kohukuのブログ

おっきいばばの陶器づくりといろんなこと。


テーマ:


12月4日をもちまして東京西荻、
伊勢屋美術・ギャラリー壽庵にて開催の
「以織窯一門展」は終了いたしました。
期間中いらっしゃってくださった大勢の皆々様に

以織窯一門、感謝を捧げます。

重ねて「ありがとうございました」

 

             コフクママ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

11月26日(土)〜12月4日(日)まで

東京西荻、伊勢屋美術・ギャラリー壽庵にて

「以織窯一門展」開催です。

 

以織の井戸茶碗を始め、私の黄瀬戸鉢、

息子・小宮正樹成形の素地に

仲森少白(本名:智博氏)絵師が描いた

茶盌、鉢が展示されます。

お時間がお有りでしたら

ぜひご高覧を賜りたくお願いいたします。

 

 

画像は前々回もアップしたコフクママ作の黄瀬戸大鉢です。

直径30センチの大きさ。もちろん展示品です。

黄瀬戸特有のザラザした肌がうまく焼けました。

タンパンの発色もきれいな緑色をしています。

 

伊勢屋美術・ギャラリー壽庵のホームページは

http://www.iseyajuan.comです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

この可愛い小丸菊文様は以織窯の

客分絵師・仲森少白さんの筆によります。

以織がロクロ引きした生の茶盌素地に直接、

呉須と錆絵具そして白土で描いています。

今年も東京西荻、伊勢屋美術「ギャラリー壽庵」での

展示会開催が迫って来ました。

この展示会では以織井戸を筆頭に以織窯一門の作品を並べます。

コフクママこと私・加津子は黄瀬戸の大鉢を出品いたします。

息子の正樹は近くで別の窯を持っているのですが、

少白絵師の素地成形を担当しています。

 

出品作品のご紹介を少しづつですがいたします。

ときたま覗いてみてくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


直径30センチの黄瀬戸大銅鑼鉢です。
春ジオンを彫りました。
古作の黄瀬戸鉢では「アヤメ手」と言って
黄色い釉ガラスがチリチリ焼けているのを愛でますが、
焼成係さんが狙っているのは、もっとジワジワ。
油揚のような質感を焼き出したいものだと、
新調の釉薬を掛けています。
おかげで焼成が難しく、歩留まりが悪くなりました。
こんな大きなロクロを引いても
3個に1個くらいしか、うまく焼けません。
けどジワジワ感はステキなんです。

              コフクママ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今朝窯出したばかりのコフクママ作・黄瀬戸輪花鉢です。
直径28センチ。高さが8センチあるので
たっぷり深めの大鉢です。

昨年までの黄瀬戸の素地土も釉薬も、
頑固な焼成係さんが「きれいすぎる」と
乱暴にも捨てました。
素材すべてを新調して初めての作品です。
試験窯ではちょうど良く焼けていましたが、
いざ本番となと大きく差が出ました。

ご覧のように緑色をしたタンパンの面積が大き過ぎ。
釉薬の濃度も高過ぎたようです。
けれど、私としては嬉しい仕上がりです。
これを見て、焼成係さん乱暴がわかりました。
なぜなら可能性を感じているから。
もうじき美しい油揚肌黄瀬戸に
出会えそうな予感です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


錆絵具をさしているのは直径28センチの黄瀬戸鉢。
といってもまだ焼成前です。
青緑色に見えるのはタンパンといって銅絵具です。
タンパンは焼成後、鮮やかな緑色に発色して
黄瀬戸に華を添えます。

いよいよ作品の本焼きが始まります。
今回コフクママは画像のような大きな鉢ばかり引きました。
焼成係さん、どうかしっかり焼いてください。
私に黄金色の黄瀬戸を見せてね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


コフクママようやく安心。
どうにか黄瀬戸のテスト焼きが終了しました。

我が家の焼成係さん、今までの黄瀬戸では飽きたらず、
素地土も釉薬も新しく替えてしまいました。
黄瀬戸は木灰が命と聞きますが、その灰も替えてしまいました。

なのでてんてこ舞い。
今までの釉薬の濃度も焼成法も役立たず。
テスト焼きを繰り返すはめに。
けど、焼成係さんのこだわり、一歩前進したようです。
ジワジワ感のあるアヤメ手黄瀬戸が焼けました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


季節外れの「笹に雪」文様茶碗ですがご紹介。
私コフクママの筆になります。

この春から我が家では絵付け素地土づくりもはじめています。
少白絵師こと仲森智博さんとのコラボ作品を目標にしています。
はじめ焼成係さんは「簡単だ」と勢い良かったのですが、
思ったような結果が出せず、近頃は渋い顔をしていました。
今回からどうにか様になってきたようですね。
白化粧土掛けもよさそうです。



土の鉄分をちょっぴり減らすとこんな感じに焼き上がりました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



今日は磁州窯手の鉢を製作中です。
もう手がけて5年くらいになるのかも。
試作すればするほど、問題点があらわになって。
でも諦めず続けています。

たまには気分を変えて、筆描き文様に挑戦です。
磁州窯といえば黒釉搔き落としが代表的です。
唐、宋時代に精緻な搔き落としだったものが、
時代が下がるに連れて簡易化されます。
元時代には、こうした筆書き鉢がたくさん焼かれたようです。
安価な製品が民衆に支持されたのですね。

とはいえ現代、磁州窯手を試みると、
思いのほか工程が複雑で、びっくりします。
昔の人は凄かったんだなぁと、
感心してしまうコフクママなのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。