 

 

龍も鳳凰も歓迎してくれました。

 

 

 
{FCC8EE79-5633-40CF-A5A9-622A153E87BE}
 
 
シオン山が見えて来ました

 

 
 
{3D662372-3686-4A48-B774-84ACE64430A3}
 
 
 
まず、山に入る入り口にある祭壇に
ご挨拶、御参りしてから
獣道のような山道を登ります。


獣道を登りきると広い場所に出ます。

 

 

 
 
{1B875107-2496-4E0B-B7EC-293705A596A0}
 
 
 
ここは、前に来たときにも思ったけど
地球ではない別の星のようでした。

 

 
 
{B72E6B1E-F660-4BE0-A2EB-9318C56D40C6}

 

 

 

 

 
{91FC5FA0-53DE-4D70-85A3-DFFD9B0E8B01}
 
 
太陽も雲も・・・・・。

 

不思議な形

 

 
 
{8EFD5063-9395-4FC4-851F-1FABB9981508}
 
 
 
{C1940D30-968F-4B19-AA79-B0D48686DE99}
 
とにかくその場所にいるだけで
とても気持ちが良いのです。
 
 
{B798B061-6F80-4077-A781-A1415063C3B4}
 
 
しばしの休憩の後
もうひと頑張り登って!
宮に到着

 

 
 
{BA6017D6-3DB1-4616-8C4A-B93A6F638212}
 
 
 
 
{DC233A06-7154-4066-9955-565DDE41EB05}
 
 
 
魚谷さんが祝詞を唱えられ・・

続いてMろさん・・M先生も

 

その後について私達も

参拝させていただきました。

 

 

 

 
{5FF766E9-906B-44D5-8F63-6FEF4006C99A}
 
 
 
 
{B54CC8CA-2724-4E09-8A03-CE3C8259E305}
 
 
シオン山は
去年、来た時も思ったけど
うねは龍の背のようです。
 
龍の背中に乗せていただいているようで
とても穏やかな気持ちになり癒されます。
 
 
 
 
{07764BAE-C34D-40D2-9431-F2A4EC865D55}
 
 
 
去年はまだなかった奥宮が
造られていました。
 

 

 
 
{491C28D8-3CBD-4A21-9429-48D0F6588897}
 
 

 
{79DED81E-F51C-44C2-9C1A-633BA3EDB111}

 

 

この丸い石は地球だそうです

 

 

{C495F4E0-A78C-42FC-8929-ACD42777F9D3}
 
{963D5DCB-C681-4915-A81D-26E57B0B10B2}
 
 
 
お参りを済ませ
素晴らしいエネルギーを感じながら
ひととき過ごし
下山しました。

御供えをされていたのは
味きっこう」の無菌パック食品です。

常温で長期保存できる食品で
そのまま開けてすぐに食べられます。

お供えのお下がりを
会社へ戻ってからいただいたのですが
すごく美味しかったです。

3パックで1000円と
値段も安くて、いくつか買って帰りました。

保存食、非常食に良いですね。

 

 
 
 
 
{B8D653D9-F1A6-4E34-AE3A-631CE75F8DD0}
 
 
 
{65BF144A-1286-4B71-B4B9-D5DD3AD99C40}
 
 
魚谷さんとお別れしてから
魚谷さんの御勧めで
魚谷さんのうぶすな神社である
由良湊神社」へ参拝しました。

 

 
 
{B7031E7C-F19E-45A0-A293-DE73449FC653}
 
 
 
 
{16E26E39-D72A-4F0B-A374-EE7D37921E48}
 
 
 
由良湊神社は
『延喜式神名帳』に
その名が見える由緒ある神社で

 

御祭神は
 
速秋津日古神
速秋津比売神、
品陀別尊

 

 

 

 
{57CB3D7D-8BFC-4DA7-98AA-30861221B724}
 
 
 
柱の蝶番がハートになって可愛いです
しかも、ハートが柱の色にマッチして素敵

 

 

 
{C166ED52-38E0-413D-A4A0-D4E2FCD70ECA}
 
 
 
素晴しい神社でした。
 
 
 
{73C154BB-83D4-4E94-BA6B-2A56D1DD111B}
 
 
 
淡路島を後にして
今日、宿泊する神戸三ノ宮の
東横インへと向かいました。

夕飯はホテルから歩いてすぐにある
磯料理とワインのお店
」で食べました。


たまたま、歩いていて
見つけた
お店なんですが当たりの店でした。

材料の素材も良く
料理はどれもとても美味しかったです。

 

またまた、料理の写真を撮らなくて残念!

 


三宮へ行ったらまた行きたいお店です。
 
いよいよ、明日、最終日へと続きます。

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
白人神社・剣山からの続きです。

 

2012年7月7日

2日目
 
{612CBF2F-273F-43C9-8080-9D297D073623}

 
 
早くお布団には入ったんですが
目を瞑っているだけで
一晩中、深い眠りには入れずにいました。

白人神社で受けたエネルギーのせいなのか!

体はメチャメチャ熱くて(*_*;

目を瞑るとアルファベットが
次から次へと出ては消え出ては消えて・・・

読もうと思っても、早いので追いつけなくて

文字は上になり下になり
ぐるぐると目の前を回っていました。

結局、朝までうつら、うつらとしていました。


夜中から、嵐のような風と雨です。

朝、起きて、窓から外を見ると
昨晩から変わらずの暴風雨で
しかも霧で真っ白で何も見えません。

このままだと、下山できません。

朝食を食べてから外を見ると
だんだんと雨も小降りになってきました。

でも、風は相変わらず、強いです。

雨は少しぐらい降っていてもリフトは動くけど
風が強かったらリフトは動かないそうです。

今日の予定の古剣神社経由の下山は中止して

昨日、登ってきたのと同じ
一番最短コースで下山することになりました。


9時過ぎには雨も風も小康状態になり
リフトも動いているそうなので
下山することになりました。

 

きっと、Mろさんのご神事が

無事に終わったからですね!(^^)!

 


下りは登りより、ずっと楽で早く行けるけど

でも、膝が笑います。

明日は筋肉痛かな?!


リフトから見る景色は最高でした。

 

 

 

 
{75127F3E-4F6F-48C2-B82E-CF49AD1444AC}

 

 


紅葉の時期はすごく混むそうですが、わかる気がします。

すごく綺麗だろうな~!

 

 

 

 
{071EC540-6E8C-4C06-9637-325FE8C8468E}
 
 
山の天気は変わりやすいけど
登りも下りも雨が降らなくて良かったなと思います。

 

神様のお計らいですね。


天に感謝です!



駐車場に戻り、いざ、出発です

神明神社へ行くために

ナビを昨日の白人神社に合わせたのですが

このナビは一筋縄では行かないのです。

昨日、来た道のはずがなんだか方向が
違って来てるようなヽ( ̄д ̄;)ノ

どんどんと道はますます細くなり
350°のくねくね道は続く!続く!

「この、ナビ、ほんとに
今どきのナビじゃないよ! 」

「このナビおばかさんだよ」と
悪口言ってると
また、へそを曲げられ変なとこに行かされたら大変!
 
悪口はこのくらいで(-.-;)

そのうち、川沿いの道に七夕飾りが見えてきました。

笹飾りが沢山、綺麗に飾られていました。

そうですね。

今日は七夕です。

神山町に入ったみたいです。

でも、神明神社ではなく、
宇佐八幡神社へたどり着きました。

先にここへ呼ばれたみたいですね。

この神社は「辰の宮」とも呼ばれているそうです。

鳥居が、白のコンクリートで、すごく大きいです。

 

 
 
 
 
{55191481-1DDE-4F3C-A932-7955BC661BCD}
 
 
 
社殿の前の中央の楠は樹齢600年で
県の天然記念物に指定されているそうです。

鳥居といい楠といい、とにかく大きくて立派です。

七夕飾りもされていて
鮎喰川のせせらぎの音も
涼しげで気持ちの良い神社でした。

 

 
 
 
{9287B0BA-5E27-48B8-9C4E-323399EE7B2A}
 
 
 
宇佐八幡神社で最も重要な行事
お御供(ごく)は、

「秋の例祭」(10月15日)の前日に

神前に供物をささげる神事
 
女性のみが参列を許されるというしきたりが
県内でも珍しく、1955(昭和30)年
県指定無形民俗文化財となったそうです。

 

 

 

 
{99A80A20-7310-4D35-B3B2-5251B045197F}
 
 
 
さて、ここからまた少し戻って
神明神社へと向かいます。

今度はスムーズに行けました。

車を駐車場に停めて、130段の石段を登ります

 

 
 
 
{0EE8E97A-9B76-4C52-A104-845E9DD866C7}
 

 

上を見ると気が遠くなりそう~!

 
絶対に明日は筋肉痛~だよ~(^^;)

 

 
 
{D57EA657-6777-4B5B-AC88-726A9C469E98}
 
 
薄暗くてなんだかあまり気が良くなさそうで
 
磐境(いわさか)と呼ばれる石垣で
囲まれた特異な形態の神社です。
 
五社三門様式だそうです。

 

 
 
{63D61309-1B48-4965-B8F7-8E0644B48170}
 
 
 
 
 

この場所へは以前イスラエル大使の

コーヘン氏が調査にやってきて

 

古代ユダヤの祭祀場と

形式が同じだと言っていたそうです。

 

この事は家に帰ってから

調べて分かった事ですが

古代ユダヤときっと関係があると思いました。

 

だから昨日、M先生はモーセから

メッセージを受けられたんでしょうね。

 

 

 

 

{BEEE5E6A-0302-4291-9AD6-114185E6396C}
 
 
 
 
{6C157E90-AA83-442A-87B7-08FEB74DEF8A}
 
 
白人神社にもう一度、参拝して
次の目的地、淡路島へと向かいます。

今日の宿「民宿 魚春」へ17時過ぎに到着しました。

魚料理が美味しくて有名な民宿のようで
今はハモが美味しいそうです。

玄関を入った所にある大きな水槽に
立派な鱧が泳いでいました。

でも、今日の夕食は別の店でします。

(株)味きっこうの社長さん魚谷佳代さんと
BOOKS成錦堂社長の湊さんと
 
魚介料理・海鮮料理、天ぷら料理が美味しい
「常盤 (ときわ)」で会食です。

私はお二人にお会いするのは2度目です。

お二方とMろさんはとても、話が弾んでおられました。

お料理もほんとに美味しくて
写真を撮るのを忘れたことが残念です。(^^;)

淡路島の宿と会食のお店を
予約して下さったAさんに感謝です。

Aさんはチーム・イツクシマのメンバーですが
今回は急用でご参加できなくなりました。

明日は湊さんと魚谷さんに
ある場所に案内していただきます。

 

3日目へと続く

 

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

{68C139CB-0820-4CB7-BCBE-34A6D5481B86}

 

今回はmixi日記に掲載していたものを

自分の記録の為こちらへと移しました。

 

2012年7月6日~9日までの

剣山から始まった神事ツアーの日記です。

 

もうかれこれ5年前になるんですね。

 

 

今回の旅行は

5月4日~5日の広島旅行から始まっていました。
(理由は書けませんが・・💦)

 

7月6日(金)曇

3泊4日分の荷物を詰め込んだスーツケースを持って
(登山用リュックも入れています)

7時21分発の電車に乗りました。


平日なので電車は通勤・通学の人で満員でした。

大きな荷物を持っての押し合い圧し合い

どうにか待ち合わせ場所の

堺駅近くのレンタカー店に8時10分に到着しました。

レンタカーを予約してくれたKちゃんと

車に乗り込みいざ出発!

運転はKちゃんです。


チーム・イツクシマメンバーの

M先生・Mろさん・Pちゃんと

 

9時30分に神戸三宮 

生田神社にて合流しました。

少し、雨がパラつく中

生田神社で参拝させていただきました。

道中の安全を期し

拝殿前でMろさんに

宇宙エネルギーの防御カバーを

一人ひとりに設定していただきました。


神戸淡路鳴門自動車道

徳島自動車道経由で

今回の目的の一つでもある

白人神社(しらひとじんじゃ)へと向かいました。

 

途中、清流の郷ブルーヴィラあなぶき内の
レストラン樫の森にて昼食を取りました。

行き当たりばったりで入ったお店でしたが

美味しかったです。

 

 
{0224C4EF-D74A-4577-84F2-5E984B86AA4E}

 

 

剣山へ行く道中にある

白人神社に到着しました。

 

 

 
{5B3C2DC0-A91B-446C-A5C9-E83BA93D3008}
 
御祭神は

 

伊弉冉神

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)

天照大神
豊秋津姫命

崇徳天皇

源 為朝侯

 

 
 
拝殿は白い光に包まれたように見えました

 

 
{9DF816F7-80BB-400D-B79D-CF8F4D810847}
 
 
M先生が参拝された時に
受けられたメッセージは
 
「われはモーセなり」
モーセからのものでした。

 

なぜにモーセか?

後ほどわかります。

 
 
 
 
 
{C1440B9C-0F44-4F89-AF46-771F348342CB}
 
 

ご神燈の上にうさぎが座っており
神様の使いとされているそうです。

この石のうさぎをなでると
開運するそうですが
この事は帰ってから知ったので
撫でませんでした(*_*;

写真をなでなで、でもいいかな(^^;)

 

 
 
{DF2FBFC0-78EC-4677-87B8-E4F230A1EC94}
 
 
 
ここにも、うさぎが・・・可愛いですね。

 

 
{8426CEF9-0058-4F90-A5EE-E907B0596C89}
 
 
 
{1F7AF85D-55DB-4F3E-AA3C-3DF2447B437E}
 
 
神社の駐車場の横にある石段を
百三十段程登ると神明神社があるのですが

時間はすでに14時45分・・・

剣山登山リフトの最終時間に
間に合うように行かなければならないので

神明神社には明日の帰りに寄る事となりました。



美馬市穴吹町から
国道492号~438号を経て剣山へ向かいました。

リフトの最終時間が
16時45分なので
見の越リフト乗り場へと急ぎました

凄い山道で道幅は狭くて
対向車が来るとすれ違うのに厄介です。

急なカーブの道が
(私達は350度の道と呼んでいました 笑)
ぐるぐると何回もあり
この道は延々に続くのではないかと
嫌になるくらいです💦

レンタカーで慣れない車なのに
Mちゃんはとても頑張って運転して下さいました。

山道は思っていた以上に時間が掛かりましたが・・

ぎりぎり、最終リフト運転時間に間に合いました。

どうも、今日、明日と天気が悪いようで
人が少ないみたいです。

駐車場はがらがらでした。

混んでる時は車を止める場所もないぐらいだそうです。

私達はリュックを前に抱えて急いでリフトに乗りました。

風が少し出てきて、肌寒くなってきました。

かなり、曇っていますが雨が降っていないのが幸いです。

15分ぐらい乗って西島駅に到着しました。


 
 
 
 
{34171738-C33F-4A66-AE3A-7FAD2608B6B7}
 
 
 
ここから、今日の宿泊地である
頂上ヒュッテへは40分ぐらい歩きます。

普段から運動不足の私ですが
去年登った白山と比べたら楽勝です(*^^)v

 

 
 
{6160D40B-3656-47C6-8EDC-F76CB5207B6C}
 
 
 
 
{BA79FF0B-F57F-4621-BCBE-520D29131926}
 
 
 
 
{FD59C320-7035-4E4E-A846-6AA8E4022A40}
 
 
途中で記念写真をパチリ!
 
 
{62675E0B-71B9-4248-B4AD-46A0D5ED70B8}
 
 

鳥居が見えてきました

 

 
{FB34AA44-27B1-48A1-AC84-15EF42D3AAFF}
 
なんだか、早く、楽に登ることができました。

 

 
 
{1506D3D5-7CD9-4EFE-8838-251C1D2A72FF}
 
 
 
剣山本宮
 
 
 
 
 
 
{C5FD77C2-4F8E-458E-8111-E39B03C81794}
 
 

剣山頂ヒュッテに荷物を置いて
ヒュッテの横の階段を上がりました。

風が強くて飛ばされそうになりましたが
景色はとても綺麗でした。

 

そしてとても気持ちが良かった!

 


 

 

{0A8DDCEE-357C-4FD9-B0F1-E23E84A0CED3}
 
 
 
剣山本宮  宝蔵石神社の磐座

 

 
{6589BD7D-826E-4226-B9FA-585FAFC75996}
 
 
2000メートル近い山で
お風呂があるのはここだけだそうです。

石鹸やシャンプーは使えなくて
湯船につかるだけですが
でも、すごくありがたく嬉しいです。
 
天候が悪いためか
キャンセルもあったようで
宿泊客は私たち5人だけでした。

 

まるで、お人払いしてもらったかのように



なので、ゆっくり、お風呂にも入れました。

ラッキー!

お風呂に浸かって汗を流して、夕飯です。

白山の山小屋に泊まった時の
料理があまりにも美味しくなかったので

今回もと思っていましたが・・・

M先生が出発前に
「剣山ヒュッテのご飯は美味しいのよ~」と
おっしゃっていたので
 
ちょっとだけ(^^;)
期待をしていましたが

ほんとに、美味しかったです(*'▽')

 

 
 
{22167B3E-6E9E-43BD-A50D-D51D1C289BE3}
 
このあまご?のフライが美味しい~!
 
 
{90340401-7FA3-4F67-8D42-2089D732C5E9}
 
 
 
部屋はMろさんは、お一人で

M先生・Kちゃん・Pちゃんと私
女子?4人部屋は
修学旅行のように楽しかったです。

ただし、枕投げはしませんでしたが 笑

腰痛持ちの私を気遣い
M先生がアロママッサージを
して下さいました。

先生からマッサージを受けられるなんて
 
超ラッキーです!

先生のアロママッサージは素晴らしいです。

御陰で腰の痛みも取れました。

先生、ほんとにありがとうございましたm(__)m



外は雨が降り出し
だんだんと風も強くなってきました。

まるで台風のような風雨です。

さて、明日の御神事はどうなることやら・・・

2日目へ続く

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都の上賀茂・下鴨をはじめとする

全国鴨(加茂)社の総本宮である

高鴨神社へ参拝に行きました。

 

金剛山の東山麓

鴨族のルーツである

御所市鴨神にあります。

 

 

{92DC6E90-F77F-4D09-BF69-F7B92810502B}

 

両側に狛犬が配された

赤い鳥居をくぐります

 

 

 
{8955F76D-1E5F-455F-B07B-2B6D930026D6}
 
 
 
 
 
{8093B078-7392-40E4-B53A-5494B8122788}
 
 
 
 
 
{AC735746-2552-4FD7-8FD9-B067534DFE9B}
 
 
祓戸社

 

大直日神

神直日神 

伊豆能賣神 

底津綿津見神

 

 
 
 
{E0DD0E66-B12E-4CDF-A276-D03E9569DE3B}
 
 
手水舎
 
 
{54DEAD2A-D87E-4239-9366-78C4C21129EE}
 
 
 
手水舎の後ろには大きな池があり
綺麗な鯉がたくさん泳いでいます
 
池をのぞき込むと
たくさん寄ってきます。
 
社務所に鯉の餌が売っていたので
人が来るともらえると思うのでしょうね。
 
 
{FFD90AAA-3359-4F04-A0A5-E3FEC8CB2B7B}
 
 
青紅葉がとても綺麗です。

 

きっと、紅葉の時期もきれいでしょうね。

 

 
 
{190CC37D-54DF-49C9-8B74-523E36BA5DE9}
 
 
 
 
{D0B19049-A3F8-42DC-B447-B16FA752994C}
 
 
楠木正成公の銅像

 

 
 
{C8219EC5-3545-4016-9F27-EA5DE072313F}
 
 
社務所
 
 
 
 
{21BE3827-67BF-45D0-A82C-7D15A1628F4F}
 
 
 
石段を上ると本殿です。
石段の手前にある木が御神木でしょうか?

 

 

 
 
{C2C3B240-81AD-4BAB-AEC3-0E76A88D9EE9}

 

 

境内はひっそりとして
高天原の古社らしい雰囲気が漂っている

 

気持ちの良い神社です。

 

 

{88900DCD-2A74-4117-9548-D2B0AC882E1B}
 
 
 
 
{97D25291-B04C-4D72-8682-BEAD71DCEA14}
 
 
御祭神
阿遅志貴高日子根命
(あぢしきたかひこねのみこと)
 
別名を
迦毛之大御神
(かものおおみかみ)

 

大御神と呼ばれる神様は

古事記では天照大御神

だけだそうですが

 

天照大御神と同格に扱われている

迦毛之大御神は

謎の多い神様のようです。

 

 

 
{CC3E72B1-D571-4916-915F-FCF51A234663}
 
 

 
{BBABA4DF-34AC-4650-949C-646DB8F81DDA}

 

 

 

 

 
{36399919-0FC6-4554-8DF8-E8125E86F7E3}
 
 
 
 
{AF37A7BF-D8C6-4D6C-8A70-75C12215A0A9}
 
 
こちらはたくさんの社があります。
その一つ 猿田彦神社
 
 
{B536B359-7AC9-4890-9D52-2AFB229C46A9}
 
 
 
稲荷社へ続く鳥居
 
 
 
{20D44ECD-B3B0-493E-958F-DFA45D6885CD}
 
 
 
 
{F5A7EF51-EBE4-4F97-9B3B-AEFD8280B90D}
 
 
西宮
 
多紀理毘賣命 
天御勝姫命
鹽冶彦命 
瀧津彦命

 

 
 
{A8E52EE7-5F21-4C5A-9A31-E6BA9D3A3A70}
 
 
迷彩のような模様の木

 

思わずパチリ!

 

 
 
 
 
{7AAE8050-AF17-4168-9A25-FD2C2B4EBA33}
 
東宮
 
天兒屋根命 
天照大御神 
住吉三前大神

 

 
 
{FB5E1A84-CDFD-4147-B55B-199B67922CDA}
 
 
 
 
{C3E79558-A25B-41DA-9D1A-024388FC6091}
 
 
 
 
 
{6BA556D5-FA6D-4806-B037-16E01BD473B2}
 
 
東宮の横に
市杵嶋姫命神社

 

 
 
 
{208F61A2-ACBF-4348-90B8-00CA00E364A6}
 
 
御朱印をいただきました
 
 
 
{FFD6276D-B422-406B-802E-82A336B6DF6D}
 
山城賀茂族の祖とされているヤタガラスが
 
神武天皇を熊野から大和へ
道案内したことが日本書紀に
記されています。

 

水晶で作られたヤタガラスのお守りは

高鴨神社のオリジナルだそうです。

 

可愛いな~!と

思わず購入してしまいました。

 

 

 
{1C8C4A97-D052-4F06-916D-247E1719BF2E}
 
 
 
 
 
{71CD4C6F-177A-41E1-B41A-E966D3A0697D}
 
 
参拝が終わったらちょうどお昼だったので
「そば小舎」 鴨神そばでランチにしました。
 
高鴨神社横の葛城の道歴史文化館の建物内にあります

 

 
{8C8F6E15-EA01-4CB2-B79F-0AFB7FE95179}

 

 

素敵な古民家です

 

 
{50862DF7-A345-419B-BB85-D803BA9072AE}
 
 
店内の窓からは高鴨神社の池が見えます。
 
座席に座り
新緑を眺めながら食べるお蕎麦は
一段と美味しかったです。

 

 
 
 
{21DBF1D9-FD07-4E06-8501-3201E090964E}
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
あまり人には知られていない
(私も最近、知って行って来ました)
奈良の隠れたパワースポット
高天彦神社へ参拝に行って来ました。

 

神話の世界
天孫降臨の地
高天原は高千穂が有名ですが

 

奈良盆地の西南

金剛山の山麓に

天上の神々が住んだという

高天原の名を残す

高天の地名が付いた場所

(奈良県御所市高天)

 

そこに高天彦神社があります。

 

高天彦神社は

標高400m余りの裏山

白雲嶽をご神体としています。

 

 

{81F5352D-20FA-4DB5-B503-E5AA8BFE1DDB}

 

 

 

樹齢数百年の杉並木の

素敵な参道がありますが

 

ここを通らずにもっと上にある

 

鳥居へと車で向かいました。

 

ほんとはここから参拝に

向かっていただくのが

お勧めです。(^▽^;)

 

 

{CD2FFB9B-0D88-4015-BFFC-07A56E8F8C35}

 

 

本来は杉並木の

気持ちの良い参道を抜けると

目の前が開けて

石の鳥居が見えてきます。

 

 
{5BA7741D-E208-4E36-88C0-31118A5101DA} 

 

{A536F32B-AD7C-47AB-87E7-2D94D3279EDB}

 

{66EDB579-E583-41C1-BF33-F4BDB501E1E4}

 

 

{3212CDCD-A293-4728-94E3-FF975A2EACE4}

 

{5EE90BBB-E3EC-4E54-838E-E7DED6B056DC}

 

{463A3158-292E-4DBE-9500-BB83177FC3D3}

 

{3C91F8E0-D89D-4DA9-B59A-94FB59F7983D}

 

{EB0DA930-A97A-47AD-967B-7ACD7FDB7CCC}

 

狛犬

 

{4A434F18-C64C-4CF2-A4CC-48F4F9D71F35}

 

{A818BA9C-2E88-4A85-A841-E1378BDDFD74}

 

 

御祭神は

高皇産霊神(たかみむすひのみこと)

 

市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

 

菅原道真公

 

神社名の高天彦とは

高皇産霊神の別名だろうと言われています。

 

 

{A1E67C54-125B-43B6-A637-9E3D4A3ACF86}

 

 

ひっそりと静まり返った境内で

自然のエネルギー

大地のエネルギーを

たくさん受け取る事ができました。

 

 

{492742AB-146A-48C5-8597-7071A7A409C3} 

 

御本殿

  

{67D3E1E2-18B9-498B-A71F-028A02496503}

  

{80978DCC-61FC-49CF-AACA-499DD385AA0D}

 

{BCE78DE0-EDD0-4517-91E1-10AF0B276232}
 
 
 
{0369D1E5-5B46-4124-9A5E-4857457F3A7F}

 

 

神武天皇

明治天皇

遥拝所

 

 

 
{B3A589EE-B917-4BBC-BFED-FAE292F1FD3C}
 
 
 
「蜘蛛窟」
 
巨大な土蜘蛛が住んでいて
埋められた跡地と
言われている場所だそうです。
 
日本書紀には
この土蜘蛛伝承から
「葛城」という地名が
生まれた経緯が語られています。

 

 
 
 
{FEF7C5BD-90BF-4DA2-A3A9-DC89352883C2}
 
 
 
{B10CCD69-182F-4EE9-9617-CEFA9E9A9CC7}
 
鳥居の右手に
「幸せを呼ぶカエル石」があります。
 
彫刻されたものではなくて自然石が
蛙の形に見えます?

 

う~ん!かろうじて、見えるかな?

 

撫でたり擦ったり
水をかけて幸せを願います。

 

 
 
 
{EE7DFCE1-5EFB-46B7-981B-CD7F5E8FC9AA}
 
 
高天彦神社には社務所がなくて
数キロ離れた高鴨神社の
ご神職が管理されているそうで
 
高天彦神社のお守りや御札
御朱印は高鴨神社で授かることができます。

 

この後
高鴨神社へ参拝に行き
高天彦神社の御朱印も
いただいてきました。
 
{5DEBCF8B-E961-48FC-A7AA-D8026BFAA837}

 


高鴨神社の記事へと続く

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
奈良は朝から雨が降っていましたが
昨日、東吉野にて開催された
「よもぎ摘みとよもぎ酵素ジュース作りの会」に参加しました。

 

講師は以前
発酵ジンジャーシロップ

作りを教えていただいた

湯田はなさんです。

 

 

{E4A5C81C-0F55-48E8-A545-E1316E07B709}
 
 
 
小雨が降ったり
時々やんだりする中
カッパを着て
 
よもぎ畑で無農薬で
栽培されているよもぎを
1.2キロずつ摘みました。

 

雨に濡れて生き生きとしたよもぎの

やわらかい新芽だけを手で摘みます。

 

 

 
 
{E98642D5-4F6C-4344-B23A-29D4EF8FE5FD}

 

 

 

サクサク摘めて周りは

よもぎの良い香りが漂います。

 

摘むのはとても楽しく

手にも香りが移り

 

よもぎの香りと

東吉野の自然にとても癒されました。

 

 

 

 

 
{3010C40B-B1E5-41F4-9923-677F51118DD3}
 
 
摘み取ったよもぎで
東吉野カフェ はなゆかり」さんにて
(奈良県吉野郡東吉野村大字鷲家382)

 

講師のはなちゃんに教わり
酵素ジュースを
仕込みました

 

 
 
 
{4C0904BE-66CD-43F0-A41F-14791DE89717}
 
 
よもぎはハーブの女王で
アルテミシア(月の女神に由来)
という素敵な学名です。
 
 
 
{666243E1-6D2B-4569-9060-323265519B7F}
 
 
食物繊維はほうれん草の10倍近くあり
よもぎに含まれるクロロフィルは
食物繊維の5000分の1の大きさで
小腸絨毛の奥に蓄積した
ダイオキシン
残留農薬
有害金属(水銀、鉛)を
取り除いてくれる働きがあり

 

食物繊維との相乗効果で

血中コレステロールを

低下させる効果もあるそうです。

 

冷えや生理痛など

女性特有の症状に

効果があり

よもぎ蒸しが大人気ですよね。

 

 
{F32EB1C4-E235-48D7-B1C7-9682286F4705}
 
 
よもぎをお茶にして飲んだり

化粧水を作ったり

入浴剤としてお風呂に入れたり

よもぎの香りはアロマとしても
とても癒されます。

万能ですね(*^o^*)
 
 
{B805A290-64BA-47FE-9A61-069F68505924}
 
 
無農薬のよもぎなので
サッと洗うだけでいいです。
 
その後、1㎝ぐらいの大きさに刻みます。
 
よもぎの香りが部屋中に充満して
気持ちが安らぎます。
 
刻むのも楽しいです。
 
私はキッチンバサミでちょきちょき
刻みました !(^^)!
 
 
{5B34AC74-0227-4AF3-9C13-EEC41E45E53B}
 
刻んだよもぎをエンバランスの袋に入れて
(今回はよもぎを800グラム)
 
よもぎ1に対して砂糖を1
同じ量の砂糖を入れます。

 

塩を一つまみ入れます。

 

 
 
{E5C0446C-2AA3-48DE-BB7C-81DB2F39ED55}
 
 
一日に一回
手または木べらなどでかき混ぜます。
 
1週間ほどして(室温にて変わります)
混ぜた時にぷくぷくしてきたら出来上がり
 
よもぎと液体を分けて
冷蔵庫にて保管します。
 
絞って残ったよもぎは
お茶のパックなどに入れて
入浴剤として使えるそうです。
 
入浴剤として使った後は
庭にまいて肥料として使えるそうです。
 
最後まで無駄がありませんね。
 
よもぎって素晴らしい!
 
 
 
{CE73799C-68AB-41E2-B013-338A61135925}
 
 
 
その後、つきたて出来立ての
よもぎ餅とよもぎ茶をいただきました。
美味しかったよ〜💕

よもぎ餅を天ぷらにして下さったのも美味しかった!

 

「はなゆかり」さんでは

いつもつきたてのよもぎ餅や

よもぎのシフォンケーキなどが売られています。

 

お店でも食べられますよ。

 

東吉野に行った時には

ぜひ「はなゆかり」さんにお立ち寄りください!

 

 

 
 
{9FFDA9B4-73B9-439D-AD0A-7963AC3DBE82}
 
 
その後、はなちゃんから
頭や身体がスッキリする
体操を教わりました。

 

 
 
 
{90D13C5F-F259-4E63-A307-AF0F66BE7696}
 
 
お土産によもぎ葉茶を買いました(*^^)v
 
 
{EBBF7378-8350-494B-8DD3-1326EE4D468C}
 
酵素ジュースの完成が楽しみです。
 
どんな味なんだろう~(*'▽')

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
{E3CDFFBA-6196-4713-9B57-14BE42DCD457}

 

4月27日に

浄瑠璃寺へ行って来ました。

 

浄瑠璃寺がある

木津川市加茂町は

地理的には京都府だけど

でも文化圏は奈良という

一風変わった地です。

 

なにしろ、奈良交通のバスが

走っているのですから・・・

 

アクセスは京都市内よりも

奈良市内からの方が便利なのです。

 

 
{4A82B03A-FE84-4B03-9C31-A2514878D685}
 

 

浄瑠璃寺は「極楽浄土を再現したお寺」

とも言われているそうで

 

とてものどかな風景

参道は、極楽浄土への道といった感じで

歩いていてとても気持ちが良いです。

 

 
 
 
{66ADFE31-FC0E-495D-9A92-BB6B02F95F7F}
 
 
新緑と青空の下を歩いて行くと
簡素で小さな山門が見えてきました。
 
 
{74E00D5F-2DEF-4DA6-B867-26FEC513573F}
 
 
山門をくぐるとすぐに宝池が見えます。

 

 
 
 
{D50CE108-D489-4CD2-BF46-920773C5465F}
 
 
梵字の阿字をかたどった池宝池を中央に
 
右手(西)に阿弥陀如来を安置した本堂

 

左手(東)に薬師如来を安置した三重塔があります。

 

平安時代には京都を中心に

このようなお寺も たくさんあったと云われますが

すべて失われ、当時のまま現存するのは

ここ浄瑠璃寺だけだそうです。

 

 

 

本堂の入り口受付にて御朱印を
お願いしてから
「九体阿弥陀堂」へ入りました。
 
 
{D2043731-1195-4B58-825D-AE907CBD4F48}

 

 

 

本堂の中は写真撮影が禁止なので
絵葉書やパンフレットから
撮った写真を掲載しています。
 
 
 
{B02741C5-1F55-4115-800B-89AADB615D5A}
 
 
国宝の九体阿弥陀如来様が並んでいます

 

九体がそれぞれ異なる表情で

一体一体が板扉を持ち

現存する唯一のものだそうです。

 

人も少なかったので

一体一体の阿弥陀如来様の

前に座り心行くまで静かに

お参りできました。

 

浄瑠璃寺は九体阿弥陀如来を

安置する寺として知られているが

創建当初の本尊は薬師如来であった。

 

九体阿弥陀如来を安置する

現・本堂の建立は創建から60年後の

嘉承2年(1107年)のことであった。

 

1つの堂に9体もの阿弥陀如来像を

安置するという発想は

「九品往生」(くほんおうじょう)思想に由来する。

 

「九品往生」とは「観無量寿経」に

説かれる思想で極楽往生

(人が現世から阿弥陀如来のいる

西方極楽浄土へと生まれ変わる)

のしかたには、仏の教えを正しく守る者から

極悪人まで9つの段階ないし

種類があるという考えである。

Wikipedia「浄瑠璃寺」より引用

 

 

 

 
{257B76B3-3AE6-4C06-AF21-09CC91A4BC76}
 
 
2014年「旅の手帖」1月号の

一度は見たい「日本の秘仏5選」に

選ばれたほどの美しさで知られる
秘仏『吉祥天女像』

 

今回は特別公開中の

吉祥天女像を拝観するために来ました。

 

 

以前はお正月に行われる

吉祥悔過会の時だけ

年に1回しか

御開帳されない秘仏でしたが

現在は年3回御開帳されます。

 

御開帳日

1月1日~1月15日

3月21日~5月20日

10月1日~11月30日

 

写真で見るより

実物はほんとに美しく

当時の美人が分かるお顔立ちです。

 

白いお顏と鮮やかな繧繝彩色

のコントラストが目に飛び込み

美しいです。

ずっと、見ていたいぐらいでした。

 

 

※繧繝彩色

(うんげんさいしき)とは

奈良・平安時代の

装飾文様の彩色技法の一つで

 

同系統の色彩をぼかさずに

色の淡濃を層をなすように

繰り返す技法の事だそうです。

 

実はこの秘仏『吉祥天女像』を

作った仏師が誰であるかは

判明していないのだそうです。

 

 

 

 

{75D59201-51E0-4941-8375-376893E21EE8}
 

 

機会があったらぜひ一度は

吉祥天女像を拝観しに行くのを

お勧めしたいです。

 

 

 
 
{74AF411B-FB36-48FE-8DD0-0AA6760B8709}
 
正面外から見た
本堂「九体阿弥陀堂」

 

 
 
{0233C621-AAF3-4FA0-93D2-BC8892BA74B1}
 
 
横に細長い本堂は
九体の阿弥陀様に合わせて
板扉も9つになっています

 

 
 
{78F1E001-9302-4318-B71A-AC65C9463C2D}
 
本堂より見る
薬師如来様をまつる三重塔

 

 
{948E6401-610E-4FA4-9F24-9EFB4A2BE2EE}
 
 
三重塔(国宝)藤原時代

平安時代に京都一条大宮から
移されてきたもの
初層内は扉の釈迦八相
四隅の十六羅漢図など
装飾文様と共に壁面で埋められている
元は仏舎利を納めていただろう
この寺へ来てからは東方本尊の薬師物を安置している。

 

浄瑠璃寺ホームページより

 

 

 
 
{96931C47-C2C3-4936-8A15-97D2D3C760C0}
 
 
新緑と朱色の三重塔の
コントラストが美しい
 
また、紅葉の時期も
美しいでしょうね。

 

 
 
{8ACB1289-30E0-4A10-83F9-5CE947919A81}
 
 
宝池の対岸から観た本堂
 
 
{C510B900-DDE9-4C13-BC45-729A2FC3C7B4}
 
 
 
{55BD14AC-2304-4AB6-A2B8-52A3C00D7AAD}
 
 
 
 
{2D148044-6798-4F88-9B38-4FE552865C22}
 
 
釣鐘堂
 
 
{4E924D0A-58CA-42C1-82AD-CBCEBF252FE9}
 
 
御朱印

 
{31518C9E-14F2-4DE1-809D-0214A1245F5F}

 

 

 

 

 

 
{607E6BAD-EA40-47D4-9665-BEF7FAEFAB72}
 
 
参拝が終わった後
ちょうどお昼だったので
参道にある
お蕎麦屋さん
でお食事をしました。
 
 
{CB4D1B16-3FE6-482C-B862-962E026570CD}
 
 
お蕎麦がすごく美味しかった。
 
 
{E6ACAD8D-5098-4959-AFD6-12AE74622389}
 
 
筍の煮物もすごく美味しかったです。

 

また、食べに行きたいお店です。

 
 
{553C4A55-FD8E-4581-82D4-45647F94993E}

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
{63D9EF31-F79D-46EA-9C58-88EA70D879AC}

 
 
ここにいるメダカ達は去年生まれた子達
 
この容器はプラスチックです。
 
ここにはヤマトヌマエビも20匹いれましたが
何匹かは天に召されたようです。
 
日当たりが良いのか藻がすごくついています。
 
その為にヤマトヌマエビを入れたのですが
なかなか藻は減らないです(*_*;
 
 
{79E1FA94-AACC-411D-8BAD-C4C1AF7B9979}

 

 

 
ヤマトヌマエビの姿は見えないです。
昼間は隠れています。

 

 


 
 
 
下の写真の火鉢に居るメダカは
先ほどのより少し小さいです。
 
去年、生まれたメダカです。
 
ここにはメダカのくつろぎ絨毯と言われている
グロッソスティグマと言う水草を入れました。
 
もっと広がったらいいな。
 
時々、メダカがお腹をこすり付けたり
隠れたりして遊んで?います。
 
この水草は凍らなければ越冬できるようです。
 
水草も見ているだけで癒される。
 
 
{15930D96-30D5-48F9-8EA5-845900C3B72C}

 

 

 

 
{E12ADD5C-9801-46B5-9B41-ABCD537A169F}

 
 


 
 
 
 
この睡蓮鉢には
去年は睡蓮とメダカを入れていました。
 
今年はここにはメダカの赤ちゃんを入れています。
 
10日前ぐらいに孵化したメダカ
 
まだ、小さくてどこに居るかわからないぐらいです。
 
でも、よく見るとたくさんの赤ちゃんメダカが
泳いでします。
 
大きくなっていくのが楽しみです。
 

 
{9CC64118-5665-415D-B889-AFA7D65905CB}





 
 
メダカの泳いでいるのを
ずっと見ていても飽きないし
癒される~(*^^)v
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
和爾下神社(わにしたじんじゃ)は
(奈良県天理市櫟本町宮山2490)

 

西名阪自動車道路
天理インターすぐ側

国道169号線沿いにあります。

 

延喜式神名帳にある

和邇下神社二社のうち

一社は天理市に

 

もう一社は

大和郡山市に

鎮座しているそうです。

 

 

 

{F47505E1-4106-402F-977C-D0946157F7C2}

 

木々の中の長い参道は

とても気持ちが良いです。

 

途中、不動明王立像が・・・

 

素敵~!(^^)!

 

ご挨拶させていただきました。

 

 

 
{66BFC4A0-D495-4958-A36C-46B0D5A9BD1D}
 
 
 
 
和爾下神社古墳案内板
 

東大寺山丘陵の

西麓台地上に築造された

前方後円墳で

全長約120m

後円部直径約70m

高さ約5m

前方部幅50mほどで

前方部が短く

端部が両側に撥形に開く

特異な形態である。

 

 

 
{F91A3E99-B089-4819-8278-1776892C0B74}
 
 
 
 
 
{7A5F1FEC-3701-428D-BF92-708B2CF8EF45}
 
 
 
参道の長い階段
とても静かで
鶯の鳴き声が聞こえました。
 
 
 
{8C02D3D0-0D4C-4903-BABF-233D64A0DD2E}
 
 
 
 
 
{F88132B7-9E2D-4901-B415-AD6B7DE0C401}
 
 
 
 
 
{C590413B-C63B-4E26-8C35-D5DB2D63A78F}
 
 
本殿は重要文化財で
 

和爾下神社古墳と呼ばれる

巨大な前方後円墳の上に

鎮座しているそうです。

 

 
 
 
 
{9A0CDBB3-7710-41E8-BF77-BE66A42B10E4}
 
 
 
 
{DB1CF6B3-DA2A-473E-9D52-273ACCDC58FD}
 
 
 
御祭神

素盞鳴命 (すさのおのみこと)

大己貴命 (おおなむちのみこと)

櫛稲田姫命 (くしいなだひめのみこと)

 

 

 
 
 
{D9C91386-7F3F-4A9C-8E0F-55E2F76533C5}
 
 
 
 
 
{50BCB6D2-368D-49E1-872A-2AA3C73451F1}
 
 
 
素盞鳴尊を祭祀したというので
牛頭天王社とも

呼ばれているそうです。

 

本殿前には牛の狛犬?

 
 
 
{2A50F723-5461-42AB-B567-E918FD84D22A}
 
 
 
 
 
 
{4245DF4C-45C3-4C77-BB7B-6FDB65570473}
 
 
 
 
 
{AB4FA526-79DB-48E3-8372-8BB40CEFDF92}
 
 
 
 
 
 
{5CC758F7-FB9C-4DD0-AF64-5825FA460A9C}
 
 
 
 
古代の寺院で柿本寺跡(しほんじ)です

 

和珥氏の末裔に当たる柿本氏の氏寺で

奈良時代に創建されたと考えられています

 

下の写真は

古墳から出土した石棺の蓋石で

和爾下神社古墳から

出土したものであるとされます。

 

 

 
{0EB6BCDA-6368-469F-B3D5-C4C60A85A799}

 

 

 

参拝後の帰り道

 

和邇下神社二社のうちの

もう一社の大和郡山市に鎮座する

和爾下神社の前を偶然にも通りました。

 

呼ばれた感あり!

なんかうれしい~(*'▽')

 

 

天理市櫟本町の和爾下神社は

「上治道宮」と呼ばれ

 

大和郡山市横田町の和爾下神社は
「下治道宮」と呼ばれているそうです。

 

 

 

 
{EEE31F13-3E01-44F6-B9DF-03CA65D624F4}
 
 
 
 
 
{F4877B4B-5ED5-4713-BCE1-9A80DDE6A7D8}
 
 
 
 
{0A8FAC76-3665-4B0E-B083-9DF218F0CBB1}

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。