MINT新宿店のブログ

スポーツカードショップMINT新宿店のブログです。プロ野球、サッカー、MLB、NBA、NFL、NHL、映画、マジック:ザ・ギャザリングのトレカや、乃木坂46の生写真などを扱っています!


テーマ:
皆様こんにちは!

元旦からMTGを仲間うちで楽しんできたMINT新宿店スタッフの毛利です。

今年は様々なカードを使ってデッキを組んでみたいもので、それをプレイする時間も積極的に作りたいですね。
個人的には沢山のクリーチャーで殴るのが好きなので、小型のビートダウンやトークンデッキなど、様々なパターンで組んでみたいものです。

今年は申年ということで、それに因んだトークンがたくさん出るカードを本日はご紹介致します。

IMG_20160104_122114626.jpg
Monkey Cage / 猿の檻 (5)
アーティファクト
クリーチャーが戦場に出たとき、猿の檻を生け贄に捧げ、緑の2/2の類人猿(Ape)クリーチャー・トークンX体を戦場に出す。Xはそのクリーチャーの点数で見たマナ・コストである。


メルカディアン・マスクスに収録されていた、類人猿トークンを大量に出す事のできるアーティファクトカードです。

一度《猿の檻》を出して、その後でクリーチャーを出す必要があるので少し手間がかかりますが、その分用意したクリーチャーによっては大量の類人猿トークンを出す事が可能になります。

普通に5マナ支払ってこのカードを出すと、相手の返しのターンに低コストのクリーチャーを出されて少ない数のトークンで終わってしまいます。なのでこのカードを使う場合は、大量のマナを確保するか、踏み倒しなどで少ないマナで出したいところですね。

2003年のトーナメントでは、これを使ったデッキが優勝しており、《修繕》《ゴブリンの溶接工》で踏み倒したり、《金属細工師》《厳かなモノリス》などで大量マナを出していたそうです。

今なら《球道者テゼレット》で忠誠度を上げてサーチしたり、大型のエルドラージなどでトークンを10体以上出すのも面白そうですね。

出てくるトークンも2/2と決して小さいサイズではないので3体以上を目標に出す事ができれば良さそうです。
速攻を持たせるカードや《鍛冶の神、パーフォロス》等を使えばさらに協力になります。

古いカードですのでスタンダードは当然、モダンでも使う事ができませんが、統率者戦で《屑鉄の学者、ダレッティ》を統率者にするような赤単アーティファクトデッキなどで使ってみては如何でしょうか。

こちらのカードは現在20円で販売しております。
非常にお安くなりますが枚数もあまりございませんので、面白そうだなと思った方は是非お早めにお求めください!


皆様のご来店をお待ちしております。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。