春ノ陽ダマリ*ガジュマルノ木陰

日々の生活・育児のなかで思ったこと、感じたことを綴っています。タイトルはのんびりマイペースに育児していこうという想いでつけました。八重山好き、沖縄好きの人なら何となくイメージできるかな(^_^;)


テーマ:
この写真↑は2年前に行った時の写真。
もちろん私が撮ったモノ。当時デジカメは持ってなかった
と思うのでスキャンした画像だからちょっとぼけてる。。。
でもホント絵はがきみたいな写真がとれるの。

1度もこの青い海を見ることなく石垣島を発つことに・・・
それどころか飛行機飛ぶのか~?
雨は降っていなかったけど風が結構強かった。
いっそのこと飛ばなくていいから、延泊したいよ~

朝食後、ホテルのビーチにミノリンを放牧して
珊瑚あそび。珊瑚や貝殻を食べたり(^^;)投げたり
音を立てたりして楽しく遊びました。

そうそうホテルはフサキリゾートヴィレッジといって
赤瓦のコテージ形式のホテルです。
新しく改築されたらしく、お部屋は凄く綺麗。
新婚旅行含めてここに泊まるのは3回目。
いつも沖縄ツーリストでいくので必然的にココに泊まってます(^^;)
南国のリゾート気分が満喫できるしビーチは目の前だしいいですよ。

大雨かと思ったら雨は降っていないのでミノリンと私は
八重山民族園で降ろしてもらうことにしました。
(ダンナは昨日のシーサーの色塗りへ)
ココにはリスザルが放し飼いにされてるんだけどミノリンが喜ぶかと思て・・・・

リスザルはすごーくかしこくて人がエサのはいったカプセルを
手に持っているだけでスゴイ勢いでやってきます。
で、蓋を開けようもんならいっせいによじ登って奪ってゆく・・・
それが恐ろしかったらしく、喜ぶどころか号泣(>_<)
たぶん、ミノリンの頭の上を何匹か飛び跳ねていたと思う。

民族園の中には民族衣装(?)を着て写真がとれたり、
踊りが習えたり、海人の家とか農家とかが再現してあったりします。
展望台もあって晴れているならここからの眺めも最高です(^^;)
今日も当然離島へのフェリーは当然全便欠航。
そのせいで市内の名所は年配のツアー客でてんやわんや。
ツアコン&バスガイドさんは凄く大変そうでした。
冬は夏とちがって避寒も兼ねてお年を召した方が多いです。
真夏はダイビングだ、海水浴だマリンスポーツだと
若者が目立つんですけどね。

雨が降ってきたのでおみやげコーナーでウロウロ。
試食して歩いていたら、ミノリン「このカゴにはお菓子が入っている」
と言うことを学習したらしく、近くを通ると身を乗り出して
「ああっ、ああっ(ちんすこう食べる!食べる!)」と叫んでました。

予定より30分ほど早くレンタカーを返却し空港に行くと
前の便の飛行機が強風で降りてこられず遅れたため、
1便早い飛行機で那覇に向かいました。那覇で2時間時間が空いたので
空港でお昼ご飯。ミミガー丼とソーキそば食べました。
ミミガーをすき焼き風の味付けにしてご飯にのせて生卵がのっていたんだけど
結構おいしかったです。こんな食べ方もアリだなぁ。
でも、豚のミミの千切りがいっぱいご飯にのってるってことなんだよなあ。。。。

那覇からは予定通り、伊丹へ。ミノリン1時間くらいは
抱っこされて寝てましたが、疲れたせいか、最後1時間はグズグズ。
座るとおこるので結局着陸間際までおんぶして立ってました(>_<)

旅行は楽しかったし、ご飯はおいしかったんだけど・・・・
やっぱり青い海青い空が見たかった(^^;)私たちが戻ってきたあとは何事もなく晴天が続いているらしい。
来年はバーゲンのチケットをとってうるずんの石垣&竹富島
民宿に長期滞在したい。。。(あと4ヶ月後?)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
腹ごしらえも済んだところで、漆喰のシーサー作りへ
おみやげ屋さんで見かけるシーサーはほとんど焼き物だけど
本来は職人さん(大工さん)が余った瓦と漆喰でつくるらしい
だからその家の屋根にいるシーサーを見ればだいたい誰が建てたモノか予測がつく。なによりシーサーは作ったひとに顔が似てくるみたいだし。

「工房奈夢」は商店街から道一本渡ってすぐのところにあります。
美術系はことごとく成績の悪かった私。
ダンナの方がましかなと思ってやらせてみたのですが・・・
(ま、長時間ミノリンを相手してられないし)間違いだった(^_^;)
赤瓦の大きめの破片を土台にしてその上に漆喰と瓦の破片で
形づくってゆくのですが・・・・
それってシーサーじゃなくてスフィンクスって言うんじゃないですか?
という形にどんどんなってゆく。

先に来ていた男性3人。一人は土鈴のような形のだるまシーサーを、
もう一人はシーサーがどんどん人間ぽくなって
いまにもしゃべり出しそうなシーサーを、
もう一人の人は大型のシーサーを作っていたのですが、
コレが凄くお上手。一言でいうなら天才肌なんだと思う。
理屈じゃなくって手が自然に動くみたいな感じ。
その横でウチのダンナときたら・・・・

時間がかかりそうなので、町並み散策に出かけました。
いつも思うけど石垣島って日本語の通じる外国みたい。
コンクリートの家にガーデニングはハイビスカスとブーゲンビリア
青い空に赤瓦の家。空気が違います。

実は赤瓦の屋根の家というのは思ったほど多くないです。
やはり、手間とコストがかかりメンテナンスもしなくてはいけないのが
理由みたい。でもぶらぶら歩いていると数件見かけることができます。

年間多くの人が石垣に移住してくるそうですが、
この赤瓦の家というのは人気があって、家主さんと面識がない限り
ほとんどかりることはできない そうです。

自分で建てるなら別なんでしょうけど。

公設市場をウロウロして途中カフェで杏仁豆腐を食べて約2時間。
製作開始からは約3時間経ったので戻ってみると・・・
一応シーサーになっていてほっとしました(^_^;)
少し乾いてから色を塗るそうで、明日出発の前に立ち寄ることにしました。

お待ちかねの夕ご飯(^^)/は「南風」へ。
2回目に来た時にも行った居酒屋です。
おいしいしお値段もやすいしオススメ。
ぐるくんの唐揚げ、フーチャンプルー、島豆腐のニンニク醤油、
ミミガーのピリ辛和え
どれもおいしかったさー

ホテルに戻ってからは速攻風呂に入って寝ました。
ミノリンは竹富島でのお砂遊びができなくて残念でしたが
大人2人は充実の1日。雨の日はこんな石垣島観光もいいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「石垣島の台風ってスゴイらしいよ。1度台風も経験してみたいね」
なんてダンナが言うもんだから、今回マジで台風接近中!
しかも12月に。やっぱり異常気象なのか?

ホテルの朝食はバイキング。おいしそうだよ。
ツアーには大人2人分の朝食はオプションで付けたんですが
ミノリンの分は?1歳児の食べる量なんてしれてるし・・・
と思ったら食べる食べる。紅イモパン、石垣牛乳、ごはん
ゆし豆腐、スクランブルエッグ、肉じゃが、みそ汁
等々。
指で次食べるものを指示しながらパクパク食べとりました。

今回の台風はたいしたことなく、雨は小雨が降ったりやんだり。
風は終始強めですが。
晴れていれば竹富島に渡って水牛乗って、コンドイビーチ
砂遊び、お食事処「竹の子」で八重山そば・・・を予定してました。
しかし海は荒れていて離島へのフェリーは欠航。
この天気では景色を楽しんだり、ビーチで遊ぶのは無理なので
「モノづくりの1日」にしました。

まず、みんさー工芸館に行って織物体験。
テーブルセンターをおらせてもらいました。
当然ながらぎこちなく、軽快な機織りのリズムではありません。
糸を通してー押さえてー踏み換えてートントン
言われた通りに頭の中で繰り返しながら1時間。
何とか織りあがりました。すごく集中力のいる作業ですが
無心になるっていい感じです。ミノリンがもう少し大きくなって
パパと2人1日遊んでてくれればゆったりとタペストリー作り
(所要時間約4時間)って言うのもやってみたいなぁ。

工房を見学したあと、自分用のおみやげにみんさー織の
手提げを一つ買いました。ダンナは筆入れとブックカバー。
ミノリンは前回来た時にかった小さなショルダーが気に入って
(私から奪って)首から提げてあるいているのでそれでよしとします。

お昼ご飯のまえにサンエーによってお買い物。
おみやげ屋さんで買うと高い食べ物が普通の値段で売っています。
あと大阪で買うと高いような沖縄特有の食品も。
ジーマミ豆腐、ゆし豆腐、八重山かまぼこ、スパム、
さーたーあんだぎーの素
等。
離島とはいえ石垣島は大きいので一般的な食品も普通に手に入りますが
それに混じって見たことのないモノがたくさん並んでいて
とても面白いです。

市役所の有料駐車場(といっても舗装されてません。料金は激安ですが)
に車を止めて商店街を散歩。前来た時にはなかった新しい
おみやげ屋さんがいくつかできていました。
途中、生地の店「あらかき」紅型のプリント地を購入。
石垣ではエプロンやシャツに仕立てたものが売られているのを
目にするのですが、さすがに大阪では見かけません。
生地を売っているのも見たことがなかったので、
来年の夏用に買ってみました。それまでにミシンの腕あげて
何かミノリンに作れるようになっているとよいのですが・・・・

お昼は 島の手作りコロッケ屋さん「石垣島キッズ」へ。
たまたま通りかかったので入ってみました。
石垣牛を使っているというコロッケ、10種類くらい
あったかなぁ。私はその中から3種類選べるコロッケ定食、
ダンナはコロッケがのっているタコライスを注文。
衣は細かいパン粉で中のジャガイモはしっとりもっちりしていて
おいしぃ~!バリエーションも色々楽しめて癖になりそうな味です。
ミノリンも一緒にコロッケ食べました。(この旅行で
一気に離乳食完了です)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実は石垣島4回目。

1回目:新婚旅行(ただ単に離島に行きたいというだけで選んだ)
2回目:八重山の虜になり、レンタカーをかりて島内を回る。
3回目:ダンナのお父さんの還暦祝い旅行(西表・由布島にもいく)
4回目:ミノリン1歳おめでとう旅行

何がいいかって・・・青い海青い空、さんしんの音、生活のリズム
離島で生活すると言うことはいいことばかりではないし大変なこと
も多いと思うけど、大阪の生活では得られないものが
たくさんある。
だからまた行きたくなるのかもしれない。

今回行きは直行便。朝8時出発だから・・・7時集合。
ウチは伊丹の近くだから6時45分に家を出れば
間に合う(^_^)v寝ぼけ眼のミノリンをスリングに入れて
タクシーに乗り込みあっという間に空港。
我ながら素晴らしく時間通りに到着。

飛行機はガラガラ~ミノリンにご飯を食べさせて時間稼ぎ。
人も少ないので機内を散歩。CAの人にいっぱいかまってもらいました。
そしてなんと、「お誕生日カード」を書いてくれたんです。
「絵はがきの裏でごめんなさいね」なんてとんでもない!
嬉しかったです。

石垣島は28度。風があるので涼しい~
この時期夏のように日差しがきつくないのでとても
過ごしやすいです。
レンタカーの手続きを済ませて、とりあえずご飯(^_^;)
白保食堂に入る。ここは地元の人も普通に来る食堂なんだけど、
八重山そばは鶏&豚のスープであっさりしていておいしいし、
定食もボリューム満点。今回は八重山そば・ソーキそば
ポーク卵を注文。
石垣にきたんだなぁと実感。

お天気がいいうちに最北端「平久保崎」へ。
ここからの景色は一見の価値有り!晴れていると本当に
きれです。コーラルブルーの海が遠くまで広がっていて感動モノ。
今回は台風接近中で海の色はイマイチだったのが残念。
飛ばされそうなほど突風でミノリンはかなり不機嫌な顔してました。

米原をドライブしているとシーサーのオブジェが目にとまり、
急きょ米子焼工房で下車。
カラフルでユーモラスなシーサーにミノリン大興奮。
お店に入ると一体一体名前の付けられた手作りシーサーが
ずらりと並んでいました。
ミノリンが指さしてニコニコするので「ひなぎく」というオレンジ色の
シーサーを連れて帰ってきました(^^)
お店の隣がすぐ工房になっていて製作過程が自由に見学できます。

ホテルへ行く途中川平湾に寄ってお砂遊び。
ここは真珠の養殖をしていて、波も穏やか。これまた晴れていれば
海の色が素晴らしく綺麗です。グラスボートで珊瑚を見ることもできます。
砂は白くてサラサラ。裸足で歩くと気持ちいいのでミノリンも大喜び。
そして・・・食べる食べるじゃりじゃり音たてて砂を口に運びます。
ま、いいか。お腹もこわさなかったし。
でも本当に楽しそうに砂遊びしていました。その笑顔を見ているだけで
こっちも嬉しくなります。

夕食はミノリンスリングにいれてホテルの屋台へ行きました。
本当ならおねむの時間なのでとても大人しく
ジーマミ豆腐やラフテーを一緒に食べ、途中から寝てしまいました。
なのであとは夫婦2人でのんびり泡盛を飲みながら過ごしました。
1年前はこんな日が来るとは思わなかったよ。

1日目は無事終了。案ずるより産むがやすし。
もっと大変かと思ったけど全然そんなことなかったなぁ。
ミノリンも1歳のお姉ちゃんになったせいか、今まで
なんでもかんでも吐いていたのに、急にパクパク食べるように
なったし。持っていった離乳食も結局使わず。

2年ぶりの旅行。やっぱり旅はいいね。
2日目旅行記はまたあした。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。